SNSシェア歓迎!最新記事を見るためにページを更新!詳しくはココから

getの意味・使い方は?句動詞・イディオムも! | イメージ・イラストで覚える英単語・フレーズ

スポンサーリンク
イメージ辞書

(当シリーズは、妥当性のある完成した言語学の理論やその研究等とは一切関係なく、単に「このくらいの共通項をイメージしておけば覚えやすいよね」と思う抽象的な感覚を「フレーズまとめ」のような形をとってシェアするものです。故に、言い切りに近い形は「正しい」ことではなく「自分の中で確信している度合いが高い」ことを意味します。あしからず。主に「Cambridge Dictionary」「Merriam-Webster」「ONLINE ETYMOLOGY DICTIONARY」を参考に作成しております。)

HACKengの「イメージ・イラストで覚える英単語・フレーズ」シリーズ。

今回は「get」です。

日本語訳の丸暗記では、いつまで経っても

英語ができるようにはなりません。

イメージを掴みましょう。

(※スマホの人は右下の「INFO」から、いつでも目次が見れます)

スポンサーリンク

getの「手に入れる≒到達する」イメージを抽象的にとらえてみよう!

Get meaning image1

  • obtain
  • reach
  • become ill with
  • start to be
  • cause
  • be
  • move
  • travel
  • deal with
  • have chance
  • understand/hear
  • prepare
  • pay
  • confuse
  • annoy
  • emotion
  • hit

Cambridge Dictionaryで調べると、こうしたワードに関する意味・言い換えがヒットしますが・・・・・getのイメージは「手に入れる(≒到達する、ある状態にする・なる)」ことですね。

とにかく様々な「手に入れる(≒到達する)」に使えるgetですが、例えば「I’ll get this one.」と言えば当然「お金払って、これ買います。」という表現になれたりするわけです。

まあ、日本語だって変わりませんが「言葉の意味は状況にしか存在しない」という言語の本質が、ガンガンに表出します。マスターすればレベルアップ間違いナシ!

getの変化・発音・シラブル・アクセント・語源・派生語・類義語は?

■ getの変化(conjugation)

  • gets(in the 3rd person)
  • got(preterite)
  • gotten(アメリカ英語)got(イギリス英語)(past participle)
  • getting(continuous・present participle)

■ getの発音(pronunciation)

■ getのシラブル・アクセント(syllable・accent)

  • get

■ getの語源(origin・History and Etymology)

■ getの主な派生語(derivatives)

  • gettable

■ getの主な類義語(synonyms)

  • obtain
  • gain possession of

おさえたい!getの用例(1選):分かったよ。の「got it」

で、こういう動詞の場合、ヒットした定義を全部洗っていくよりは、頻出の用例や句動詞・イディオムの例文で「文脈から読み取る力」を鍛えたほうが役立つと思うので、そういう感じで解説していきます!

Marian Hill – Got It (Audio)

日本語では「行く」だの「着く」だの「なる」だの訳されるgetですが、日本語で考えた時点で負けです。そうではなく、英語で「reach」だの「arrive」だの「become」だの言いかえつつ「結局、getのコア・イメージは手に入れる(≒到達する)なんだな〜〜!!!」と理解すれば良いわけです。

まあ、そういう用例を全部挙げてたらキリがないので割愛いたしまして、とりあえず知らなきゃ損するgetの表現ランキング、第一位が・・・・

I got it.

ーーー「分かった・分かりました」

You got it.

ーーー「(相手の頼みを)了解」

↑コチラ。とりあえず「分かった(理解した・了解した)」と言いたい時に。本当に、これらの3ワードだけで文脈を判断することはできない、ということだけ気をつけましょう。

例えば、I got it!は「やったぜ!」とか「買ったんだぜ!」とか色々な意味になり得ますよね。「手に入れる・到達する」から連想できない表現はないので、Imagine!

使役動詞の make / let / have / get等の違いは?イメージで使い分けよう!
「英語はイメージで覚えよう!」ということで、今回は「make / have / let」に始まり「help・cause・force・bid・enable・allow・permit・encourage・persuade・drive・compel・oblige・invite・tempt・require」という「使役動詞(causative verbs)」と愉快な仲間達の違いをチェックしていきましょう。

↑ちなみに、使役の用法はコチラを参考に・・・・・

↓↓↓困ったら、英英辞書!基本、何もかも書いてありますからね!↓↓↓

Definition of GET
to gain possession of; to receive as a return : earn; to obtain by concession or entreaty… See the full definition
GET | meaning in the Cambridge English Dictionary
get definition: 1. to obtain, buy, or earn something: 2. to receive or be given something: 3. to go somewhere and…. Learn more.

getを使った句動詞(phrasal verb)やイディオム(Idiom)でイメージをチェック!

