頑張りたいアナタの強い味方。HACKengの使い方はコチラをタップ

【無料体験談】Beeミュージックスクールのボイトレで英語発音改善?

学習法・まとめ

〜誇張されすぎた抜粋〜

ぼく
ぼく

ぼ〜く〜さ〜つ〜て〜んし〜♪ちしぶきどk

おねえさん
おねえさん

お水入りますか〜?

ぼく
ぼく

あ…(体を前後に揺らす)

おねえさん
おねえさん

わかりました〜♫ お待ちください〜。

ぼく
ぼく

一体何が分かったんだ…。

おねえさん
おねえさん

どうぞ〜♪

ぼく
ぼく

ゴクッ(めちゃくちゃおいしい…)

〜抜粋おわり〜

(抜粋はフィクション半分です。)

今回は「BeeMusicSchoolで【ボイススクール】の無料体験レッスンを受けてきたら、控えめに言って最高だったし、英語のスピーキングのレベルアップにもつながる可能性を見た話」です!

そしてスピーキング・発音の改善は当然、リスニングの改善にもつながります。

はい。まず、注意点として【ボーカル】ではなく【ボイス】です。と言っても2つは表裏一体で、英語学習的に片方だけでも十分効果があるんじゃないかと思っているので、今回の【ボイス】の体験談・英語学習でのポイント解説を通して【ボーカル】のレッスンを考える参考にもしてください。

  • 英語の発音に悩んでいる
  • 英語のスピーキングに悩んでいる
  • 英語のリスニングもついでに改善したい
  • 英語の知識は身についてきたけど、自分の声や態度に自信がない
  • これらの改善方法が分かっていない
  • BeeMusicSchoolについて知りたくて来た

上記に当てはまる人は、ぜひ1度目を通してみてください。きっと、得られるものがあると思います。

ていうか、圧倒的な熱量を持って語り尽くすので、

 

この記事の内容をおさえとけばもう、1回体験レッスンに行った気になっちゃえます。

 

と、いうくらい語ったので、そしたらまあ、目的に合わせて、ぜひ自分の体でも体験してみてください。

普通にBeeMusicSchoolのギタースクール、ピアノスクールに興味のある人は以下リンクからどうぞ。

(※スマホの人は右下の「INFO」から、いつでも目次が見れます)

スポンサーリンク
  1. 評判!無料体験レッスン申し込み方法(超急いでる人向け)
    1. BeeVoiceスクールならこちらからトップページへ
    2. BeeVocalスクールならこちらからトップページへ
    3. するとこんな感じの申し込みフォーム画面になるので
    4. 希望エリア・希望受講日時を入力!
    5. 名前・年代・電話番号・メールアドレス ・(その他希望、相談もあれば)入力し、【上記で申し込むボタン】をクリック!
  2. 評判!オススメできるBeeMusicSchoolの概要
    1. 具体的なシステムと料金
  3. 評判!BeeMusicSchool:メリットまとめ
  4. 評判!BeeMusicSchool:デメリットまとめ
  5. 無料体験レッスン当日までに準備したほうが良いこと
    1. 具体的な悩み・目的があれば、当日伝えられるようにしておく
    2. 分からないことや気になることは、事前の電話相談で伝える
    3. キャンセルについて
    4. 動きやすい服装。温度調節もできると良い
    5. さあ、レッツ無料体験レッスン!
  6. 評判!BeeMusicSchool【ボイス】レッスンを無料で体験してきた!レビューします。
    1. ボーカルではなく「ボイス」スクール
    2. BeeMusicSchoolでボイスレッスンを受けたほうが良い理由
    3. Beeボイススクールで「声」を変えるついでに「姿勢」も改善!
  7. 評判!Beeボイス無料体験レッスン体験談
    1. Beeボイススクールの具体的なコース例
    2. 僕が無料体験ボイスレッスンを受けてみた感想
    3. 英語が得意なインストラクターもいる
  8. 評判!より詳しいメリットとデメリットまとめ
    1. より詳しいメリットまとめ
    2. より詳しいデメリットまとめ
  9. あらためて無料体験レッスン申し込み方法
    1. BeeVoiceスクールならこちらからトップページへ
    2. BeeVocalスクールならこちらからトップページへ
    3. するとこんな感じの申し込みフォーム画面になるので
    4. 希望エリア・希望受講日時を入力!
    5. 名前・年代・電話番号・メールアドレス ・(その他希望、相談もあれば)入力し、【上記で申し込むボタン】をクリック!
  10. 評判の実態:公式サイト「生徒さんの声」は本当か!?
    1. ボイススクールの生徒さんの声

評判!無料体験レッスン申し込み方法(超急いでる人向け)

Harryup

超お急ぎの人向けです( ^∀^)

BeeVoiceスクールならこちらからトップページへ

BeeVocalスクールならこちらからトップページへ

↓画面上部にある【無料体験はこちら】ボタンをクリック!

