頑張りたいアナタの強い味方。HACKengの使い方はコチラをタップ

【3選】洋楽で英語を勉強したとしても効果が出ない人のパターンと、正しい方法をまとめる

学習法・まとめ

「洋楽で英語を勉強するのって、良いの・・・?」

なんて悩んでいる、全てのあなたへ。

今回は「洋楽で英語を勉強!・・・・する時、効果が出ない人の特徴は?」という本質から「どの英語力を意識して洋楽を使うべきか?」という具体的な方法まで、セットでまとめます。

(※スマホの人は右下の「INFO」から、いつでも目次が見れます)

スポンサーリンク

洋楽で英語を勉強する本当の意味と効果①:そもそも洋楽が好きじゃない

Joji – SLOW DANCING IN THE DARK

(↑全然本題とは関係ないんですが、joji良いですよ)

まず「洋楽を好きじゃない人」が、洋楽で英語を勉強しようとしちゃうパターンです。

洋楽を使って英語を勉強すべき人は「洋楽が好きな人」であって「別に洋楽が好きなわけじゃないけど、オススメしてる人がいたから、とりあえずやってみようかな・・・・・」なんて状態だと、いつまで経ってもレベルアップできません。

「好きなこと」とは、つまり「その人にとってのエンタメ」であり、エンタメを英語の勉強に使うのは「英語の勉強に自然と、めちゃくちゃ集中してしまうため」だからです。そうでないなら、使う意味がありません。

あの人が良いって言ってた方法なのに、全然レベルアップできない!」なんてのは、英語が身につかない人の典型例ですね。

まずは、自分が「本当にそう思うか」「信じてやりきれるか」をよく考えましょう。「効率的なやり方」とか細かいことは、それをクリアした後の話です。その順番が逆になってしまうと、自分に合わない方法で時間を無駄にすることになります。

洋楽で英語を勉強する本当の意味と効果②:歌が下手なのに無理してる

次に「歌が下手なのに無理しちゃってる」パターン。今言っている洋楽は「英語を使っている曲」という意味なので、あらゆる音楽のジャンルが当てはまる中・・・・・

We Are The World 25 For Haiti – Official Video

↑こういう「いわゆる歌」を使う場合。

英語の発音を磨く以前に、歌の音程に合わせるための歌唱力が必要で、それがハードルになっちゃうよねという話です。

簡単に解説すると、歌が上手い人にとっては・・・・・

英語を勉強してるけど「自分の発音はココが良くない!」と気づくためには「リスニング力」を鍛える必要があるよな・・・・。

え、それって「自分はココが歌えてない!」と気づくためには「耳」を鍛える必要があるのと一緒じゃん!

じゃあ「英語の歌=洋楽」を使っちゃえば、英語の勉強を趣味化できて、楽しく続けられて最高じゃん!やろ!w

レベルアップできた!

という流れなわけですが、ここには極・自然に「歌唱力もバンバン磨きながら」が省略されています。すでに歌が上手い人にとって「もっと歌唱力を磨いていくこと」は割とイージーで、当たり前体操で、趣味だからです。

その点、別に歌が上手くない人が「お、オススメの方法らしいぞ!」「なんか楽そうだぞ!」と洋楽で英語を勉強しようとした場合、良くて・・・・

「お〜楽しい〜〜〜!!」

「お〜楽しい〜〜〜!!」

「お〜楽しい〜〜〜!!」

「お〜楽しい〜〜〜!!」

レベルアップできない!

という流れにしかなりません。(極端な例ですがw)自分の歌のどこを直せば良いか聞き取る「耳」も、それをレベルアップさせた経験もないからです。

なので最低限の歌唱力がない人は、まずボイトレとかを使って、歌唱力と耳を鍛える方法を知ることから始めると良いでしょう。

Kendrick Lamar – HUMBLE.

↑もしくは、ラップのように「歌唱力」より「英語力」が先に来るジャンル・曲を使うかですね。

洋楽で英語を勉強する本当の意味と効果③:どの「英語力」にフォーカスするかが曖昧

と、以上は「英語の勉強に洋楽を使う」ことの本質でした。ここまでで「どうして洋楽を使うのか」が分かったら、具体的に「洋楽を聴いて、歌って伸ばせるのは、どんな”英語力”か」と、そのやり方をチェックしておきましょう。

ここが曖昧な人もまた、いつまで経ってもレベルアップできない人の典型例ですからね。

(とりあえず、前提として「ごめ〜〜〜〜んなさ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜い♪♪♪♪♪♪」みたいにミュージカルじみたスピーキング以上のものを目指すなら、普通に映画・海外ドラマを見たほうが良いという、洋楽で学べる英語には限界があることだけは忘れずに。)

