頑張りたいアナタの強い味方。HACKengの使い方はコチラをタップ

英検とは?初心者の勉強・対策は?新型?基礎知識をすべて解説します

TOEIC・英検

英語の検定試験には様々なものがありますが、「英検」や「英語検定」と言う場合、それは公益財団法人日本英語検定協会が運営している「実用英語技能検定」略して「英検®︎」のことです。基本的に「国家資格」と「民間資格」の中間に位置する「公的資格」として扱われます。「英検」は要するにブランド名なので、履歴書などに書く時は「実用英語技能検定」と正式名称で書きましょう。

同協会は他にもいくつか、テストを運営していて、一覧にすると

  • 英検(実用英語技能検定)
  • 英検Jr(子供の英語耳を育てる)
  • 英検IBA(教育者用)
  • IELTS(海外留学・移住用)
  • BULATS(ビジネスマン向け総合英語)
  • GCAS(ビジネスマン向けSpeakingテスト)
  • TEAP(大学受験レベルの英語判定)

といった感じです。

今回は「日本英語検定協会の全体像」と「英検®︎」もとい「実用英語技能検定」についての基礎知識&各級の問題形式・おすすめの単語帳&参考書をまとめます。

おねえさん
おねえさん

目次をご活用ください♪

(※スマホの人は右下の「INFO」から、いつでも目次が見れます)

スポンサーリンク
  1. 初心者向け!英検の勉強と対策:日本英語検定協会とは?その概要
    1. 英検とは?
    2. 英検Jrとは?
    3. 英検IBAとは?
    4. IELTSとは?
    5. BULATSとは?
    6. GCASとは?
    7. TEAPとは?
    8. 結局どれを受験すれば良いの?TOEICは?
  2. 初心者向け!英検の勉強と対策:英検とは?「5級〜1級」まで全体の基礎知識
    1. 英検の実施回数&日程・会場
    2. 英検は2016年第1回から新形式問題
  3. 初心者向け!英検の勉強と対策:英検5級とは?基礎知識&問題構成
    1. 英検5級の問題構成
  4. 初心者向け!英検の勉強と対策:英検4級とは?基礎知識&問題構成
    1. 英検4級の問題構成
  5. 初心者向け!英検の勉強と対策:英検3級とは?基礎知識&問題構成
    1. 英検3級の問題構成
  6. 初心者向け!英検の勉強と対策:英検準2級とは?基礎知識&問題構成
    1. 英検準2級の問題構成
  7. 初心者向け!英検の勉強と対策:英検2級とは?基礎知識&問題構成
    1. 英検2級の問題構成
  8. 初心者向け!英検の勉強と対策:英検準1級とは?基礎知識&問題構成
    1. 英検準1級の問題構成
  9. 初心者向け!英検の勉強と対策:英検1級とは?基礎知識&問題構成
    1. 英検1級の問題構成
  10. 初心者向け!英検の勉強と対策:「級別」で、英検におすすめの単語帳・参考書
    1. 英検4級・5級におすすめの単語帳・参考書
    2. 英検3級・準2級・2級におすすめの単語帳・参考書
    3. 英検準1級におすすめの単語帳・参考書
    4. 英検1級におすすめの単語帳・参考書
    5. 公式サイトで直近3回分の過去問は無料
  11. 初心者向け!英検の勉強と対策:新型英検とは?
  12. 初心者向け!英検の勉強と対策:STEP英検とは?

初心者向け!英検の勉強と対策:日本英語検定協会とは?その概要

Printing1

日本英語検定協会は、文部省の答申を受け1963年に設立されました。同年8月に第1回英検を行なってから、日本の「英検」の地位を築いてきました。

英検とは?

日本で英語の検定試験と言ったら「TOEIC」か、この「英検」が一般的によく知られていますね。正式名称は「実用英語技能検定」で、「英検」という通称を使って良いのは、この試験だけです。協会がブランド名として、商標を取得しているからですね。今回はこの「英検」の各級の基礎知識をまとめます。

くまぁ
くまぁ

いちばんゆうめい。いちばんすごい。

英検Jrとは?