BeeVoiceSchoolトップページ

↓画面上部にある【無料体験はこちら】ボタンをクリック!

BeeVocalSchoolのトップページ

するとこんな感じの申し込みフォーム画面になるので

BeeMusicSchoolの無料体験レッスン申し込みフォーム画面

希望エリア・希望受講日時を入力!

「まだ決まっていないので相談したい」もあるのがBeeMusicSchoolの良いところです。ちなみに「45分」と書いてありますが、「15分の聞き取り+30分の無料体験レッスン」が基準とのことです。まあ聞き取りもレッスンのうちですからね。あと、赤羽には3校舎の中から空いているところに割り当てられます。全て駅近なので問題ないと思いますが、どうしてもこの校舎が良い!という場合は可能かどうか相談してみましょう。

BeeMusicSchool無料体験レッスン申し込みフォーム解説1

名前・年代・電話番号・メールアドレス ・(その他希望、相談もあれば)入力し、【上記で申し込むボタン】をクリック!

BeeMusicSchool無料体験レッスン申し込みフォーム解説2

以上。すると申し込み完了メールが届きます。とても簡単なお仕事でした( ^∀^) {レッツ無料体験レッスン!

評判!オススメできるBeeMusicSchoolの概要

それでは、次に「BeeMusicSchoolについての概要、メリット・デメリット、無料体験レッスン当日までに準備すること」を簡潔にまとめました( ^∀^)てっとり早く確認したい人向けです。どうぞ。

Beeボイススクールのレッスン風景1
画像引用:http://www.bee-music.jp

■ Beeミュージックスクールとは? 株式会社ビー・ファクトリー(Bee Factory, Inc.)が運営する、音楽(+ボイス)スクール。主要取引企業として「ビクター」「ソニー」「ビジュアルアーツ」などがある。東京都内に7つの駅近校舎を持ち、ボーカル、ギター、ピアノ、ボイス、DJ、ウクレレの6種類のレッスン受けられる。「今月、短期間で一気に集中してやってしまいたい」「最初はギターに申し込んだけど、今月はボーカルのレッスンを受けたい」といった使い方にも対応できる、柔軟なシステムが特徴。インストラクターは、技術があるのは当たり前で、その上で音楽的な表現力を持っている。コーチングチームによる「マナー研修」「接遇研修」「ホスピタリティ研修」等を受けていることもあり、気さくで話しやすい人ばかり。初心者から上級者まで、オーダーメイドのレッスンが作れる。最近生徒が爆増中。人気すぎてインストラクターを増やすのに苦労するほどらしい・・・・。

要約すると、【新宿・渋谷・池袋・赤坂に合計7つの校舎があって、最近めちゃくちゃ生徒さんが増えてるらしい、誰でも通える柔軟なシステムに加え、確かな技術と人格を持った講師を揃えた、今一番アツい音楽スクール】ということです。まじで今、キてます。

具体的なシステムと料金

かなり柔軟なシステムが特徴で、業界の他のスクールとあまり比較ができなかったりしますが、60分という時間も加味した上で、しっかりした技術を持った豊富なインストラクター陣とか、その他もろもろを考えると【安いほう】だと言えるでしょう。

  • BeeMusicSchoolには6つのスクールがある
  • →ボイス、ボーカル、ギター、ピアノ、ウクレレ、DJの6スクール
  • 1レッスン60分(最初10分はウォーミングアップ、復習の時間)
  • 全スクール一律、1レッスン5197円〜5500円(回数が増えれば安くなる)
  • 月ごとに「スクールの乗り換え、回数変更(2~29回)」可能
  • 好きな校舎・時間・先生に、1レッスンごとに予約を申請する
  • 「特定のスクールは特定の校舎で」といったことは基本的にない
  • 料金は機材、スタジオ費等コミコミ。今なら入会金も無料

