頑張りたいアナタの強い味方。HACKengの使い方はコチラをタップ

TOEICの日程(SW, IP等も)申し込み期限、会場変更など総まとめ【2018】

TOEIC・英検

TOEICの公式サイトや他のサイトでも情報は探せますが、色々しっちゃかめっちゃかで探しにくかったりするので、まとめておきます。

あと1ミリも分からなかった部分を直接協会に問い合わせたりしましたw

ということで、今回は「TOEIC LR, SW, S, IPテスト」の日程、申し込み期限、追加申し込み、日程&会場変更、キャンセルなどまとめです。

くまぁ
くまぁ

TOEICシステムのすべてをここに置いた。世はまさに大TOEIC時代!

(※スマホの人は右下の「INFO」から、いつでも目次が見れます)

スポンサーリンク

TOEICの日程まとめ(2018〜2019)

Toeicnittei1

まずは日程のまとめです。

TOEIC(LR)の日程(2018〜2019)

TOEIC(LR)は年10回(1・3・4・5・6・7・9・10・11・12月)全国約80都市で実施されます。2018年度は

  • 第229回:2018年-04月08日
  • 第230回:2018年-05月20日
  • 第231回:2018年-06月24日
  • 第232回:2018年-07月29日
  • 第233回:2018年-09月09日
  • 第234回:2018年-10月28日
  • 第235回:2018年-11月18日
  • 第236回:2018年-12月09日
  • 第237回:2019年-01月13日
  • 第238回:2019年-03月10日

毎年こんな感じで実施されます。LRの公開テストはすべて日曜日ですね。この先はまだ公開されていません。

TOEIC(SW)の日程(2018〜2019)

TOEIC(SW)は年24回(1日2回×12回)実施されています。通常14都道府県くらいから選択して申し込めます。回によって前後しますが、前回の会場総数は33会場ほどだったそうです。

現在、今年のデータは7月分からしか残っていませんが、年間の日程をまとめると

  • 2018年-07月01日
  • 2018年-08月05日
  • 2018年-09月16日
  • 2018年-10月14日
  • 2018年-11月04日
  • 2018年-12月02日
  • 2019年-01月20日
  • 2019年-02月17日
  • 2019年-03月17日

こんな感じで毎年、毎月、午前・午後で1日2回実施されています。すべて日曜日です。

TOEIC(S)の日程(2018〜2019)

TOEIC(S)の日程は、基本TOEIC(SW)と同じです。ただ、1日に4回実施の年間48回となっています。

例えば「09:45〜、11:45〜、13:45〜、15:45〜」という感じです。

ちなみに、会場はSWテストと重複するものがいくつかと、全く別の会場もあるとのことです。

TOEIC(Bridge)の日程(2018〜2019)

TOEIC(Bridge)は年4回(3・6・9・11月)全国13都市(札幌・宮城・埼玉・千葉・東京・神奈川・愛知・京都・大阪・兵庫・岡山・広島・福岡)で実施されます。1受験地に1会場あるそうです。

  • 第68回:2018年-09月02日
  • 第69回:2018年-11月04日
  • 第70回:2019年-03月17日

TOEIC(IP)の日程(2018〜2019)

TOEIC(IP)の日程は実施する団体が決定します。所属団体に問い合わせましょう。

TOEICの申し込み期限まとめ

Toeickigen

次に申し込み期限のまとめです。TOEICの申し込み方法についてはこちらの記事で詳しくまとめています。

スマホでのTOEIC申し込み方法!オンラインのお得POINT(PCも)
TOEICでは、オンラインでの申し込みとオフラインでの申し込みが可能です。今回はスマホサイト・L&Rテストを例に、オンライン申し込みの手順、お得なポイント&注意点を解説します。パソコンも同じ手順でOKです。申し込みで失敗しないことが、TOEIC対策の始まりですね。