「子供の英語耳を育てる」というテーマで行われる「リスニングのみ」のテストです。英語を聞いて、イラストに○をつけていくというものですね。合否ではなく正答率を通知して、成長をサポートしてくれます。グループ受験の「ペーパー版」、個人でも可能な「オンライン版」、学校が申し込んで実施する「学校版」があります。

くまぁ
くまぁ

こどもよう。つまり、こどもむけ。

英検IBAとは?

IBAは「Institution Based. Assessment」の略です。30名以上の団体のみ申し込み可能で、英検の良質な問題を厳選して出題することで、より低価格で、簡易に「だいたいどのくらいの英語力か」を測ることができます。団体で学習成果を確認したり、英検受験級の決定に役立てることができます。

くまぁ
くまぁ

だんたいようってことだから、だんたいむけ

IELTSとは?

英語能力140カ国以上で10000以上の大学、機関、団体に採用されている、国際的な「Standardized Test」です。その認知度、信頼から「英語圏への海外留学・在住ならIELTS」という地位を築き、イギリス、オーストラリア、カナダ、ニュージーランドのほぼすべての高等教育機関で認められており、アメリカでも、アイビー・リーグを含む3,000以上の教育機関で採用されています。開発・運営は「British Council」「IDP Education」「Cambridge Assessment English」という面々です。日本国内での運営を日本英語検定協会が手伝っているという形です。

くまぁ
くまぁ

がいこくにいきたいひとがうけるやつ

おねえさん
おねえさん

努力は認めるから、黙っててくれ

BULATSとは?

The Business Language Testing Service」の略で、EUを中心に世界47カ国以上の企業や機関で採用されている、ビジネスコミュニケーションスキルの4技能を測るテストです。日本国内では、ケンブリッジ大学英語検定機構との提携の下、日本英語検定協会がより日本のニーズにマッチした形で開発、運営しています。現在は「オンライン受験のみ」で、原則「団体での申し込みのみ」となっています。

GCASとは?

Global Communication Assessment for Business」の略で、ケンブリッジ大学英語検定機構との長年の協働経験から、日本英語検定協会が開発・提供している「対面型スピーキングテスト」です。2018年9月現在、個人受験にはまだ対応していません。(2018年度中に対応予定とのこと)。

TEAPとは?

Test of English for Academic Purposes」の略で、外国語学部で有名な上智大学と日本英語検定協会が協力して開発しました。合否ではなくスコアで結果を出し、レベルは「英検準2級〜準1級程度」です。受験に利用されています。

結局どれを受験すれば良いの?TOEICは?

Seagull1

自分の目的に必要とされるものを受験しましょう。ただ「測定する英語力の範囲」が被っているテストで、どっちを選べばいいの?という話であれば「提出する先の会社・学校が、提出を求めている方」を受験しましょう。「一般的にこの試験のほうが良い会社・学校に入れる」なんてことは断定できません。

提出するのではなく、単純に「英語学習のモチベーションを高める」という目的なら、好きなものを好きなだけ受験しましょう。この世に存在する英語能力検定試験をすべてクリアした時、見える景色は…..ちょっと面白そうですねw

TOEICについてはこちらの記事で詳しく解説しています。

TOEICとは?試験対策は?初心者向けに基礎知識をすべて解説します
従来、日本で「TOEIC」と言うと「TOEIC Listening and Reading Test」のことを表します。しかしS&Wテスト、Bridgeテスト、IPテストを知っている人は少ないです。初心者の人はそうした情報から入り、対策、問題形式の基礎知識を知ることで、学習効率を高めましょう。

初心者向け!英検の勉強と対策:英検とは?「5級〜1級」まで全体の基礎知識

Brain1

英検には5級〜1級まで、合計7つの級が存在して、全て合否で判断されます。レベルをザッとまとめると

  • 1級 =「大学上級」程度
  • 準1級=「大学中級」程度
  • 2級 =「高校卒業」程度
  • 準2級=「高校中級」程度
  • 3級 =「中学卒業」程度
  • 4級 =「中学中級」程度
  • 5級 =「中学初級」程度