評判!BeeMusicSchool:メリットまとめ

評判のメリットはこちら

  • 接遇研修も受けている、技術と表現力に富んだインストラクターたち
  • 初心者から上級者まで、自分の目的ごとにオーダーメイドのレッスンを自分のペースで受けられる
  • 60分のうち最初の10分でウォーミングアップ、復習をするので、安心。
  • 都内に校舎が7つもあって、すべて駅から1〜5分というアクセス
  • 快適にデザインされた居心地の良い校舎の空間
  • 今なら入会金10,000円が無料
  • 一般の相場より安め
  • 月2回〜29回(30回以上は要相談)で好きなようにプランが作れる
  • 未消化のレッスンが翌月に繰越しできる
  • 「圧倒的にホワイトな」アットホーム感
  • クレジットカード払いに対応
  • 話しやすくて、接遇のプロなインストラクター達
  • 2回目の無料体験ができる「リトライ制度」
  • ティーチングではなくコーチング
  • アプリで簡単に予約できる
  • もはやスクールではなく「テーマパーク」か「ショッピングモール」のよう
  • 内装、アクセス、設備へのこだわり
  • 発表会、イベントも充実している
  • あなただけの夢もサポートしてくれたり
  • 音楽を通じて「誰かのために出来ることを」という理念
  • 家族や友人、恋人やバンド仲間とペアで受けられる。ペアレッスンコースもある
  • 無料体験レッスンの「リトライ」ができる

「多いな!」と思ったそこのあなた….多いですよねw。まとめてみてびっくりしましたが、でも全部本当です。より詳しくは下のほうで。

評判!BeeMusicSchool:デメリットまとめ

数々の評判に対して、今回発見したデメリットはこちら

  • オシャレすぎる
  • サービスが行き届きすぎ
  • おいしい水が押し気味で出てくる
  • ロビーの居心地が良すぎる
  • 靴は靴箱に入れてスリッパに履き替える必要がある
  • トイレは外に出てビルの同フロアのトイレに20秒くらい歩かなければならない
  • 4Fにあるので、4Fが嫌いな人には無理
  • 人気なので土日祝日はやっぱり人が多め

いや、ふざけてません。すみません、本当なんです。僕は結構ひねくれてるほうなので、(オシャレすぎるとか)色々と「うっ」となりがちだったりするんですが(わかる人にはわかる)、そんな僕でも全く、何も不快に思いませんでした。いいえ、思えませんでした。(ひねくれ者のみなさんには、面目次第もございません)

と、冗談はこのくらいにして、本当に不快な部分、ダメだなと思った部分はありませんでした。より詳しくは下のほうで。

無料体験レッスン当日までに準備したほうが良いこと

Streach

具体的な悩み・目的があれば、当日伝えられるようにしておく

→具体的なことが思いつかない!という初心者の方でも、当日丁寧なアンケート&聞き取りがあるので、正直、何の心配もありません。そこらへんもプロな先生だけが揃っています。

分からないことや気になることは、事前の電話相談で伝える

→上に当日と書きましたが、無料体験を申し込むと、事前カウンセリングとしての電話もあります。現在の悩みやレッスンでやってみたいことなどの詳細はここでまとめられますね。

キャンセルについて

→もし何か急用で、どうしても当日行けなくなってしまった時は、電話かメールできちんと知らせましょう。

動きやすい服装。温度調節もできると良い

→無料体験レッスンでは内容にもよると思いますが、ボイスやボーカルのレッスンでは通常ストレッチを行うので、動きやすい服装で行くようにしましょう。あとエアコンがかなり仕事してるので、温度調節もしやすい服装が良いですね。

さあ、レッツ無料体験レッスン!