あと、基本動詞でおさえておきたいのが句動詞(phrasal verb)やイディオム(Idiom)ですよね。

  1. get up
  2. get down
  3. get over
  4. get on
  5. get off
  6. get in
  7. get out
  8. get through
  9. get away
  10. get along
  11. get across
  12. get around
  13. get at
  14. get back

↑というわけで、getを使った主な句動詞・イディオムがコチラ。getの「手に入れる」イメージから、Imagineしちゃいましょう。

これも当然、文脈至上主義が正義です。例えば、get atの「What are you getting at!?」とか、文脈を知らないと意味は想像しにくいですよね。基本、文脈がわかるように引用していますが、全文を読む中で出会うほうがいいのも当然です。気になった話があれば、各リンクから多読デビュー!

結局、英語のイディオムって何?句動詞・コロケーションとの違いまで、まとめてみる
「英語がペラペラになるためには、イディオムが鍵だ!」なんて文句を聞いたことがあるあなたへ。「句動詞・コローケーション」との違いも、知ってますか?・・・ということで、今回は「熟語・慣用句・連語」という日本語の定義まで調べて、まとめました。合言葉は「出会ったら覚える」です。

(↑便宜上、句動詞・イディオム・その他の分類はテキトーです。詳しくはコチラを参考に!)

【現在114コ】英語の頻出単語をイメージで解説したリンクのすべて【更新中】
「英語はイメージで覚えよう!」ということで、現在までに作成・公開した記事へのリンクをまとめています。虎穴に入らずんば虎子を得ず。ネイティブレベルを目指して「日本語訳の丸暗記=日本人英語=ただの日本語」から脱却しちゃいましょう!

↑前置詞・副詞のイメージはコチラからチェック!

違いは?句動詞やイディオムの意味・イメージ①:get up

Get meaning image2

つまりは「up」というイメージ・状態を「手に入れる」みたいに連想したり、イメージを足し算してみると良いでしょう。

Lots of people set the alarm with the best of intentions, knowing that’s the time they need to get up to meet the day’s demands. —— But then the alarm clock seems to ring way before they’re ready to rise, so they’re hitting snooze and, eventually, running late.

↑言い換えれば「stand up」「dress up」といった表現に使われる句動詞(phrasal verb)が、get upです。

違いは?句動詞やイディオムの意味・イメージ②:get down

Get Down

つまりは「down」というイメージ・状態を「手に入れる」みたいに連想したり、イメージを足し算してみると良いでしょう。なので「Let’s get down to business.(本題に入ろう)」とかもあるわけですが・・・

銀行強盗が銃を突きつけて「Get Down!」と言えば「伏せろ」みたいな意味になるところを、スラングでは「楽しめ!音楽にノれ!」みたいな意味でも使えるんだぜ〜〜〜〜、というギャグ動画が面白かったのでシェアw

違いは?句動詞やイディオムの意味・イメージ③:get over

Get meaning image3

つまりは「over」というイメージ・状態を「手に入れる」みたいに連想したり、イメージを足し算してみると良いでしょう。

Unfortunately, there is no perfect formula to determine exactly how long it takes you to get over a breakup — even though some studies claim to have found it.

↑壁や問題を「乗り越える」「move on」などの表現に使われる句動詞(phrasal verb)が、get overです。

違いは?句動詞やイディオムの意味・イメージ④:get off

Get meaning image4

つまりは「off」というイメージ・状態を「手に入れる」みたいに連想したり、イメージを足し算してみると良いでしょう。

You tend to get pretty good at that, because if you don’t manage to get off, you’re going to the next station whether you want to or not.

↑普通に「降りる」という表現に使える句動詞(phrasal verb)が、get offです。

あとは「avoid punishment – (重い)罰を逃れる」みたいな意味でも使えたり、スラングで「(ドラッグ・性行為的な意味で)ハイになる」という使い方も。

違いは?句動詞やイディオムの意味・イメージ⑤:get on

Get meaning image5

つまりは「on」というイメージ・状態を「手に入れる」みたいに連想したり、イメージを足し算してみると良いでしょう。

Once you get on the train, move to the sides of the car to free up space in the middle. Yes, it might get very crowded, and you might find yourself closer to people than you’re used to, but that’s train life.

↑「乗る」という表現に使える句動詞(phrasal verb)が、get onです。イギリス英語では「get along(with)」を「get on(with)」と言ったりも。

違いは?句動詞やイディオムの意味・イメージ⑥:get in(into)

Get meaning image6

つまりは「in(into)」というイメージ・状態を「手に入れる」みたいに連想したり、イメージを足し算してみると良いでしょう。

After several years of hype about autonomous vehicles – cars that can truly independently drive themselves – the big question has become: when will people other than beta testers get in them?

↑「入る」「入るに近い、乗る」という表現に使える句動詞(phrasal verb)が、get in(into)です。

get onとの違いは、そのままonとin(into)の違いなわけですが「バス・船・電車」といった、乗って歩き回れるような大きな乗り物は、get on。「車・ボート」といった乗り物なら、get in(into)です。

違いは?句動詞やイディオムの意味・イメージ⑦:get out

Get meaning image7

つまりは「out」というイメージ・状態を「手に入れる」みたいに連想したり、イメージを足し算してみると良いでしょう。

Someone on the same work schedule may be able to call you when you need to get out of bed in the morning.