といった感じです。もちろん、日本の英語教育の中学・高校・大学レベルということです。自分の学習歴と照らし合わせて、各級を活用しましょう。

英検の実施回数&日程・会場

Conference1

英検はどの級かは関係なく「年に3回」実施されます。日程は多少前後しますが、

  • 第1回:6月(一次)、7月(二次)
  • 第2回:10月(一次)、11月(二次)
  • 第3回:1月(一次)、2月(二次)

上記が通例となっています。4級と5級に2次試験はありません。試験場所は

  • 本会場:全国約230都市、400会場+海外4都市
  • 準会場:団体受験申し込みで、団体が会場を用意
  • 中学・高校特別準会場:概ね同上

という感じです。準会場受験だと受験料が400〜500円安くなります。ただし、1級と準1級は本会場のみです。2次試験は全級本会場のみです。また、4級、5級で希望者が受験できるスピーキングテストはオンラインでの受験です。

あと、1級の二次試験だけ会場が少なくて、札幌・仙台・横浜・東京・新潟・名古屋・京都・大阪・広島・福岡・那覇の11都市のみとなっています。

英検は2016年第1回から新形式問題

2016年第1回から3級以外の全級で、問題形式が変更、リニューアルされました。過去問や参考書を買う時は気をつけましょう。(特に1級、準1級、2級のライティングテスト)

くまぁ
くまぁ

本を買うときは、出版年月日をしっかり確認

おねえさん
おねえさん

よくできました。

初心者向け!英検の勉強と対策:英検5級とは?基礎知識&問題構成

Eiken5

まず、基礎知識は

  • 問題文:日本語
  • 測定技能:RL(+S)
  • レベル:中学初級程度
  • 傾向:日常生活での家族や友達との会話
  • 問題数:50問(R:25問、L:25問)
  • 制限時間:45分(R:25分、L:20分)
  • 結果:CSEスコアで合否
  • 合格基準:419/850満点
  • 受験料:2500円

こんな感じです。リーディングとリスニングに合格すると5級獲得で、その合否に関係なく別でスピーキングの試験もオンラインで受験できます。スピーキングは試験時間約3分で、266/425満点で合格です。

英検5級の問題構成

リーディングの問題構成はこちら

  • Part1:短文の語句空所補充(15問)
  • Part2:会話文の文空所補充(5問)
  • Part3:日本文付き短文の語句整序(5問)

で、リスニングが

  • Part1:会話の応答文選択(10問)
  • Part2:会話の内容一致選択(5問)
  • Part3:イラストの内容一致選択(10問)

こんな感じです。もう少し具体的な対策は「英検各級におすすめの参考書、単語帳」のところで。

初心者向け!英検の勉強と対策:英検4級とは?基礎知識&問題構成

Eiken4

まず、基礎知識は

  • 問題文:日本語
  • 測定技能:RL(+S)
  • レベル:中学中級程度
  • 傾向:日常生活での家族や友達との会話
  • 問題数:65問(R:35問、L:30問)
  • 制限時間:65分(R:35分、L:30分)
  • 結果:CSEスコアで合否
  • 合格基準:622/1000満点
  • 受験料:2600円

こんな感じです。5級と同じく、リーディングとリスニングに合格すると4級獲得で、その合否に関係なく別でスピーキングの試験もオンラインで受験できます。4級のスピーキングは試験時間約4分で、324/500満点で合格です。

英検4級の問題構成

リーディングの問題構成はこちら

  • Part1:短文の語句空所補充(15問)
  • Part2:会話文の文空所補充(5問)
  • Part3:日本文付き短文の語句整序(5問)
  • Part4:長文の内容一致選択(10問)

で、リスニングが

  • Part1:会話の応答文選択(10問)
  • Part2:会話の内容一致選択(10問)
  • Part3:文の内容一致選択(10問)

こんな感じです。もう少し具体的な対策は「英検各級におすすめの参考書、単語帳」のところで。

初心者向け!英検の勉強と対策:英検3級とは?基礎知識&問題構成

Eiken3

まず、基礎知識は

  • 問題文:日本語
  • 測定技能:RLWS
  • レベル:中学卒業程度
  • 傾向:日常生活での家族や友達との会話+歴史&文化も
  • 問題数:61問(R:30問、W:1問、L:30問)
  • 制限時間:75分(RW:50分、L:25分)
  • 結果:CSEスコアで合否
  • 1次合格基準:1103/1650満点
  • 2次合格基準:353/550満点
  • 受験料:3800円