BeeMusicSchoolの良いところは、ものすごく丁寧に相談に乗ってくれるところです。少しでも悩んでいることがあれば、事前の電話カウンセリングメール当日の聞き取りで遠慮なく相談しましょう。(全く興味がないのにいたずらで冷やかしにいくのは勿論やめましょう)

評判!BeeMusicSchool【ボイス】レッスンを無料で体験してきた!レビューします。

School studio ph12
画像引用:http://www.bee-music.jp

急いでいる人用ゾーン終了です!ここから体験談を交えつつ、急いでなかった人、英語のスピーキングを改善したい人へ向けて、【僕がBeeボイススクールをおすすめする理由】を解説します。

ボーカルではなく「ボイス」スクール

最初にも書きましたが、BeeMusicSchoolには両方あるので、ボーカルスクールとボイススクールを間違えないようにしましょう。ちょくちょくボーカルレッスンとボイスレッスンを間違えて申し込んでしまう生徒さんがいるそうです。気をつけましょう。基本的に「ボイスは話すトレーニング」で、「ボーカルは歌うトレーニング」です。

(ただ、間違えてしまってもほとんど問題ないとも言えます。無料体験に申し込んだ後、メールでの相談や電話カウンセリングができますので。間違えた時はそこで訂正しましょう。)

でも、ボイスとボーカルは表裏一体と言うか、2つで1つのものですよね。BeeMusicSchoolのすごいところは、そういう使い方にも対応しているところです。

「最初はボーカルのコースに申し込んだけど、今月はちょっとボイスのコースに変えたい」とか、両方申し込んで「ボイスとボーカル、月に2回ずつやっていたけど、今月だけボイスを3回、ボーカルを1回にしたい」など、柔軟に対応できるシステムになっています。詳しくは無料体験レッスンの時に、丁寧に解説してもらえます

BeeMusicSchoolでボイスレッスンを受けたほうが良い理由

あなたは、そもそも「スピーキングとは何か?」理解していますか?

スピーキングとは「話すこと」です。これは当然です。が、実際にスピーキングの練習をしている人の目的はなんでしょうか?

おそらくは、多くの場合「コミュニケーションすること」のはずです。「コミュニケーションするために、言葉を使う必要があり、ルールや単語を覚えたあと、実際に使う練習をしている」という状況です。

ここで「あなたが誰かと話す時、コミュニケーションが成り立つのに関係する要素」には何があるか、考えてみましょう。わかりやすくリストアップしてみます。

  • 日本語、英語などの「言葉」それ自体
  • 荒げている、ボソボソしてるなど「声の調子」
  • そっぽを向いている。そわそわしているなど「姿勢、様子」

どうでしょう。実は「コミュニケーションすること」には、基本的にこの3つの要素が関わっています

そして、英語学習者が練習している「スピーキング」は、この3つすべてを合わせた「スピーキング」であるはずです。そうでないと「コミュニケーションする」という目的は達成できないからです。

そして「発音」はどこに入るんだ?というと、「言葉」自体に入ります。詳しく言うと「言葉=特定の言語」自体は「音声、意味、構造」の3つの要素で構成され、発音はその「音声」にあたるのです。

ちなみに「構造」は要するに文法のことです。その2つに「意味」つまり単語や熟語という要素が合わさって、言語が出来上がるんですね。

日本人に身近な言い方だと「発音、単語、文法」の3つということです。

意外に思った人もいるでしょうが、ここを理解できていれば言語の習得はもっと早くなるので、覚えておきましょう。(ちょうど音楽でたとえるなら、「発音=音響情報」「声の調子=音韻情報」といったところでしょうか(冗談))

では、「発音」が「声の調子」ではないことがわかりましたが、先の3つ要素「言葉、声の調子、姿勢(様子)」は、それぞれどのくらい重要でしょうか?いつも相手のどれをどのくらい受け取ってコミュニケーションしているか考えてみましょう。

これは個人的な感覚にもよると思いますが、たとえば僕ならこんな感じ。

 

ぼく
ぼく

コミュニケーションには「伝えたいこと」と「伝え方」がある。「言葉自体」には「伝えたいこと」を求める。そうではなく「相手の気持ち」自体を知るには「声の調子」や「姿勢・様子」を見て判断する。特に「大っ嫌い!」と言いながら抱きついてくるなど、両者の間に矛盾がある場合には、相手の性格を考えた上で、言葉自体ではなく「声の調子」や「姿勢・様子」を大部分の判断基準にすることが多い。

 

くまぁ
くまぁ

うわぁ…..

おねえさん
おねえさん

………..