TOEIC(LR)の申し込み期限

TOEIC(LR)の申し込み期限は基本1ヶ月ちょい前くらいですね。

  • 第229回:2018年-04月08日 => 2018年-02月27日
  • 第230回:2018年-05月20日 => 2018年-04月03日
  • 第231回:2018年-06月24日 => 2018年-05月15日
  • 第232回:2018年-07月29日 => 2018年-06月19日
  • 第233回:2018年-09月09日 => 2018年-07月24日
  • 第234回:2018年-10月28日 => 2018年-08月28日
  • 第235回:2018年-11月18日 => 2018年-10月09日
  • 第236回:2018年-12月09日 => 2018年-10月30日
  • 第237回:2019年-01月13日 => 2018年-12月11日
  • 第238回:2019年-03月10日 => 2019年-01月29日

すべて15時までです。申し込み期間は1ヶ月前後(±1週間くらい)です。

TOEIC(SW)の申し込み期限

TOEIC(SW)の申し込み期限は基本2週間前くらいですね。

  • 2018年-07月01日 => 2018年06月15日
  • 2018年-08月05日 => 2018年07月20日
  • 2018年-09月16日 => 2018年08月31日
  • 2018年-10月14日 => 2018年09月28日
  • 2018年-11月04日 => 2018年10月19日
  • 2018年-12月02日 => 2018年11月16日
  • 2019年-01月20日 => 2018年01月04日
  • 2019年-02月17日 => 2019年02月01日
  • 2019年-03月17日 => 2019年03月01日

すべて15時までです。申し込み期間は1ヶ月前後(±1週間くらい)です。

TOEIC(S)の申し込み期限

TOEIC(S)は申し込み期限・期間もTOEIC(SW)と同じです。

TOEIC(Bridge)の申し込み期限

TOEIC(Bridge)の申し込み期限は基本1ヶ月前くらいですね。

  • 第68回:2018年-09月02日 => 2018年08月02日
  • 第69回:2018年-11月04日 => 2018年10月04日
  • 第70回:2019年-03月17日 => 2019年02月07日

これもすべて15時締切りです。申し込み期間は約2ヶ月か3ヶ月のようです。

TOEIC(IP)の申し込み期限

TOEIC(IP)は申し込み期限もあなたの所属団体に問い合わせましょう。

TOEICの追加申し込みまとめ

Toeictsuika

追加申し込みのまとめです。受験料が2000〜3000円くらい高くなって、支払いはクレジットカードのみになります。

TOEIC(LR)の追加申し込み

TOEIC(LR)では追加申し込みがありません。申し込み忘れを防ぐために、申し込み期間お知らせメールを受け取る設定で、TOEIC SQUAREに登録しておきましょう。

TOEIC(SW)の追加申し込み

TOEIC(SW)では、締切り後に空席がある場合に追加申込できます。通常「締切りの3日後から1週間」受付されます。

  • 2018年-10月14日 => 2018年09月28日

ーーー追加申し込み:2018/10/1(月)10:00~2018/10/9(火) 正午12:00

↑例えば18/10/14(日)開催の追加申し込みはこんな感じです。受験料は10,260円(税込)が12,960円(税込)になります。

TOEIC(S)の追加申し込み

TOEIC(SW)と同じです。受験料は6,804円(税込)が8,586円(税込)になります。

TOEIC(Bridge)の追加申し込み

TOEIC(Bridge)も追加申し込みはありません。年4回なので忘れずに申し込むようにしましょう。

TOEIC(IP)の追加申し込み

所属団体に問い合わせましょう。

TOEICの日程&会場の変更まとめ

Toeichenkou

日程&会場の変更のまとめです。この手数料の支払いはクレジットカードのみになります。

TOEIC(LR)の日程&会場の変更

TOEIC(LR)では日程は変更できません。会場のほうは、急な引っ越しなどの理由で「受験地」の変更ができます。ただし席数に余裕がある場合のみです。そして「試験会場」を変更することはできません。

変更を希望する時、申し込み期限前の場合は

オンライン申し込み  => TOEIC SQUAREの「申し込み履歴」から変更

コンビニ端末申し込み => 早めに試験運営センターへ問い合わせる

 

です。申し込み期限が過ぎてから、変更したい場合は「試験日の18日前(水曜日)から4日前(水曜日)の17時まで」に試験運営センターへ問い合わせましょう。(同日が祝日の場合前後します)

