SNSシェア歓迎!最新記事を見るためにページを更新!詳しくはココから

beforeとpreviouslyの違い!定義を見たら、あとは文脈をイメージ!

スポンサーリンク
イメージ辞書

(当シリーズは、妥当性のある完成した言語学の理論やその研究等とは一切関係なく、単に「定義に書かれている違い」からポイントをチェックしつつ、個人的な図解をシェアするものです。故に、言い切りに近い形は「正しい」ことではなく「自分の中で確信している度合いが高い」ことを意味します。あしからず。主に「Cambridge Dictionary」「Merriam-Webster.com Dictionary」「ONLINE ETYMOLOGY DICTIONARY」を参考に作成しております。辞書からの引用の詳細は、記事の最後にあります。)

HACKengの「イメージ・イラストで覚える英単語・フレーズ」シリーズ。

今回は「before と previously」です。

日本語訳の丸暗記では、いつまで経っても

英語ができるようにはなりません。

イメージを掴みましょう。

(※スマホの人は右下の「INFO」から、いつでも目次が見れます)

スポンサーリンク

“before”と”previously”の違いを考えるポイントは・・・・・

“before”と”previously”の違いは何か。

何より、”before”と”previously”の違いを考える時に、大切なポイントとは何か。

答えは、ズバリ「ササッと定義をチェックした上で、それぞれが使われている文脈を全力でイメージしてあげること」です。

こういうのは複雑に考えた時点で地獄に堕ちますから、Imagine!

違いをチェック!”before”の定義・使い方は・・・・

before(前置詞・副・接)の意味(6コ)を、1つのイメージから覚えるための記事
「英語はイメージで覚えよう!」ということで「before(前置詞・副詞・接続詞)」の意味を見ていたら、神なんだかクソなんだか分からない図解ができました。まあイメージはシンプルに「前」で十分でしょう。日本語の表現の問題はなんでも OK。結局は文脈によります。6コの意味の例文から、イメージ・ニュアンスをチェック!使い方をマスター!

↑まあ、細かい話はコチラ等に省略しつつ・・・・・

言ってみれば「何かが何かの前にある(という位置情報を表す機能が、タイムラインや物理空間という文脈において活用される)」みたいな、最もシンプル(一般的)な「前」の親玉とも感じるようなもの。それが”before“でしたね。

“previously”と比べたい”before”の定義

■ “before”の定義(副詞で抜粋)

in the past:

(引用:Cambridge Dictionary

: at an earlier time

↑からの、副詞の”previously”と比べたいのは、副詞の”before”です。と言っても、上に書いたように・・・・・

「何かが何かの前にある」という基本的な”before”のイメージ(=機能)が、タイムラインという文脈にノルことで、具体的な意味を持っているように感じる。

と、シンプルに考えてあげれば OK。

“before”の例文からイメージをチェック!

I feel as though I’ve been here before.

(引用:Cambridge Dictionary

↑たとえば「まるで、前に来たことがあるかのように感じる」なら、まず「現在より前に」という話でありつつの・・・・・・・

“before”自体は「今そう感じている、ココにいる状況」より前に「ココに来た」という事実がある、というタイムライン上の位置関係を示しているに過ぎないよね〜、とか。

He said he had never seen her before.

(引用:Cambridge Dictionary

↑これなら「彼は言っていた」という過去の時点より前に「彼が彼女に会った」という事実はないよ〜〜〜、という位置関係を示しているに過ぎない、とか。Imagine!

違いをチェック!”previously”の定義・使い方は・・・・

■ “previously”の定義

before the present time or the time referred to:

(引用:Cambridge Dictionary

↑対して、まず”previously”の定義を見つつ、微妙にハッキリしないし、Merriam Websterには”previously”の定義がないし、なので・・・・・・

■ “previous”の定義

happening or existing before something or someone else:

(引用:Cambridge Dictionary

: going before in time or order : PRIOR

: acting too soon : PREMATURE

↑とりあえず、”previous”の定義がコチラ。「早まった、尚早な」という使い方になったりもすることから、ただ単に「何かが何かの前にある」というよりは「何かが何かの先にくる」という「順序」に焦点があるようですね。

beforeとprior toの違いを図解!英語の意味は文脈からイメージしよう
「英語はイメージで覚えよう!」ということで、今回は「before」と「prior to」の違いを解説&図解します。最悪、日本語を使うにしても・・・・それぞれの「前」とは何なのか。ついでに「フォーマル」とは何か。英語の気持ちを・・・・Imagine!