はい。謎のロマンチックな設定や茶番が入りましたが、伝わりましたか?要するに【コミュニケーションをする時「言葉自体」は言うほど重要視していない】ということです。特に最後に書いた部分(矛盾うんぬん)は「メラビアンの法則」と言って、

感情や態度について矛盾したメッセージが発せられたときの人の受けとめ方について、人の行動が他人にどのように影響を及ぼすかというと、話の内容などの言語情報が7%、口調や話の早さなどの聴覚情報が38%、見た目などの視覚情報が55%の割合であった。この割合から「7-38-55のルール」とも言われる。「言語情報=Verbal」「聴覚情報=Vocal」「視覚情報=Visual」の頭文字を取って「3Vの法則」ともいわれている。

出典:メラビアンの法則 | Wikipedia

というような研究もあります。面白いですね。興味がある人はぜひ調べてみてください。HACKengでもここらへんの話は近いうちにまとめる予定です。

Karaoke1

はい。

要するに【コミュニケーションにおいて「声の調子」や「姿勢・様子」は下手したら「言葉自体(発音含む)」より重要】ということです。少なくとも僕は、同じくらい重要だと思っています。

なので、「発音を改善!」と意気込むことは大変良いことではありますが…..それよりも!「発音はとりあえず最低限やりつつ、コミュニケーションでもっと重要になる「声の調子」や「姿勢・様子」を改善してみよう!」と思ったというわけです。

Beeボイススクールで「声」を変えるついでに「姿勢」も改善!

Beeボイススクールは、生徒の目的に合わせて【あなたの「声」をもっと良いものにする。悪いところがあれば改善していく】というものです。しかし、「声」を改善することは、同時に「姿勢」を改善することだったりするんです。ここから僕の無料体験レッスン体験談を書きますね。

評判!Beeボイス無料体験レッスン体験談

Manto ph02
画像引用:http://www.bee-music.jp

Beeボイススクールの具体的なコース例

ボイスのスクールでは具体的なコース例として

  • 滑舌改善コース
  • あがり症改善コース
  • ナレーター&アナウンサーコース
  • アニメ声優サポートコース
  • スピーチコース
  • プレゼンコース
  • 講師コース(セミナー講師・塾講師など)
  • 舞台・俳優コース
  • ボイストレーナー養成コース

といったものがあります。もちろん、これに当てはまらず「どのコースが合ってるか分からない」「相談してから決めたい」という方も、気軽に申し込んで、相談しちゃいましょう!(実際、僕はめちゃくちゃ相談してしまいましたw自分の声質が知りたいとか。)

僕が無料体験ボイスレッスンを受けてみた感想

ちなみに新宿校舎でしたが、本当にオシャレの塊で、なのにひねくれ者な僕でも居心地が良い空間で、もうロビーから動きたくなくなったりしました。

ロビー(新宿)
Gallery shinjuku01
画像引用:http://www.bee-music.jp

10分15分聞き取りがあった後、30分の無料体験でしたが

  • 母音ごとに意識する〇〇
  • ベロを〇〇して喉を開く
  • 〇〇するための姿勢
  • 全身の〇〇を〇〇にして〇〇する

といったような内容のレッスンを受けました。アナウンサーのトレーニングでも有名な「アエイウエオアオ」の発声練習やよく使われる文章の原稿も見せてもらいました。

正直、2畳半ほどの空間で、2人でボイトレという初めての状況に、初めは少し緊張してしまいましたが、圧倒的な物腰の柔らかさで、適度に雑談もあったりして、めちゃくちゃく話しやすくて控えめに言って、めちゃくちゃ楽しいレッスンでした

で、めちゃくちゃ伏せ字を使いましたが、要するに「良い声を出すには正しい体の使い方を知るべき」という話でした。

なので、良い声に改善していって、「声の調子」をコントロールできるようになることは、同時に「姿勢・様子」にも良い変化をもたらすだろう、ということです。そうすれば、英語を話す時にも、もっと上手く、はっきりとしたコミュニケーションができるようになるでしょう。

コース例の「あがり症克服コース」なんかは、まさにそうですよね。緊張して上手く話せない状況では、伝わるものも伝わりません。猫背になって、下を向いたままボソボソと喋っている。そんな状況では、喋っている「言葉自体」がどれだけ正しくて、良いものであっても、聞き手にはなんとなく悪い印象を与えてしまうでしょう。

そうしたすべてが、コミュニケーションの一部であり、大部分になることもあるんだということを覚えておきましょう。

英語が得意なインストラクターもいる

新宿
Gallery shinjuku03
画像引用:http://www.bee-music.jp

これです。実際に無料体験レッスンを受けて、インストラクターの人に聞いたんですが、どうやら英語が得意なインストラクターもいるそうなんです。特にボーカルコースで。やっぱり歌が上手い人って、英語の発音も上手なことが多いですよね(理由については割愛します)。

