頑張りたいアナタの強い味方。HACKengの使い方はコチラをタップ

音楽が趣味だしリスニング・英語学習に使うヘッドホン・イヤホンを解説してみる

学習法・まとめ

(注意:普段から音楽を聴くタイプの視点で書いてるので、普段あまり音楽を聴かない人がヘッドホン・イヤホンについてどのくらい知らないのかとか、気持ちとかは分かりません。)

(注意2:とは言え、耳は良い方ではないとの自負があり「英語の音をリスニングしたいなら、最低限こうなるよな〜」と思ったことを書いていきます。あしからず。)



突然ですが、あなたは次の動画で「英語の音」を勉強したいと思いますか?

【南シナ海】中国海軍の米軍機への無線警告音声 – Chinese Navy Warning to US Plane in South China Sea

日本語でも考えてみてください。あなたが日本語を勉強したい外国人だとして、次の動画の音声で「日本語の音を勉強したい!」と思うでしょうか?

【無線字幕付】陸上自衛隊 10式戦車 斜行射撃・後退蛇行射撃|Japan's Type 10 Main Battle Tank slalom shooting live fire accuracy

絶対、思いませんよね?

こういう動画を使うとしたら「a~zまで、全部の音は分かったから、軍隊の無線で話す内容が知りたい!」とか・・・・・

「無線を通した英語の音ですら聴き取れるようになりたい!」とかですよね。

はい。ここで今回の記事に繋がるのですが、上の日本語の音声でも、けっこう「は?なんて言ったの?字幕ないと分からんわこれwwwww無線聴き取りづらいわww」と思った人、多いかと思います。

それ、理由は「千差万別、個性豊かな人の声を、無線を通して、録音を通して、パソコン・スマホを通して、Youtubeの動画の音として聴いている」からですよね。

American man

↑あとで周波数についても触れますが、上の米軍側の男性の無線音声を分析してみた結果がコチラです。古い固定電話やラジオのような音声は「~100Hz、3000Hz~」くらいがバッサリとカットされた音の特徴、というわけです。

と、以上は分かりやすく音が変わって、母国語ですら聴き取りにくくなる例ですが・・・・

普通のパソコン・スマホを使って、普通の動画サイトを使って、普通の色々な人が話している「英語の音」をリスニングしたい時は「どんなヘッドホン・イヤホンを通して聴いているか」の影響が一番、無視できないぞ〜〜〜!!!

ということで、今回は「リスニング・英語学習したいんだけど、オススメなヘッドホン・イヤホンってあるの!?」という疑問に答えていきます。

(※スマホの人は右下の「INFO」から、いつでも目次が見れます)

スポンサーリンク
  1. リスニング・英語学習に使うヘッドホン・イヤホンの選び方は?
    1. イヤホンの特徴と種類
    2. ヘッドホンの特徴と種類
    3. リスニング・英語学習に必要な音域(周波数)は?
    4. リスニング・英語学習で考えるべきは・・・
    5. ちなみにヘッドホン・イヤホンの英語訳は?なんというべき?
  2. リスニング・英語学習にオススメのヘッドホン4選
    1. オススメのヘッドホン①:JVC HA-XM20X XXシリーズ 密閉型ヘッドホン ブラック&レッド
    2. オススメのヘッドホン②:マランツプロ 密閉型モニターヘッドホン 50mmドライバー搭載 MPH-2
    3. オススメのヘッドホン③:JVC 密閉型ヘッドホン SOLIDEGE/N_W ハイレゾ対応 ブルー HA-SD7-A
    4. オススメのヘッドホン④:SHURE ヘッドホン SRH840 プロフェッショナル スタジオ用 SRH840-A 【国内正規品】
  3. リスニング・英語学習にオススメのイヤホン3選
    1. オススメのイヤホン①:SOL REPUBLIC(ソルリパブリック) イヤホン JAX カナル型 iOS 対応 3ボタン & マイクケーブル
    2. オススメのイヤホン②:茶楽音人(さらうんど) カナル型イヤホン ちょんまげ君
    3. オススメのイヤホン③:radius Ne HP-NHR11
  4. ワイヤレス(Bluetooth)でオススメのヘッドホン・イヤホン2選←NEW!
    1. ワイヤレス(Bluetooth)でオススメのヘッドホン:Beats by Dr.Dre ワイヤレスノイズキャンセリングオーバーイヤーヘッドホン Studio3 Wireless 連続再生最大約40時間 Bluetooth対応 W1チップ搭載 密閉型 通話可能 リモコン有り シャドーグレー MQUF2PA/A 【国内正規品】
    2. ワイヤレス(Bluetooth)でオススメのイヤホン:SOL REPUBLIC(ソルリパブリック) ワイヤレスイヤホン RELAYS SPORT WIRELESS Bluetooth カナル型 防滴 スポーツ向け iOS対応 3ボタン マイクケーブル

リスニング・英語学習に使うヘッドホン・イヤホンの選び方は?