こんな感じです。

英検3級の問題構成

リーディング&ライティングの問題構成はこちら

  • Part1:短文の語句空所補充(15問)
  • Part2:会話文の文空所補充(5問)
  • Part3:長文の内容一致選択(10問)
  • Part4:英作文(質問への回答:1問)

で、リスニングが

  • Part1:会話の応答文選択(10問)
  • Part2:会話の内容一致選択(10問)
  • Part3:文の内容一致選択(10問)

こんな感じ。そして3級から始まる2次試験のスピーキングが約5分の個人面接で

  • 面接官は日本人1人(時々ネイティブ?)
  • 30語程度のパッセージを音読
  • 音読した内容の質問に答える
  • イラストについての質問に答える
  • 受験者自身についての質問に答える

こんな感じです。もう少し具体的な対策は「英検各級におすすめの参考書、単語帳」のところで。

初心者向け!英検の勉強と対策:英検準2級とは?基礎知識&問題構成

Eikensemi2

まず、基礎知識は

  • 問題文:日本語
  • 測定技能:RLWS
  • レベル:高校中級程度
  • 傾向:様々な話題
  • 問題数:68問(R:37問、W:1問、L:30問)
  • 制限時間:100分(RW:75分、L:25分)
  • 結果:CSEスコアで合否
  • 1次合格基準:1322/1800満点
  • 2次合格基準:406/600満点
  • 受験料:5200円

こんな感じです。

英検準2級の問題構成

リーディング&ライティングの問題構成はこちら

  • Part1:短文の語句空所補充(20問)
  • Part2:会話文の文空所補充(5問)
  • Part3:長文の語句空所補充(5問)
  • Part4:長文の内容一致選択(7問)
  • Part5:英作文(質問への回答:1問)

で、リスニングが

  • Part1:会話の応答文選択(10問)
  • Part2:会話の内容一致選択(10問)
  • Part3:文の内容一致選択(10問)

こんな感じ。そして2次試験のスピーキングは約6分の個人面接で

  • 面接官は日本人1人(時々ネイティブ?)
  • 50語程度のパッセージを音読
  • 音読した内容の質問に答える
  • イラストについての質問に答える
  • 受験者自身についての質問に答える

こんな感じです。もう少し具体的な対策は「英検各級におすすめの参考書、単語帳」のところで。

初心者向け!英検の勉強と対策:英検2級とは?基礎知識&問題構成

Eiken2

まず、基礎知識は

  • 問題文:日本語
  • 測定技能:RLWS
  • レベル:高校卒業程度
  • 傾向:様々な話題
  • 問題数:69問(R:38問、W:1問、L:30問)
  • 制限時間:110分(RW:85分、L:25分)
  • 結果:CSEスコアで合否
  • 1次合格基準:1520/1950満点
  • 2次合格基準:460/650満点
  • 受験料:5800円

こんな感じです。

英検2級の問題構成

リーディング&ライティングの問題構成はこちら

  • Part1:短文の語句空所補充(20問)
  • Part2:長文の語句空所補充(6問)
  • Part3:長文の内容一致選択(12問)
  • Part4:英作文(指定トピックについて:1問)

で、リスニングが

  • Part1:会話の内容一致選択(15問)
  • Part2:文の内容一致選択(15問)

こんな感じ。そして2次試験のスピーキングは約7分の個人面接で

  • 面接官は日本人1人(時々ネイティブ?)
  • 60語程度のパッセージを音読
  • 音読した内容の質問に答える
  • イラスト(3コマ)の展開説明
  • 受験者自身についての質問に答える

こんな感じです。もう少し具体的な対策は「英検各級におすすめの参考書、単語帳」のところで。

初心者向け!英検の勉強と対策:英検準1級とは?基礎知識&問題構成

Eikensemi1

まず、基礎知識は

  • 問題文:英語
  • 測定技能:RLWS
  • レベル:大学中級程度
  • 傾向:社会性も関係する様々な話題
  • 問題数:71問(R:41問、W:1問、L:29問)
  • 制限時間:120分(RW:90分、L:30分)
  • 結果:CSEスコアで合否
  • 1次合格基準:1792/2250満点
  • 2次合格基準:512/750満点
  • 受験料:6900円