(↑参考)

というわけで・・・・・・。

もう 例文をチェックして、文脈をイメージしまくる他ない状況と、相成りましたw 辞書の定義で表現できることには制約がありますから、仕方のないことです。甘んじて、受け入れましょう!

“前の・以前の”の英語8つの違い!"prior/previous/former/last/past/old/ex-/preceding"の違い、使い分けまとめ
「英語はイメージで覚えよう!」ということで、今回は「前の・以前の・かつての」などと訳したくなる英語8つを解説。「prior / previous / former / last / past / old / ex / preceding」すべてを使い分けるために・・・・Imagine!

(↑いや、実際にはそこそこ読み取れるんですが、”before”と比べる流れだとキツイかも。他との比較による解説を、コチラでチェック!)

“previously”の例文からイメージをチェック!

Previously on Prison Break…..

↑”previous“と言えば、”previous episodes“とか”previously on…“とか言って「前回までの(これまでの)」を表すのが頻出かと思います。

映像は貼れないので残念ですが・・・・海外ドラマの「Prison Break」とか、有名でしょう。毎回、冒頭で”Previously on Prison Break…“なんて言いながら「前回”まで”のプリズンブレイクは、こんな感じだったよ〜」という、あらすじのオサライがあります。

たとえばシーズン1なら毎回「銀行で銃ぶっ放して捕まって〜〜〜〜」という1話の始まりから、ダイジェストしてくれたり!

NASA: Rising sea levels more dangerous than thought

NASA warns that sea levels may be rising more rapidly than previously thought. CNN’s Brandon Miller reports.

↑その心は。他にも「これまで(以前)考えられていたより」とか・・・・・

Physicists have constructed a pipette that dispenses a billionth of a trillionth of a liter, a droplet that’s a thousand times as small as volumes previously achieved.
— A. Cunningham

↑「これまでに(過去の時点が基準なら、それまでに)達成されたものよりも」とか、つまり・・・・・

「これまでがあっての、今」とか「これまでの〜に対して、今の〜」とか、そういう意味で「順序」と「それに伴う関係性」に話の焦点がある場合

・・・・に、”previously“を使えば良いということ!

“前の・以前の”の英語8つの違い!"prior/previous/former/last/past/old/ex-/preceding"の違い、使い分けまとめ
「英語はイメージで覚えよう!」ということで、今回は「前の・以前の・かつての」などと訳したくなる英語8つを解説。「prior / previous / former / last / past / old / ex / preceding」すべてを使い分けるために・・・・Imagine!

↑合わせてチェック!

おわり。

↑「あらゆる単語の図鑑があればな〜〜〜!!」という子羊へのオススメ。

↑いわゆる「「「文法」」」を日本語で網羅しとくならコレでOK。

(同じカテゴリの記事をもっと見るならコチラ

英語は図・イラスト・イメージで覚えるべきなので、できない人に解説してみる
「英語はイメージで覚える!」と聞いて「なんか楽しそうだし、やってみよ!」と思ったら「イメージできないんだけど!!(泣)」なんて、悩んでしまった全てのあなたへ。必要なのは「英語をイメージで覚えるべき理由」を知った後「どうしてイメージできないのか」をチェックする。それだけです。
【現在122コ】英語の頻出単語をイメージで解説したリンクのすべて【更新中】
「英語はイメージで覚えよう!」ということで、現在までに作成・公開した記事へのリンクをまとめています。虎穴に入らずんば虎子を得ず。ネイティブレベルを目指して「日本語訳の丸暗記=日本人英語=ただの日本語」から脱却しちゃいましょう!

辞書からの引用の詳細

本記事には、Cambridge DictionaryおよびMerriam-Webster.com Dictionaryからの、定義又は例文の引用が含まれます。

  • “Before.” Cambridge dictionary, Cambridge University Press, https://dictionary.cambridge.org/dictionary/english/before. Accessed 9 Jun. 2019.
  • “Previously.” Cambridge dictionary, Cambridge University Press, https://dictionary.cambridge.org/dictionary/english/previously. Accessed 9 Jun. 2019.
  • “Before.” Merriam-Webster.com Dictionary, Merriam-Webster, https://www.merriam-webster.com/dictionary/before. Accessed 9 Jun. 2019.
  • “Previously.” Merriam-Webster.com Dictionary, Merriam-Webster, https://www.merriam-webster.com/dictionary/previously. Accessed 9 Jun. 2019.

引用箇所では省略して、辞書名をアンカーテキストとした該当URLへのリンクのみを明示しています。

タイトルとURLをコピーしました