↑どこから「out」するんだということで「of」を添えつつ「出る・離れる」といった表現に使われる句動詞(phrasal verb)が、get outです。「Get out of here!!!!!」なんて、映画でよく聞きますよね。

違いは?句動詞やイディオムの意味・イメージ⑧:get through

Get meaning image8

つまりは「through」というイメージ・状態を「手に入れる」みたいに連想したり、イメージを足し算してみると良いでしょう。

Analgesics struggle to get through clinical trials as the response to sham treatments has become stronger

↑普通に「通過する」という意味に始まり「乗り切る」「やりきる」などの表現に使われる句動詞(phrasal verb)が、get throughです。

違いは?句動詞やイディオムの意味・イメージ⑨:get away

Get meaning image9

つまりは「away」というイメージ・状態を「手に入れる」みたいに連想したり、イメージを足し算してみると良いでしょう。

And this desire was so intense. It didn’t feel like something I merely wanted; it felt like something I needed. It seemed so urgent, pressing…desperate. I had to get away.

↑まあ「逃げる」「離れる」という話ですね。あと、口語っぽくなるようですが「go on vacation」という表現にも使える、そんな句動詞(phrasal verb)が、get awayです。

違いは?句動詞やイディオムの意味・イメージ⑩:get along

How to Get Along with People

つまりは「along」というイメージ・状態を「手に入れる」みたいに連想したり、イメージを足し算してみると良いでしょう。

There are a lot of different people in the world, but despite our differences we all want to get along

↑言い換えるなら「be friendly(with〜)」「be cooperative(with〜)」という、主に「うまくやっていく」という表現に使われる句動詞(phrasal verb)が、get alongです。

そして、上でも書いたように、イギリスだと「get on(with〜)」とも言ったり。

違いは?句動詞やイディオムの意味・イメージ⑪:get across

Get meaning image10

つまりは「across」というイメージ・状態を「手に入れる」みたいに連想したり、イメージを足し算してみると良いでしょう。

Are you trying to promote a product, service, new business model, or new lifestyle? Do you have problems getting your message across?

↑acrossは「横切って」とか「至る所に」みたいな話なので、「明確にする・伝える」みたいな表現に使われる句動詞(phrasal verb)が、get acrossです。

違いは?句動詞やイディオムの意味・イメージ⑫:get around

Get meaning image12

つまりは「around」というイメージ・状態を「手に入れる」みたいに連想したり、イメージを足し算してみると良いでしょう。

With Wellington being so compact, getting around on a bike is also a great way to see the city.

↑「あちこちに行く」とか、I never got around to it.なら「全く、それをする余裕がなかった」みたいな話になったり・・・・といった表現に使われる句動詞(phrasal verb)が、get aroundです。

違いは?句動詞やイディオムの意味・イメージ⑬:get at

Get meaning image11

つまりは「at」というイメージ・状態を「手に入れる」みたいに連想したり、イメージを足し算してみると良いでしょう。

I don’t understand what he’s getting at.

(引用:Merriam Webster

↑これで「彼は何が言いたいんだ?」みたいな話になります。「この話のゴールはどこなんだよ?」ってことですね。・・・といった表現に使われる句動詞(phrasal verb)が、get atです。

違いは?句動詞やイディオムの意味・イメージ⑭:get back

Matt Andersen | Let's Get Back

つまりは「back」というイメージ・状態を「手に入れる」みたいに連想したり、イメージを足し算してみると良いでしょう。

We used to stand side by side. We used to stand for what was right. Who would’ve thought we would disagree. Let’s get back to where we used to be.

(引用:Let’s Get Back – Matt Andersen)

↑はい。backなので「戻ろうよ」ってことですね。get them back・get back at themなら「復習する・恨みを晴らす」みたいな表現にも使える句動詞(phrasal verb)が、get backです。

おわり。
(^。^)

↑「あらゆる単語の図鑑があればな〜〜〜!!」という子羊へのオススメ。

↑いわゆる「「「文法」」」を日本語で、ザーッと網羅しとくならコレでOK。

(同じカテゴリの記事をもっと見るならコチラ

英語は図・イラスト・イメージで覚えるべきなので、できない人に解説してみる
「英語はイメージで覚える!」と聞いて「なんか楽しそうだし、やってみよ!」と思ったら「イメージできないんだけど!!(泣)」なんて、悩んでしまった全てのあなたへ。必要なのは「英語をイメージで覚えるべき理由」を知った後「どうしてイメージできないのか」をチェックする。それだけです。
【現在114コ】英語の頻出単語をイメージで解説したリンクのすべて【更新中】
「英語はイメージで覚えよう!」ということで、現在までに作成・公開した記事へのリンクをまとめています。虎穴に入らずんば虎子を得ず。ネイティブレベルを目指して「日本語訳の丸暗記=日本人英語=ただの日本語」から脱却しちゃいましょう!
タイトルとURLをコピーしました