こんな感じです。

英検準1級の問題構成

リーディング&ライティングの問題構成はこちら

  • Part1:短文の語句空所補充(25問)
  • Part2:長文の語句空所補充(6問)
  • Part3:長文の内容一致選択(10問)
  • Part4:英作文(指定トピックについて:1問)

で、リスニングが

  • Part1:会話の内容一致選択(12問)
  • Part2:文の内容一致選択(12問)
  • Part3:Real-Life形式の内容一致選択(5問)

こんな感じ。そして2次試験のスピーキングは約8分の個人面接で

  • 面接官は日本人1人(時々ネイティブ?)
  • 自由会話(普段何してる、どこに住んでる、どうやって来た等)
  • ナレーション(4コマの展開説明)
  • イラストに関連した質疑応答
  • カードのトピックに関連した質疑応答
  • そこから更に広げて社会性のある内容の質疑応答

こんな感じです。もう少し具体的な対策は「英検各級におすすめの参考書、単語帳」のところで。

初心者向け!英検の勉強と対策:英検1級とは?基礎知識&問題構成

Eiken1

まず、基礎知識は

  • 問題文:英語
  • 測定技能:RLWS
  • レベル:大学上級程度
  • 傾向:社会性のある様々な話題
  • 問題数:69問(R:41問、W:1問、L:27問)
  • 制限時間:135分(RW:100分、L:35分)
  • 結果:CSEスコアで合否
  • 1次合格基準:2028/2550満点
  • 2次合格基準:602/850満点
  • 受験料:8400円

こんな感じです。

英検1級の問題構成

リーディング&ライティングの問題構成はこちら

  • Part1:短文の語句空所補充(25問)
  • Part2:長文の語句空所補充(6問)
  • Part3:長文の内容一致選択(10問)
  • Part4:英作文(指定トピックについて:1問)

で、リスニングが

  • Part1:会話の内容一致選択(10問)
  • Part2:文の内容一致選択(10問)
  • Part3:Real-Life形式の内容一致選択(5問)
  • Part4:インタビューの内容一致選択(2問)

こんな感じ。そして2次試験のスピーキングは約10分の個人面接で

  • 面接官は2人(ネイティブと日本人1人ずつ)
  • 自由会話(普段何してる、どこに住んでる、どうやって来た等)
  • カードに書かれたトピック5つから1つ選んでスピーチを考える(1分)
  • 実際にスピーチをする(2分)
  • スピーチ自体や関連した内容で質疑応答(残った時間全部)

こんな感じです。もう少し具体的な対策は「英検各級におすすめの参考書、単語帳」のところで。

初心者向け!英検の勉強と対策:「級別」で、英検におすすめの単語帳・参考書

Robot1

と言っても「パス単買っとこ」「過去問やろ」でほぼ終わりなんですが…w というのも、まず最初に英語学習の全体像を理解してしまえば、あとやるべきは「本当に必要な学習」+「英検という試験への対策」だけだからですね。詳しくはこちらの記事

オススメの英語学習方法。上達の秘訣・時間、すべて答えます
「オススメの英語学習方法」とは何か。それを考えるには「正しい英語学習方法」とは何かを知ればOKです。今回は「この世で唯一、絶対的に正しいと思われる英語学習方法」から「上達の秘訣・時間」まで、英語学習の全体像を解説します。あなたの幻想をすべて、ぶち壊しましょう。

を読んで欲しいのですが、そうした「根本+α」でおすすめの書籍を紹介していきます!