How CRISPR lets you edit DNA – Andrea M. Henle

(↑ちなみに、今回ヨドバシ○メラに出向いて「TED-ed」の動画で試聴しまくってみましたw なので、この音声をiPhoneで再生して、高音(というか子音)がキンキンしたかどうかが基準です

まあ、細かいところに触れるとダラダラしてしまうので先に結論をまとめると・・・・・

  • 音量を上げても高音で耳が痛くならないヤツを選ぶ
  • 「耳が良くて小さい音でも聴き取りまくれる人」なら、100均もアリかも
  • でも、基本「音を上げたほうが聴き取りやすい」ので、初心者ほど安モノは避けたほうが良い
  • ただし、高けりゃ良いってもんでもない
  • あとはヘッドホンとイヤホンの違いから、好きなほうを選べばOK!

↑とりあえず、こんな感じで選べば万事解決だな〜、と思いました。

ただし、2万円以上とかする高級イヤホン・ヘッドホンだろうがなんだろうが「高音解放!!鮮やか!!!」みたいなタイプだと「s」などの子音がキツくなっちゃうので、それだけ注意ですね。音楽用だからでしょうが。

それでは、もう少し詳しくポイントを解説した後、最後にオススメのヘッドホン・イヤホンを紹介します!

イヤホンの特徴と種類

イヤホンのメリット

  • ポータブルだから、電車とかでリスニング・英語学習するのに便利

イヤホンのデメリット

  • カナル型は高音がキンキンなりやすい(個人的な体感ですw)
  • かと言ってインナーイヤー型(in-ear)だと音漏れするし雑音入るしで良いことナシ(というか音漏れが社会問題になってから減ってるw)
  • コードがスれたりすると雑音として伝わってしまう(特にカナル型。なので歩きながらリスニング!とかは厳しい。)
  • カナル型にしろインナーイヤー型にしろ「装着感が苦手!」という気持ちになりやすい。

↑カナル型は耳に突っ込んで密着させる素材のアレです。

↑インナーイヤー型はこういうスピーカーを直接、耳の部位にひっかけて挟むようなアレです。

ヘッドホンの特徴と種類

ヘッドホンのメリット

  • 「ネイティブが目の前で英語をしゃべっている」という臨場感が得られる
  • 耳の穴の外で音の空間ができたりするので、高音がキンキンしづらい

ヘッドホンのデメリット

  • 重かったりジャストサイズじゃない場合、長時間の勉強で疲れやすくなる(ある程度は慣れるでしょうがw)
  • 密閉型だと蒸れたりもする
  • 持ち運びが面倒で、特に開放型だと音漏れもしやすいので、ポータブルには向かない

↑密閉型はこういうやつです。音がこもるので低音が強くなりやすかったりします。

↑解放型はこういうやつです。耳に当てる部分が解放されてますね。

リスニング・英語学習に必要な音域(周波数)は?

そして、避けて通れないのが周波数の話です。長くなりすぎるので要点だけまとめますが・・・・・

  • 日本語は「125~1500Hz」
  • アメリカ英語は「1000~3000Hz」
  • イギリス英語は「2000~12000Hz」
  • フランス語は「125~250Hz、1000~1700Hz」
  • ロシア語は「125~8000Hz」
  • 人の可聴領域は「20~20000Hz」(高齢でも10000Hzまで聴ける)
  • 上記は「音が聴こえるか」の問題ではなく「リスニング(聴解=言語として認識して、自然と理解しようとする状態かどうか)」の問題なので、慣れれば良いだけ、であることに注意。
  • で、基本 音を大きくするほどリスニング(聴解)しやすくなる。(難聴には気をつけて)

↑周波数については、このあたりを知っておきましょう!

