SNSシェア歓迎!最新記事を見るためにページを更新!詳しくはココから

【評判】バークレーハウス語学センターの口コミ少ないから本音で書く

スポンサーリンク
英会話スクール

「バークレーハウス語学センター」はIELTS対策に特化している感じの語学スクールです。

その他にも、TOEIC・TOEFL対策から英語+約40言語の会話まで提供していて、日本で3番目に歴史のある語学スクール・・・・・なのですが、ネット上の評判や口コミは超少なめ。

(あっても公式サイトの口コミ丸写しで「評判・口コミ見つけました!」とか、10年前の5ちゃんねるでヒドめの噂とかw)

これは、各省庁・大手企業・大学などに教えるのがメインで、一般的な個人向けの英会話スクールのようなサービスは最近力を入れ始めたコトが理由らしいです。

まあ当サイトとしては、色々なサービスの可能性を紹介していきたいので、今回は「バークレーハウス語学センターの評判や口コミが全くと言って良いほど見当たらないけど、とりあえず料金システムとか、目ぼしいポイントをまとめるよ!!!!」という記事です。

情報が少ないと「なんか嫌だな・・・・・」なんて思いがちですが、それは「あなたに1番合うかどうか」とは関係ない わけで、バークレーハウス語学センターが1番合うかもしれないあなたへ、まとめます。

(※スマホの人は右下の「INFO」から、いつでも目次が見れます)

スポンサーリンク

評判?バークレーハウス語学センターは45年以上の実績を持つ老舗の1つ

Berkeleyhouse english3

最初に書いた通り、バークレーハウス語学センターは各省庁・大手企業・大学などをメインに語学を教えてきたスクール。1973年設立なので2018年で45周年という、歴史ある老舗の1つです。

東京大学スペシャル・イングリッシュ・レッスン2018年度Sセメスター講座開講のお知らせ | 東京大学

↑具体的には、東京大学スペシャル・イングリッシュ・レッスン(SEL)に入ってたりとか、そういう感じのやつですね。

バークレーハウス語学センターに加えて子会社の講座もある

バークレーハウス語学センター、もとい株式会社バークレーハウスはバークレープロフェッショナルズという子会社を持っていて・・・・・

  • バークレーハウス語学センター => 英語含む約40言語・TOEIC・TOEFL・IELTS対策(その他:翻訳・通訳・留学サービスなど)
  • バークレープロフェッショナルズ => グローバルな人材育成=ビジネススキル・異文化理解・コーチングなど(その他:リーダーシップ・組織改革・アセスメントテストなど)

↑こんな感じでサービスを提供しています。

今回は「バークレーハウス語学センターの目ぼしいポイント」ということで「英会話(+約40言語)・TOEFL対策・IELTS対策」について、簡単にまとめます。

バークレーハウス語学センターの無料体験は東京=市ヶ谷 or オンラインで!

Berkeleyhouse english4

バークレーハウス語学センターは「東京=市ヶ谷校舎(60分無料体験レッスン) or オンライン(カウンセリング)」のどちらかで体験できます。

「IELTS対策」を例に無料体験申し込みの流れを画像で簡単に。

Berkeleyhouse english1

↑リンクへ行くと画像のようになっているので「無料体験レッスンお申し込み」ボタンをクリック!

Berkeleyhouse english2

↑すると申し込みフォーム画面になるので、日程とかを選択して申し込み!よくある簡単2ステップ!!!

↑「英会話(+約40言語)」の無料体験はコチラから

↑「TOEFL」の無料体験はコチラから

↑「IELTS」の無料体験はコチラから

評判?バークレーハウス語学センターがオススメな人まとめ

Berkeleyhouse english5

  • IELTS・TOEFLのスコアアップが目的の人
  • 英語以外にも、いろいろな言語に手をつけたい人
  • 特に日本人に最適化された教育ノウハウが好きな人
  • グローバルな人材を育成する講座にも興味がある人

↑今回の記事を要約して、バークレーハウス語学センターがオススメな人をまとめるとこんな感じです。

一言で言うなら「IELTSに特化していて、TOEFLにも良い感じで、英会話だけ学ぶなら微妙かもしれないけど、他の40言語にも手をつける気があるならバークレーハウス語学センターが良いかな?!」ということです。

以下に3つのコースをもう少し詳しく。ただし、最新情報や細かい部分は無料体験などで直接お問い合わせください。

バークレーハウス語学センター「英会話(+約40言語)」の料金・ポイント

Berkeleyhouse english6

グローバルも極まっていく中、もはや英語は大前提であり、アドバンテージではなくなってきていますよね。+αで「中国語とかドイツ語とかも学びたい!」という人が増えているな〜と思う昨今ですが・・・・・