洋楽×英語力×方法①:歌手の発音のクセを知ることで「リスニング力」を伸ばす

これは特に、ちょうど上で例に出したラップの話です。

Drake – God's Plan

↑ラップは「歌う」というより「喋る」という感覚を多く含んでいるので、メロディに合わせて表現する「歌唱力」よりも、リリックやリズムのノリについていくための「英語力」が先にくるでしょう。

その中には「そのラッパーのノリを特徴づけるクセ」のようなものが含まれています。どのくらいリダクションが強いかとか、そもそもの声質とかですね。

それらを何度も聴いて、真似しまくったりすれば「リスニング力」という名の、発音の理解レベルが上がります。「こういう声質で、こういう速さで喋ろうとすると、こういう英語の音になるんだな〜」みたいな。

もちろん、それは「スピーキング力」とセットだったりもしますから、自分の発音改善にもつながっていくでしょう。

洋楽×英語力×方法②:心を込めて歌うことで「スピーキング力」を伸ばす

「スピーキングの流暢さ」というポイントで大切なことは、今書いた「発音の理解と実践のレベルアップ」だけではありません。そういう「ガワ(外側の皮、表層みたいなw)」に加えて重要なのが「中身(何を話したいのか)」ですよね。

洋楽を「歌う」「ラップする」という行為は同じ。しかし、それをする時の意識を変えてみましょう。単純に、音を完コピしようとするのではなく・・・・・

「どうしてこのリリックを、こんな風に歌うのか」という気持ちを理解して、アーティスト本人になったつもりで、ライブ会場のステージから観客に向けて歌っているように演じてみる、ということです。

どれだけ効率よく水が流れる水路を作ったところで、源泉から水が流れなければ何の意味もありません。なので、水を流しましょう。

ちょうど音楽で例えるなら、ギターにクラシックを聴かせて何年も寝かせるように(w)あなたの身体と脳みそにも「正しいネイティブの思考と感情」を流して、慣らしてあげると良いでしょう。

で、結局は「使いたい・使うべき表現を、どれだけのリアリティを持って使えるか」というポイントに尽きるので、とにかく心を込めて、歌詞の意味を噛み締めながら演じきることが大切です。

「音楽」に始まる、エンタメという世界の共通言語を使う最大の意味は、そこにあります。

洋楽×英語力×方法③:覚えた歌詞を多読して「リーディング力」を伸ばす

「速読」というほどではなくとも「英語の文章を速く読むには、どうしたら良いか?」なんて悩んでいる人は多いでしょうが、結局のところ「知っている話題・内容の文章なら速く読める」というだけの話だったりします。

何度も歌っているうちに、歌詞を覚えてしまうでしょう。そうして覚えたあと、もっともっと読みまくりましょう。歌詞の意味を鮮明にイメージしながら読んで、読むというか歌って、ラップして・・・・・・と、回数を重ねれば重ねるほど、読むスピードは速くなっていくでしょう。

洋楽を聴くなら?Spotify・Amazon・Apple・Googleを比較【2019】
今回は「洋楽を聴くならどれだ!音楽配信サービスをパパッと比較2019〜〜!!」という感じで、料金プラン・機能・それぞれの強みとなる特長までを簡単にまとめつつ、何より「洋楽で英語学習したい」と思っているあなたへ、注意すべきポイントとサービスの選び方を解説しました。

↑こうした音楽配信サービスでは、対応している曲の歌詞を見ながら聴くことができます。リーディングが苦手な人も、洋楽で多読デビュー!

以上。洋楽を聴くために使えるツールは?

洋楽を聴くなら?Spotify・Amazon・Apple・Googleを比較【2019】
今回は「洋楽を聴くならどれだ!音楽配信サービスをパパッと比較2019〜〜!!」という感じで、料金プラン・機能・それぞれの強みとなる特長までを簡単にまとめつつ、何より「洋楽で英語学習したい」と思っているあなたへ、注意すべきポイントとサービスの選び方を解説しました。

↑以上です。今、上で貼っちゃいましたが「よ〜し、洋楽で英語を勉強し始めたいけど・・・・どのサービスを使えば良いの〜〜〜〜!?!??!」と悩んでいる人へ、人気の音楽配信サービスを比較してみたので、コチラも参考にどうぞ。

おわり。

(同じカテゴリの記事をもっと見るならコチラ

タイトルとURLをコピーしました