音楽好きだし、ネイティブ英語の周波数を解析して、ついでに日本語もやってみる
一昔前に「日本語と英語の周波数は全然違うから難しい!」なんて話が流行ったようですが「人類は20Hz〜20,000Hzまで聴けるから慣れれば良いだけで、嘘かどうかはどうでも良いな」と思ったので、とりあえずネイティブ英語と日本語と、それぞれの母音の周波数を解析してみました。

(↑コチラの記事では、実際に「ネイティブ英語・日本語・それぞれの母音」の周波数の見た目をチェックしてみたので、ぜひ合わせてご覧ください。)

で、つまり、今回は「リスニングで英語の音を細部まで聴き取るためには音を大きくすることが効果的だけど、安いヘッドホン・イヤホンだと音量を上げた時キンキンして耳が痛くなりやすいので、そういう特徴が必要」って話になるよね〜、というのがポイントです。

Headphones earphones english00

↑「周波数ってなに?」という人のための図。「C-1(8Hz)〜C11(32768Hz)」まで書いてありますが、「ヒトの可聴領域」がぼやけているのは「耳で聴いて意識できない部分も、振動として身体や感情に影響するので、ハッキリ線引きできない」からです。(たぶんw)

Headphones earphones english02 2

↑ピアノの鍵盤だとコチラ。

ちなみに、音楽で「ミキシング・マスタリング」という作業のプロをプロたらしめるのが、非可聴領域(〜20Hz、20000Hz〜)も含めた、周波数の扱い方だったりもします。音としては聴こえない部分まで全てコントロールすることで、音に温かみが出たり、パキパキして聴こえたりするわけです。

リスニング・英語学習で考えるべきは・・・

というのは音楽の話ですが「英語のリスニング」というポイントでも「人の声を特徴づける周波数」を無視するのはどうなんだろうな〜、と思います。

周波数は「音の高さ」を決める要素なんですが「どの周波数(どの音の高さ)が、それぞれ、どれだけ(の音量で)含まれているか(など)」によって「どんな音(声)か」が決まるので。

つまり「めちゃくちゃ響く、低い声だな〜」とか「高い声だけど深みがあってキンキンしない声だから聴き取りやすいな〜」とかいう部分をリスニングして「英語」の勉強に役立てるために、良いヘッドホン・イヤホンを使うことは大切だよな〜、という話です。

(実際「歌がうまい人は英語の発音もうまい」というイメージも「20-20000Hzを聴き取って、聴こえないところまでもイメージとして活用している」からなんじゃないかな〜・・・・・・というのは妄想ですがw)

まあ、とにかく「言語自体の周波数」と「印象や感情などを伝える、人の声の音色」は全く別の話だ、ということだけ注意しましょう。2つが揃って初めて「言語」ですよね。

ちなみにヘッドホン・イヤホンの英語訳は?なんというべき?

あと余談ですが、ヘッドホン・イヤホンを英訳すると「headphones, earphones」と複数形になります。メガネの「glasses」と同じ要領ですね。

で、カナル型のイヤホンなら「earbuds」とか「canalphones」とか言ったり、部位を言うならヘッドホンの「earpad」だとか色々言えますが、基本は日本語と同じ「headphones」と「earphones」でOKです。

リスニング・英語学習にオススメのヘッドホン4選

それでは、リスニング・英語学習にオススメできそうなヘッドホンを4つほど。(Amazonの値段は常に、ある程度の変動があるので注意してください。)

オススメのヘッドホン①:JVC HA-XM20X XXシリーズ 密閉型ヘッドホン ブラック&レッド

Amazonなら3,200円で買える、ここらへんが安パイかな〜、というモデルです。見た目ほど重くなく、つけ心地も良好でした。JVCは音響ブランドの老舗です。

オススメのヘッドホン②:マランツプロ 密閉型モニターヘッドホン 50mmドライバー搭載 MPH-2

↑一応モニターヘッドホンという音楽のレコーディング向けのモデルですが、日常使いまで幅広く使えるにも関わらず、5,669円と安めなのでオススメ。

モニターヘッドホン(+密閉型)の何が良いかと言うと「右ななめ前45度の位置の音〜」とかいう、PAN(左右のどこから音が聞こえるか)がわかりやすいことです。それが結構、映画・海外ドラマの鑑賞にも便利かな〜、と思うのでw

オススメのヘッドホン③:JVC 密閉型ヘッドホン SOLIDEGE/N_W ハイレゾ対応 ブルー HA-SD7-A

↑JVCからもう一つ。このブルーメタルのデザインがかっこいいw というのは置いといて、シンプルさと高音質を両立し、2WAYの折りたたみ機構でコンパクトに持ち運びも可能。10,000円くらいのヘッドホンに手を出してみたい人にオススメです。

オススメのヘッドホン④:SHURE ヘッドホン SRH840 プロフェッショナル スタジオ用 SRH840-A 【国内正規品】

↑もう一つモニターヘッドホン。レコーディング機材と言えばSHURE、というほど有名なブランドですが、この密閉型サーカムオーラル(耳をすっぽり包むタイプ)のモデルはPANが非常に分かりやすくてオススメです。

レコーディング用って要するに「録音したい・された音を録音したい・された音のまま、モニターするためのもの」という意味なので「英語の音」を生のまま聴くにも便利かと思います。値段も18,044円と高すぎず、手を出しやすい感じ。ちょっと重めですがw