Berkeleyhouse english10

10回、20回から購入できます

※自宅派遣は都内のみで交通費別。

※テキスト代別途。

※上記金額はすべて税込です。

↑バークレーハウス語学センターなら・・・・・・

Berkeleyhouse english14

↑というところで、これ。

「他者と異なり、一度購入していただいたレッスン数を他言語の学習に利用いただけます。」と書いてありますが、問い合わせたところ、基本的には「40回買って、20回は英語でやってきたけど、あとの20回は中国語にしたい!」みたいに出来るわけではないようです。基本的には。

個人的にこのコースに興味があるわけではないので「確認して折り返してよろしいですか?」というのは断ってしまいましたが、興味のある人は無料体験などで確認すべきポイントかと思います。お姉さんは良い人でした。

↑「英会話(+約40言語)」の無料体験はコチラから

バークレーハウス語学センター「TOEFL対策」の料金・ポイント

Berkeleyhouse english7

  • TOEFL100点突破コース
  • TOEFL80点突破コース
  • オンラインコース
  • 短期集中コース
  • S/Wコース
  • L/Rコース

↑バークレーハウス語学センター「TOEFL対策」の具体的なプラン例はコチラ。

Berkeleyhouse english11

※テキスト代別途。

※上記金額はすべて税込です。

↑料金はコチラ。プライベートレッスンの料金はIELTSと同じ。

Berkeleyhouse english14

(引用:https://berkeleyhouse.co.jp/countermeasure/toefl)

↑てかもう言っちゃいますけど公式サイト・・・・・いろいろガバガバすぎ・・・・・・・・。まあIELTSに一番力を入れているという表れでしょうから、個人的にはどうでも良いんですが・・・・・細かい部分は問い合わせましょうと言ったのはこういう意味ですw

↑ちゃんとTOEFL用のページに修正されていました( ´ ▽ ` )w

↑「TOEFL」の無料体験はコチラから

バークレーハウス語学センター「IELTS対策」の料金・ポイント

Berkeleyhouse english8

  • アカデミックコース
  • ジェネラルコース
  • オンラインコース
  • 短期集中コース
  • S/Wコース
  • L/Rコース

↑はい。バークレーハウス語学センターで1番オススメだと思われる「IELTS対策」のプラン例がコチラ。

Berkeleyhouse english11

※テキスト代別途。

※上記金額はすべて税込です。

↑料金はこんな感じ。プライベートレッスンはTOEFLと一緒。

加えて「IELTS 5.0→5.5 / IELTS 5.5→6.0」が対象の「試験直前、2日で8時間の超短期グループレッスン」と「IELTS 5.0→6.0 / IELTS 6.0→7.0」が対象の「10週間で50時間のみっちりグループレッスン」があります。



Berkeleyhouse english12

※テキスト代別途。

Berkeleyhouse english13

※テキスト代別途。

※スケジュール [水×2時間+土×3時間] [木×2時間+土×3時間]



↑料金などはこんな感じ。IELTSの講座を探している初中級者は、まず「2日の超短期グループレッスン」を経験してみると良いんじゃないでしょうか。

1分で分かる IELTS講座一覧

↑注目すべきはこの「IELTSプログラム総責任者 正木伶弥 講師」に始まる、OverAll 8.0〜9.0満点の講師たちや、IELTS公式テストセンター「JSAF」公認の講師たち。業界的にかなり質の高い講師が揃っているのが強みです。

↑「IELTS」の無料体験はコチラから

学部留学・認定留学のJSAF 日本スタディ・アブロード・ファンデーション Japan Study Abroad Foundation – ハーバード大学、オックスフォード大学など米国・英国・アイルランド・オーストアリア・ニュージーランド他への有名私立・州立・国立大学で1年間の学部・認定留学と語学研修プラス学部・認定留学

↑ちなみにJSAFはコチラ

評判?バークレーハウス語学センターで始めたいけど、結局どう申し込んだら良いの?って人へ。

Berkeleyhouse english9

正直、なんか公式サイトが全然よくわからないというか、結局どこからどれが申し込めるの!?みたいに思ったのは私だけでしょうか・・・・・・?ということでw

「バークレーハウス語学センターに興味でた!・・・・けど、結局このコースはどこからどう申し込んだら良いの〜〜〜〜〜〜〜!??!??!?!?!?」というあなたへ。

超簡単な結論。

↑「英会話(+約40言語)」の無料体験はコチラから

↑「TOEFL」の無料体験はコチラから

↑「IELTS」の無料体験はコチラから

↑要するに、個人で申し込むなら 大きく分けてこの3つになるので、好きなものを選んで無料体験に申し込んじゃって、そこでどういう仕組みになっているのか、具体的なコースとかも相談しちゃえばOK!です。

というか・・・・そもそも無料体験ってそういうものですよねw なんか無料体験のゲシュタルト崩壊・・・・・w

おわり。

(同じカテゴリの記事をもっと見るならコチラ

タイトルとURLをコピーしました