変更できるケースとできないケースが明記されているので、引用します。

  • 変更できるケース=>申込時に東京を選び、受験票で東京の○○会場を通知されたが、試験の1週間前に、試験当日は出張で大阪にいることになったため、大阪へ受験地を変更する
  • 変更できないケース=>受験票で案内された大阪の○○会場ではなく、友人・家族が受験する、大阪の△△会場へ変更を希望する。

引用:http://www.iibc-global.org/toeic/test/lr/guide02_01.html#anchor04

TOEIC(SW)の日程・時間&会場の変更

TOEIC(SW)では、申込期間中に「試験日変更」「時刻/会場変更」ができます。ただし変更手数料が2,700円(税込)かかります。

TOEIC SQUAREの「申し込み履歴」から手続きしましょう。

TOEIC(S)の日程&会場の変更

基本TOEIC(SW)と同じです。Sテストの変更手数料は1,782円(税込)です。

TOEIC(Bridge)の日程・時間&会場の変更

TOEIC(LR)と同じ感じで、「試験会場」は変更できないが「受験地」は変更可能とのことです。 期間ですが、第69回を例にすると

  • 第69回:2018年-11月04日 => 2018年10月04日

ーーー追加申し込み:2018/10/17~2018/10/31

こんな感じとのことです。

TOEIC(IP)の日程&会場の変更

所属団体へ(ry

TOEICのキャンセル・取り消しまとめ

Toeictorikeshi

最後にキャンセルのまとめです。

TOEIC(LR)のキャンセル

TOEIC(LR)をキャンセルすることはできません。一応細かい部分を引用します。

受験要領にてご案内しておりますとおり、決済手続きを完了したお申し込みの「取消し」「受験料の返金」「試験日・申込者の変更」はできません。なお、コンビニエンスストアでのお支払いを選択され、支払期限(申込日を含めて3日間)までに、受験料をお支払いいただけなかったお申し込みは「無効」となります。

引用:http://www.iibc-global.org/toeic/member_entry_faq/lr.html

TOEIC(SW)のキャンセル

TOEIC(SW)では、申込期間中に限り、キャンセルできます。ただし変更手数料が5,000円かかります。

TOEIC(S)のキャンセル

TOEIC(SW)と同様、申込期間中に限り、キャンセルできます。手数料は3,150円です。

TOEIC(Bridge)のキャンセル

TOEIC(LR)と同様です。できません。

TOEIC(IP)のキャンセル

しょぞ(ry

以上。ストレスフリーなTOEICライフを!

Freedom3

TOEICとは?試験対策は?初心者向けに基礎知識をすべて解説します
従来、日本で「TOEIC」と言うと「TOEIC Listening and Reading Test」のことを表します。しかしS&Wテスト、Bridgeテスト、IPテストを知っている人は少ないです。初心者の人はそうした情報から入り、対策、問題形式の基礎知識を知ることで、学習効率を高めましょう。

↑ストレスフリーなTOEICの基礎知識

【無料体験談】Beeミュージックスクールのボイトレで英語発音改善?
Beeミュージックスクール、ボイススクールの無料体験レッスンに行ってきたら最高だったし、英語のスピーキングのレベルアップにもつながる使い方ができそうだと思ったので、体験談を交えながら、おすすめする理由、メリット・デメリット・基本的なシステム等をすべてまとめました。

↑ストレスフリーなスピーキング上達

オススメの英語学習方法。上達の秘訣・時間、すべて答えます
「オススメの英語学習方法」とは何か。それを考えるには「正しい英語学習方法」とは何かを知ればOKです。今回は「この世で唯一、絶対的に正しいと思われる英語学習方法」から「上達の秘訣・時間」まで、英語学習の全体像を解説します。あなたの幻想をすべて、ぶち壊しましょう。

↑ストレスフリーな英語学習方法のすべて

くまぁ
くまぁ

以上だね。

おわり。

(同じカテゴリの記事をもっと見るならコチラ

タイトルとURLをコピーしました