英検4級・5級におすすめの単語帳・参考書

↑これが「でる順パス単」という、正直「試験だし、これやれば万事解決ですよ」という必須シリーズです。単語だけで言えば「パス単知ってれば受かるし、知らなかったら受からない」というのが常識です。

↑過去問はこれです。リスニングのCDは別で買いましょう。

↑こんな感じでパス単と過去問セットでも売ってますね。お得です。初心者セットどころの騒ぎではないですね。普通にこれで学習が完結すると思います。

↑4級や5級だと、まだまだ英語学習自体に慣れていないかと思います。しかし、そんな状態でこそ、こうした漫画などを使って「楽しく英語学習することに慣れるべきです。

この「君の名は」はバイリンガル版とある通り、英語学習用に作られた一冊です。具体的には、全編英語に翻訳されていて、巻末には「この巻で注目の英語」が日本語で解説されています。

また、HACKengでは「洋楽」を使って、楽しく「英語の音」を学ぶことを勧めています。こちらの記事で詳しく解説しました。

【3選】洋楽で英語を勉強したとしても効果が出ない人のパターンと、正しい方法をまとめる
「英語の勉強なら洋楽を使え!!」ときいて、飛びついてしまった人。少なくとも、あなたには向いていません。というわけで、今回は「洋楽を使って英語を勉強したとして、効果がでない人のパターン」と「じゃあ、具体的にどうしたらいいの?」という方法まで、セットでまとめます。

あと、対面型の面接であれば「話す時の姿勢、声の調子」といった「attitude」も、無視できない要素です。そこに自信がない人向けにボイトレの記事も書きましたので、紹介したスクールは都内のものですが、考え方を知るのに、おすすめの記事です。

【無料体験談】Beeミュージックスクールのボイトレで英語発音改善?
Beeミュージックスクール、ボイススクールの無料体験レッスンに行ってきたら最高だったし、英語のスピーキングのレベルアップにもつながる使い方ができそうだと思ったので、体験談を交えながら、おすすめする理由、メリット・デメリット・基本的なシステム等をすべてまとめました。

 

くまぁ
くまぁ

最初から最後まで、楽しくないとダメ!

英検3級・準2級・2級におすすめの単語帳・参考書

↑まあまず、パス単&過去問は必須ですね。2級だけ貼っときます。他級はリンクから飛んで検索検索ぅ!(激しく古いギャグ)。

↑ここらへんから、こうした良書を使ってある程度の知識を網羅していけば良いと思います。この「一億人の英文法」はとても人気の高い1冊で、個人的にもこれ1冊やったらもう文法はやらなくて良いと思います。(理由は英語学習の全体像の記事で解説しました)

↑「1億人の英文法」が少し難しいと感じた人は、この「マンガでわかる」シリーズがおすすめです。苦手な人が多い時制・仮定法に加え、他にも「動詞・英会話フレーズ・前置詞・冠詞・形容詞・副詞」があるので、このシリーズを全部やるのもまた、「それで全部済む」感があります。

英検準1級におすすめの単語帳・参考書

↑まあまずこれですね。「パス単!過去問!以上!」って感じです。

↑ここらへんのレベルで「合格できない」と悩んでいるなら、こういう単語帳もやっておいて損はないかと思います。特に下の「Opinion」は、名前の通り「英語での議論」を長めの文章ややりとりを通して学べる1冊です。2016年のリニューアルで、準1級のライティングは「サジェストワードありの社会的なエッセイ」に変わった(以前の英検1級の形式)ので、そこへの対策も必要になってきます。

上のDuoは、もっと口語的で「大学入試で使える英語」という感じですが、そこが抜け落ちているのも、準1級で苦戦する原因になり得るでしょう。そういう意味でおすすめです。

↑で、ライティングの教材を買う場合は、こうした「2016年の変更以降に出版されたもの」を選びましょう。

↑「英語で英語を学ぶ」ことから逃げるのは、早いうちにやめたほうが良いですね。英語で英語の文法を学ぶなら、このシリーズ。この青いのは「Intermediate Learners」向けです。

英検1級におすすめの単語帳・参考書

↑もう、英検1級こそが「パス単買っとこ」「過去問やっとこ」の極みです。

準1級くらいまでは基礎的な英語力で、結構かぶる部分も多いと思います。が、ここらへんからは結構住み分けがはっきりしてくるというか「英検1級に受かりたかったら、英検1級の単語やろうよ」が全てになってくるよなあ、と。TOEFLならTOEFLの範囲やれば良いし、IELTSならIELTSの範囲やれば良いし、みたいな。