生徒さんからしても「洋楽を歌いたい」という需要は多いでしょう。なので【ボイスとボーカルを並行してやっていく】というスケジュールを組めば、「声の質を高めながら、洋楽を歌うトレーニングをする」というようにして、相乗効果でどんどん「英語のスピーキングもレベルアップしていく」なんてことは十分あり得る話だと思います。

もちろん、基本的に音楽のスクールなので英語のレベルアップについての保証はできませんが、そのくらい柔軟なシステムが用意されているということです。(詳しくは直接スクールに相談してみましょう)

新宿
Gallery shinjuku05
画像引用:http://www.bee-music.jp

評判!より詳しいメリットとデメリットまとめ

最初にまとめておいたメリットとデメリットですが、もう少し詳しく書いておきます。参考にしてください。

より詳しいメリットまとめ

講師に高い技術があるのは当たり前
 →加えて表現力のある人。そして人柄が良い人が雇われている。
  音楽が好きなことが伝わってくる。
■初心者から上級者まで、自分の目的ごとにオーダーメイドのレッスンを自分のペースで
受けられる
 →どんな生徒さんにも対応できるインストラクターが揃っています
■都内に校舎が7つもあって、すべて駅から1〜5分というアクセス
 →新宿、渋谷、池袋2校、赤羽3校
■今なら入会金がない
 →うれしい
■一般の相場より安い
 →一般的には6000円程度が音楽教室の相場で、加えて機材のレンタル代やテキスト購入代、
   スタジオ費などが必要になってきますが、Beeは全部コミコミで5197円〜5500円
   というお得さ。レッスンを受ける回数が多いほど、安くなって、上手くなるまでの
   総額も安くなりますね。
■月2回〜29回(30回以上は要相談)で好きなようにプランが作れる
 →自分の目的を伝えて、どんなプランにするか相談できる。
■未消化のレッスンが翌月に繰越しできる
 →1回のキャンセルにつき1回まで
■「圧倒的にホワイトな」アットホーム感
 →ブラック企業によくあるアットホーム感ではなかったw
■クレジットカード払いに対応
 →クレジットを持っていない人も、口座振替による納入が可能
■話しやすくて、接遇のプロなインストラクター達
 →コーチングチームによる「マナー研修」「接遇研修」「ホスピタリティ研修」等を受けているので、
   嫌な対応に合うということはないでしょう。
■2回目の無料体験ができる「リトライ制度」
 →無料体験のリトライ制度があり、担当したインストラクターと相性が合わないなどのミスマッチ
   があった場合、別のインストラクターで再度無料体験レッスンを受けられるという
   控えめに言って最高の制度。
■ティーチングではなくコーチング
 →学校の授業のようなティーチングスタイルではなく、マンツーマンで生徒の「個性」を
   引き出して成長させるコーチングスタイル。オーダーメイドなレッスンが期待できる。
■アプリで簡単に予約できる
 →電話やメールって正直めんどくさいですよね。そんなあなたに24時間対応のアプリ予約!
   発表会やイベントの様子がわかる動画も配信中
■もはやスクールではなく「テーマパーク」か「ショッピングモール」のよう。
 →かなり柔軟なシステムと居心地の良い校舎の空間。
■内装、アクセス、設備へのこだわり
 →一等地の校舎。空間デザイナーによるオリジナルのラグジュアリー空間。
   最先端の楽器、音楽設備。非現実的なオシャレ空間の居心地の良さは本当だった。
■発表会、イベントも充実している
 →「レッスンの成果を試したい!」「音楽が好きな同年代の友達が欲しい!」といったニーズに
   応える各種イベント、懇親会を開催している。1人でも安心して参加できそうな感じ。
■あなただけの夢もサポートしてくれたり
 →「ホームパーティで披露したい」「両親に感謝の気持ちを表現したい」「オリジナル曲を作り
   たい」といった、あなたの夢を実現する手伝いもしてくれたりするらしい。写真&PV撮影、
   大手レコード会社への推薦までのサポートもあるとか。詳しくはスタッフに相談してみましょう。
■音楽を通じて「誰かのために出来ること」を
 →東北の震災をきっかけに、修学旅行体験学習の無償受け入れ、病院や施設でのコンサート
   などを意欲的に行なっている。はっきり言って好感しかありません。ごめんなさい。

