SNSシェア歓迎!最新記事を見るためにページを更新!詳しくはココから

neighborhoodとvicinityの違いを図解!featuring.フー・ファイターズ

スポンサーリンク
イメージ辞書

(当シリーズは、妥当性のある完成した言語学の理論やその研究等とは一切関係なく、単に「定義に書かれている違い」からポイントをチェックしつつ、個人的な図解をシェアするものです。故に、言い切りに近い形は「正しい」ことではなく「自分の中で確信している度合いが高い」ことを意味します。あしからず。主に「Cambridge Dictionary」「Merriam-Webster」「ONLINE ETYMOLOGY DICTIONARY」を参考に作成しております。)

HACKengの「イメージ・イラストで覚える英単語・フレーズ」シリーズ。

今回は「neighborhood と vicinity」です。

日本語訳の丸暗記では、いつまで経っても

英語ができるようにはなりません。

イメージを掴みましょう。

(※スマホの人は右下の「INFO」から、いつでも目次が見れます)

スポンサーリンク

“neighborhood”と”vicinity”の違いを考えるポイントは・・・・・

“neighborhood”と”vicinity”の違いは何か。

何より、”neighborhood”と”vicinity”の違いを考える時に、大切なポイントとは何か。

答えは、ズバリ「シンプルでフラットな分かりやすい意味の”vicinity”をチェックしてから、”neighborhood”とは何か(と、ついでに”neighbor+hood”とは何か)をチェックして、それぞれの例文で文脈をイメージしてあげること」です。

こういうのは複雑に考えた時点で地獄に堕ちますから、Imagine!

違いをチェック!”vicinity”の定義・使い方は・・・・

■ “vicinity”の定義

  • the area around a place or where the speaker is :

(引用:Cambridge Dictionary

  • 1 : a surrounding area or district : NEIGHBORHOOD
  • 2 : NEIGHBORHOOD sense 3b
  • 3 : the quality or state of being near : PROXIMITY

(引用:Merriam Webster

↑というわけで、”vicinity”の定義がコチラ。

で、”around“や”surrounding“による「ある場所(話している人がいる場所など)を囲んでいる”area”や”district”のことを”vicinity”と呼ぶ感」が、分かりますね。

↑要するに、こういうことだったりするわけですが・・・・・・

“vicinity”の例文から、使い分けをチェック!

This is on the presumption that a birth is happening somewhere in the vicinity – but in the knowledge that nothing at all will be seen of mother, father, or indeed newborn child.

(引用:BBC NEWS

↑たとえば、コチラの記事。もろもろ省略しますが、マスコミやら野次馬やらが、ハリー王子とメーガン妃の新居である”Frogmore Cottage“に行く変わりに・・・・・・

Neighborhood vs vicinity1

↑”Long Walk“という、このあたりにヤイノヤイノしに行ったと。

The Long Walk
イギリス ウィンザー

↑まあGoogle Mapを眺めてみれば、とりあえず「ウィンザーにおいて、”Long Walk”(のこの地点)は”Frogmore Cottage”の”vicinity”(と呼べるエリアの中にあるの)だ」という感覚は、なんとなく分かるでしょう!

There are several hotels in the immediate vicinity of the station.

(引用:Cambridge Dictionary

↑”immediate“と付いていれば、それは「すぐ近く(=隣接、近傍だの言いたくなる、周辺)」のことというノリが強くなったり。

まあ「周辺?近傍?隣接?・・・・具体的にどこなの!?」という疑問に対する答えは、常に文脈の中にあるということです。たとえば、アメリカの一般的な「家」の大きさと、日本の一般的な「家」の大きさが違うように。とにかく、Imagine!

違いをチェック!”neighborhood”の定義・使い方は・・・・

■ “neighborhood”の定義

  • an area with characteristics that make it different from other areas, or the people who live in a particular area:
  • the approximate amount of something:

(引用:Cambridge Dictionary

  • 1 : neighborly relationship
  • 2 : the quality or state of being neighbors : PROXIMITY
  • 3a : a place or region near : VICINITY
  • b : an approximate amount, extent, or degree
  • 4a : the people living near one another
  • b : a section lived in by neighbors and usually having distinguishing characteristics
  • 5 : the set (see SET entry 2 sense 21) of all points belonging to a given set whose distances from a given point are less than a given positive (see POSITIVE entry 1 sense 4e) number

(引用:Merriam Webster

↑からの”neighborhood“の定義が、こんな感じ。

フラットに「〇〇の周辺エリア」を表す”vicinity”に対して、”neighborhood”は「(そこに住んでいる人々自体を表したりもするくらいには)そのエリアの内容というか、特徴に焦点がありがち」だということが、分かりますね。

まあ簡単に言えば「囲んでいる、周囲のエリア」か「近隣のエリアとか、人とか」か、って感じですが・・・・・・少しでも迷ったら、すぐに例文。ということで、パパッと文脈をチェックしていきましょう〜!