でもそれはつまり、ここらへんのレベルになってようやく「本当の意味での英語力」が問われ始めるからかと思います。英語の基礎知識を知ってるか知らないかではなく、「どれだけ速く、ナチュラルに英語が運用できるか」という「Proficiency」の測定になってくるわけですね。

ここへの批判うんぬんもよくありますが、言語は思考とその伝達を助けるもので、2つは切っても切り離せませんよね。知識もまた、思考力とつながっています。なので、英語力を測るテストで相応の知識と思考力が求められるのは、普通だと思います。

むしろ中途半端に思考部分を制限するほうが良くないかなあと。それが原因でただの暗記になるんでしょうね。

そこをよく理解せず「英語オタク」だなんだ言う人もいるんだと思いますが….w ここからが英語の4技能、「RLSW」という英語の運用能力の測定なんだと理解して、粛々と自分をレベルアップさせていきましょう。

↑と、いうことろで、こうした「英語で英語の運用が学べる本」が絶対に避けられなくなってきます。実際に英語を運用して、英語の運用方法を学ぶことでのみ、本当の英語運用能力が付いてくるでしょう。頑張りましょう。

まあ、正直この2つとかがあまり分からなくても、最悪英検1級には全然合格できますが。「ただ合格するだけ」なら、2次試験で、上の「Pros and Cons」ほど詳しい話をする必要は全くありませんし、完璧な標準英語のアクセントを習得する必要もありません。話し方とか態度でごり押しすれば、割と押し切れたりします。

「英語の試験を利用しつつ、本当の英語力を鍛えていく」という意味で、これらの本に挑戦してください。

英検はとても良い試験だと思います。が、結局、試験は試験でしかないので「試験に合格すること」自体が目的になるのは間違っています。「英語を使って、知りたいことを知って、伝えたいことを伝えること」が、ちゃんと目的になっているか、確認しましょう。

 

くまぁ
くまぁ

まあ、みんなそこから始めてるからね。

公式サイトで直近3回分の過去問は無料

ちなみに、英検の公式サイトへ行けば、直近3回分まで、無料で過去問をDLできますよ。まあ過去問と解答だけで、解説はないので、解説が欲しい人はここまでに紹介した本を買いましょう。

くまぁ
くまぁ

節約節約ぅ!

初心者向け!英検の勉強と対策:新型英検とは?

新型英検」というワードをニュースで聞いたかもしれませんが、大学入試をする人以外、全く関係ありません。今まで獲得した英検のスコアはずっと有効ですし、これからも今まで通りの英検を受験できます。

具体的には、「1次試験不合格者のスピーキング能力を測定しないことが原因で、大学入試英語成績提供システムに英検が使用できない」のが嫌だった日本英語検定協会が、入試に利用できるようなシステムを用意した、というだけの話です。

つまり、英検の問題内容・難易度が変更されたわけではなく、従来の英検やその獲得者には、なんの問題も起きない、ということです。ちなみにシステム上どんな違いがあるかというと、1日で4技能すべて測定する方式において「スピーキングが全級録音式」になって「2〜3級のライティングがタイピング式」になったりするようです。

スマホの時代でキーボードの是非が問われる中のタイピング式に、より正確な時間感覚が求められる録音式…..。どう捉えるかは、あなた次第ですw (個人的にはタイピングは歓迎だけど、Sは対面のが良いなあw)

くまぁ
くまぁ

まあ、人力だと時間とか場所とかリソース的な限界があるから、仕方ないね。

初心者向け!英検の勉強と対策:STEP英検とは?

STEP英検はもう、むしろ聞いたことない人のが多いかもしれませんが、一応書いておきます。

と言っても、日本英語検定協会の旧称が「The Society for Testing English Proficiency」で、それを略してSTEP、英検のことをSTEP英検と呼んでいただけですね。名前が変わっただけです。

今では国内の英語検定の中で確かな地位を確立し、「英検」という名前の商標も取ったので、無印の「英検」となったわけですね。

おねえさん
おねえさん

以上です!

くまぁ
くまぁ

おわり

おわり。

(同じカテゴリの記事をもっと見るならコチラ

タイトルとURLをコピーしました