より詳しいデメリットまとめ

オシャレすぎる
 →オシャレな空間アレルギーの人もいるかと思います。でも安心してください。
   僕も軽く罹患してますが、結局どうでも良くなるくらい総合的に最高でした。
■サービスが行き届きすぎ
 →ひねくれ者の僕はふとそんな風に思ってしまうが、結局それもどうでも良くなるくらい最高
   でした。「お疲れ様でした〜♪」とかもう、もっと言って。
■おいしい水が押し気味で出てくる
 →「お水いりますか〜?」という質問に「あ...」と言って少し体を前後に動かせば水が出てくる。
   めちゃくちゃおいしい。こだわりのミネラルウォーター。飲みすぎてトイレに行きたくなる。
■ロビーの居心地が良すぎる
 →時間が来ても動きたくなくなる
■靴は靴箱に入れてスリッパに履き替える必要がある
 →厚底はやめときましょう(泣)
■トイレは外に出てビルの同フロアのトイレに20秒くらい歩かなければならない
 →良いトイレだったので動きたくなくなりました
■4Fにあるので、4Fが嫌いな人には無理
 →高所恐怖症Level10000くらいの人には無理でしょう。
■人気なので土日はやっぱり人が多いz
 →人気なので土日はやっぱり人が多いそうです。水曜とかは少ないみたいですよ。

あらためて無料体験レッスン申し込み方法

Harryup

もう一度ご案内しておきます( ^∀^)

BeeVoiceスクールならこちらからトップページへ

BeeVocalスクールならこちらからトップページへ

↓画面上部にある【無料体験はこちら】ボタンをクリック!

BeeVoiceSchoolトップページ

↓画面上部にある【無料体験はこちら】ボタンをクリック!

BeeVocalSchoolのトップページ

するとこんな感じの申し込みフォーム画面になるので

BeeMusicSchoolの無料体験レッスン申し込みフォーム画面

希望エリア・希望受講日時を入力!

「まだ決まっていないので相談したい」もあるのがBeeMusicSchoolの良いところです。ちなみに「45分」と書いてありますが、「15分の聞き取り+30分の無料体験レッスン」が基準とのことです。まあ聞き取りもレッスンのうちですからね。あと、赤羽には3校舎の中から空いているところに割り当てられます。全て駅近なので問題ないと思いますが、どうしてもこの校舎が良い!という場合は可能かどうか相談してみましょう。

BeeMusicSchool無料体験レッスン申し込みフォーム解説1

名前・年代・電話番号・メールアドレス ・(その他希望、相談もあれば)入力し、【上記で申し込むボタン】をクリック!

BeeMusicSchool無料体験レッスン申し込みフォーム解説2

以上。すると申し込み完了メールが届きます。とても簡単なお仕事でした( ^∀^) {レッツ無料体験レッスン!

評判の実態:公式サイト「生徒さんの声」は本当か!?

おまけで、公式サイトの「生徒さんの声」の内容は本当?嘘?を無料体験レッスンを受けてみた感覚から独断で判断します。参考までに 笑

ボイススクールの生徒さんの声

Beevoice koe1
画像引用:http://www.bee-music.jp
→評判1=本当

Beevoice koe2
画像引用:http://www.bee-music.jp
→評判2=本当

Beevoice koe3
画像引用:http://www.bee-music.jp
→評判3=本当

いや、本当にふざけてません。メリットにも書きましたが、少しの嫌味もない完全ホワイトなアットホームさ、明るく優しい先生ばかり、レッスン終えてすぐ次のレッスンが待ち遠しくなるし、ロビーから動きたくなくなるし、指導はわかりやすいし、声のコンプレックスを改善して通いたいし、続けていけば絶対成果は出るだろうし、ペアレッスンコースは便利だし、他の音楽教室、スクールと比べても結局最終的にはBeeに来たいし、教室の雰囲気は最高だし、最高です。本当に万人におすすめできるスクールだと思います。

ちなみに、普通にBeeMusicSchoolのギタースクール、ピアノスクールなどに興味のある人は以下リンクからどうぞ。

おわり。

(同じカテゴリの記事をもっと見るならコチラ

タイトルとURLをコピーしました