“neighbor”と”neighborhood”の違いは・・・・・

Hello Neighbor: What's In Your Basement [by Random Encounters]

Hello Neighbor: What’s In Your Basement [by Random Encounters]

↑ちなみに程度ですが、まず名詞の”neighbor“の意味は「近所の住民(=近くに住んでる人)」であり・・・・・・(もちろん「近所」という具体的な範囲は文脈でw)

-hood | Origin and meaning of suffix -hood by Online Etymology Dictionary
Meaning: "state or condition of being," from Old English -had "condition, quality, position" (as in cildhad "childhood," preosthad… See more definitions.

↑それに”-hood“が付いて”state or condition of being(neighbor)“というノリを示すのが”neighborhood“です。(この”-hood”って本当に面白くて、他にも”adulthood“とか”brotherhood“とか”manhood“とか色々あるので、そのノリをチェック!)

それが、要するに「ご近所としての振る舞い、相互に関係する状態」的な話であり、からの上記の”neighborhood“の定義につながるよね〜みたいな!w

“neighborhood”の例文から、使い分けをチェック!

This is a nice, quiet neighborhood, with modest single-family homes.

(引用:Cambridge Dictionary

↑まずは物理的な例から。これなら「この”neighborhood”=近所は”静かで良い”ね!」という、ある特徴によって語れる範囲としての「近所」を話したいからこその、”neighborhood“ですね。

Neighbourhood - Wikipedia

↑まあ、つまり。こういう時に Wikipediaが結構役に立ちますが単に”area or district“と言うのではなく、”city, town, suburb or rural area“の範囲内の社会的なコミュニティを、そのメンバーたちが「相互に関係し合う状態にある」みたいな意味まで含めて、”neighborhood“と言ったり、とか。

Foo Fighters – The Sky Is A Neighborhood (Official Music Video)

Foo Fighters – The Sky Is A Neighborhood (Official Music Video)

↑この(訳しにくすぎて、ネット上の情報の錯綜が破顔レベルな)フー・ファイターズの”The Sky Is A Neighborhood“という曲なら・・・・・

Foo Fighters – The Sky Is a Neighborhood
“The Sky Is A Neighborhood,” a track about life’s hardships, is the second single release from their 2017 album, Concrete and Gold. Prior to its official relea...

↑メンバーのデイヴが「自分たちは宇宙の一部であると同時に、宇宙は自分たちの一部である、ということが夜の空を見ると感じられる」とか語ったらしいですが、それは良いとして「地球上の生物(を構成するもの)は宇宙の始まりに起因する。だから俺たちは皆つながっている。」みたいな意味において”the sky is a 近隣・(ご)近所(さん)(相互に深く関係するブラザー的な意味で)“だ、みたいなw

というわけで、他の「だいたい100ドル〜」だのに出会ったとしても、やはり”neighborhood“の上記のような感覚を根底にしたノリで使われていることを、感じてあげれば OKです。目の前の話の文脈と、”neighborhood“というワード自体の文脈を・・・・Imagine!

おまけに”neighborhood”と”neighbourhood”の違いは・・・・

A. アメリカ英語とイギリス英語のつづりの違いです。

おわり。

↑「あらゆる単語の図鑑があればな〜〜〜!!」という子羊へのオススメ。

↑いわゆる「「「文法」」」を日本語で網羅しとくならコレでOK。

(同じカテゴリの記事をもっと見るならコチラ

英語は図・イラスト・イメージで覚えるべきなので、できない人に解説してみる
「英語はイメージで覚える!」と聞いて「なんか楽しそうだし、やってみよ!」と思ったら「イメージできないんだけど!!(泣)」なんて、悩んでしまった全てのあなたへ。必要なのは「英語をイメージで覚えるべき理由」を知った後「どうしてイメージできないのか」をチェックする。それだけです。
【現在114コ】英語の頻出単語をイメージで解説したリンクのすべて【更新中】
「英語はイメージで覚えよう!」ということで、現在までに作成・公開した記事へのリンクをまとめています。虎穴に入らずんば虎子を得ず。ネイティブレベルを目指して「日本語訳の丸暗記=日本人英語=ただの日本語」から脱却しちゃいましょう!
タイトルとURLをコピーしました