リスニング・英語学習にオススメのイヤホン3選

そして、リスニング・英語学習にオススメできそうなイヤホンも3つ。(繰り返しますが、Amazonの値段は自分が見た値段なのであしからず)

オススメのイヤホン①:SOL REPUBLIC(ソルリパブリック) イヤホン JAX カナル型 iOS 対応 3ボタン & マイクケーブル

↑ヨドバ○カメラの店頭で一番良かったイヤホンは、このシリーズでした。Amazonなら2,160円という安さ。レビューは少し低めですが、10色から選べるデザインがかわいくて、オススメです。

オススメのイヤホン②:茶楽音人(さらうんど) カナル型イヤホン ちょんまげ君

↑正直、普通の「語学学習者」にとってはネタアイテムだと思っちゃいますがw 「語学学習用」を謳うイヤホンも1つ。値段は4,418円と少し高めな印象。

音楽が聞きにくい「語学学習用イヤホン」がスゴかった
音楽は聞こえにくく、人の声だけが聞きやすい「語学学習用イヤホン」が話題を呼んでいる。実際の使用感をレポートしよう。

↑詳しくはインタビュー記事などをググってみてください、という感じですが「100Hzから200Hzあたりの低音域はかなり音がカットされ、人間の声が聞き取りやすい中音域から3kHz〜4kHzまでの高音域が聞こえやすい構造になっている(上記記事より引用)」とのことです。

まあ、使ってないので分からないんですが、上の記事にある通り「洋楽のボーカルの英語を聴き取りやすくするために使う」とか「野外で録音された音声から、人の声だけ聞きたい」とかいう「落語や同時通訳の業界」的な、特殊な用途に便利なアイテムかな〜、と思います。

周波数のところで書いたように「めちゃくちゃ響く、低い声だな〜」という100Hzまわりの低音や「高い声だけどキンキンするわけじゃなく、芯のある強い声だな〜」とかいう高音まで含めて「人の声」だと思うので、普通に録音された音声に使う必要はないかな〜、と。

まあ興味のある人はぜひ!

オススメのイヤホン③:radius Ne HP-NHR11

↑最後に、10,000円いかないくらいのイヤホンを1つ。「音楽を聴くイヤホンとしても使えそうなものを買っときたい!」という人にオススメです。ちなみに、1つ上(?)の「HP-NHR21」モデルは高音キツかったので、お気をつけて。

ワイヤレス(Bluetooth)でオススメのヘッドホン・イヤホン2選←NEW!

さらに最後に(w)ワイヤレス(Bluetooth)でオススメのヘッドホン・イヤホンも追加しときます。シンプルに音質とかも良いもので、2つ。

ワイヤレス(Bluetooth)でオススメのヘッドホン:Beats by Dr.Dre ワイヤレスノイズキャンセリングオーバーイヤーヘッドホン Studio3 Wireless 連続再生最大約40時間 Bluetooth対応 W1チップ搭載 密閉型 通話可能 リモコン有り シャドーグレー MQUF2PA/A 【国内正規品】

↑ちょっとビッ○カメラにも行ってきて、ワイヤレス(Bluetooth)系を試してきたんですが、ヘッドホンだとコレが最高でした。総合的に。

「リスニング・英語学習」的にも、音楽・映画・海外ドラマ鑑賞的にも、ワイヤレス(Bluetooth)的にも、ノイズキャンセリング機能まで最強で、通話にまで使えて、コレ一つあれば良さそうだぞ、と。

そのうち買いたいぞ、とw

値段はAmazonでも34,098円(カラーにもよる)と高級品ですが、超スタイリッシュでかっこいいデザインが10色も選べて、機能も使い勝手も抜群という、最高すぎる一品かと思いました。

ワイヤレス(Bluetooth)でオススメのイヤホン:SOL REPUBLIC(ソルリパブリック) ワイヤレスイヤホン RELAYS SPORT WIRELESS Bluetooth カナル型 防滴 スポーツ向け iOS対応 3ボタン マイクケーブル

↑スポーツ向けの防滴モデル+ワイヤレス(Bluetooth)イヤホン。6,264円とイヤホン初心者には高めですが、英語をリスニングしながらウォーキング・ジョギングしたい人、ワイヤレス(Bluetooth)で部屋の中でも動き回りたい人へ、超オススメ!

それでは、あなたの「リスニング・英語学習」用ヘッドホン・イヤホン選びに幸あれ。

おわり。

(同じカテゴリの記事をもっと見るならコチラ

タイトルとURLをコピーしました