SNSシェア歓迎!最新記事を見るためにページを更新!詳しくはココから

adjacent / adjoining / vicinityの違いがスッキリ論理的に分かる記事

スポンサーリンク
イメージ辞書

(当シリーズは、妥当性のある完成した言語学の理論やその研究等とは一切関係なく、単に「定義に書かれている違い」からポイントをチェックしつつ、個人的な図解をシェアするものです。故に、言い切りに近い形は「正しい」ことではなく「自分の中で確信している度合いが高い」ことを意味します。あしからず。主に「Cambridge Dictionary」「Merriam-Webster」「ONLINE ETYMOLOGY DICTIONARY」を参考に作成しております。)

HACKengの「イメージ・イラストで覚える英単語・フレーズ」シリーズ。

今回は「adjacent / adjoining / vicinity」です。

日本語訳の丸暗記では、いつまで経っても

英語ができるようにはなりません。

イメージを掴みましょう。

(※スマホの人は右下の「INFO」から、いつでも目次が見れます)

スポンサーリンク

“adjacent / adjoining / vicinity”の違いを考えるポイントは・・・・・

“adjacent / adjoining / vicinity”の違いは何か。

何より、”adjacent / adjoining / vicinity”の違いを考える時に、大切なポイントとは何か。

答えは、ズバリ「”vicinity”だけ名詞なので後回しにしてあげつつ、とりあえず辞書で調べればなんとなく”adjacent”より”adjoining”のほうが狭い意味っぽいノリがあると分かるので、まず”adjacent”をチェックした後に”adjoining”をチェックする中で、2つの違いをイメージしてあげること」です。

こういうのは複雑に考えた時点で地獄に堕ちますから、Imagine!

違いをチェック!”adjacent”の定義・使い方は・・・・

■ “adjacent”の定義

  • very near, next to, or touching:

(引用:Cambridge Dictionary

  • 1a : not distant : NEARBY
  • b : having a common endpoint or border
  • c : immediately preceding or following
  • 2 of two angles : having the vertex and one side in common

(引用:Merriam Webster

↑というわけで、まず”adjacent“の定義がコチラ。

まあ、バンバン例文を見ちゃったほうが早そう感もあるので・・・・・・

“adjacent”の例文から、使い分けをチェック!

How to determine the hypotenuse, opposite, and adjacent legs of a triangle

How to determine the hypotenuse, opposite, and adjacent legs of a triangle

↑たとえば、直角三角形の「斜辺・対辺・隣辺の見分け方〜〜!!」とか。この「隣辺(≒ 底辺)」が”adjacent(leg/side)“で、直角ではない残り 2つの角の一方に隣しているほうだから、そう呼ぶわけですね。

What are examples of adjacent angles

What are examples of adjacent angles

↑”adjacent angle“なら、いわゆる「隣接角」のことですが・・・・・

Adjacent Angles

↑要するに「こういう(線と線が交わって角をなしている)ような図において”1つの頂点(=vertex)と1つの辺(=side)を共有している”という条件に当てはまるものを、こういうような図において”隣接しているもの”として考えて、そう呼ぶことにしよう〜〜〜」みたいな、そういう話ですよね。

They work in adjacent buildings.

(引用:Cambridge Dictionary

↑からの、これなら「隣接したビルで働いてる〜」という話ですが・・・・

adjacent buildings - Google Search

↑つまりは「“ビル・建物”というスケール感で語る上で、地図上で”隣している”こと」を言っているわけですね。

違いをチェック!”adjoining”の定義・使い方は・・・・

■ “adjoining”の定義

  • near, next to, or touching:

(引用:Cambridge Dictionary

  • : touching or bounding at a point or line

(引用:Merriam Webster

↑対して、”adjoining“の定義がコチラ。

■ “adjoin”の定義

  • to be very near, next to, or touching:

(引用:Cambridge Dictionary

  • 1 : to add or attach by joining
  • 2 : to lie next to or in contact with

(引用:Merriam Webster

↑からの、そもそも”adjoin“がこういう動詞であることもチェックしてあげると・・・・・

その文脈において「”隣接している”と言える程度に近い、そういう位置にあること」に広く使える”adjacent”に対して、何かと何かが「特に 1つのものを構成するような形で”隣接している”こと(≒ 接合)」に使われがちなのが”adjoining”である

・・・・・・くらいにまとめられそうなことが、以下の例文も合わせてチェックすることで、分かってくるかと思います。

“adjoining”の例文から、使い分けをチェック!

Carnival Miracle Cabins 6289 and 6293 Tour (Adjoining Rooms)

Carnival Miracle Cabins 6289 and 6293 Tour (Adjoining Rooms)

↑旅行の際にチェックしたい”adjoining rooms“なら・・・・・

Adjacent adjoining vicinity1

↑基本的には、こういう話だったり。なんと言うか、利用するホテルや人が正しい用語として使い分けているとは限らない中で、”connecting rooms“は必然的に”adjoining rooms“で、それは必然的に”adjacent rooms“で・・・・みたいなw

(なので、上の動画の 2つの船室は”connecting rooms“とも”adjoining rooms“とも”adjacent rooms“とも呼べる。)

木接合文法 - Wikipedia

↑それがどういうことかと言えば。たとえば「木接合文法」と訳される”Tree-Adjoining Grammar“が「木のノード群を書き換える(元の木に何かを”付け加えたり”する)」ものであるから”adjoining“と呼ばれたり・・・・・

ついでに”adjoin”の例文もチェック!

field extension adjoin - Google 検索

↑なんかもう引用するものがありませんが(w)いわゆる「体の拡大」の文脈で「元を付け加える」ことに”adjoin“という動詞を使ったり・・・・・

・・・・・などの例を見ても分かる通り、単に「隣接する」「付け加える」という意味だけでなく「1つの、拡大された何か(部屋、木構造、体)を成す」みたいなノリが、”adjoin“だの”adjoining“だのには感じられるよね〜、みたいな!

違いをチェック!”vicinity”の定義・使い方は・・・・

■ “vicinity”の定義

  • the area around a place or where the speaker is :

(引用:Cambridge Dictionary

  • 1 : a surrounding area or district : NEIGHBORHOOD
  • 2 : NEIGHBORHOOD sense 3b
  • 3 : the quality or state of being near : PROXIMITY

(引用:Merriam Webster

↑からの、名詞の”vicinity“の定義がコチラ。上の 2つに比べるともう・・・・・何も考えることがありませんねw

↑確かに「隣接エリア」とか訳せるパターンもあるでしょうが、その心は・・・・・・シンプルに「ある場所(話している人がいる場所など)を囲んでいる、周りのエリア」を一般的に表す、そういうノリです。

【現在114コ】英語の頻出単語をイメージで解説したリンクのすべて【更新中】
「英語はイメージで覚えよう!」ということで、現在までに作成・公開した記事へのリンクをまとめています。虎穴に入らずんば虎子を得ず。ネイティブレベルを目指して「日本語訳の丸暗記=日本人英語=ただの日本語」から脱却しちゃいましょう!

(↑他のワードと比較した解説もチェック!)

“vicinity”の例文から、使い分けをチェック!

This is on the presumption that a birth is happening somewhere in the vicinity – but in the knowledge that nothing at all will be seen of mother, father, or indeed newborn child.

(引用:BBC NEWS

↑一応 1つだけ例を出すと・・・・・・たとえば、マスコミやら野次馬やらが、イギリスのハリー王子とメーガン妃の新居である”Frogmore Cottage“ではなく・・・・・・

Neighborhood vs vicinity1

↑その”vicinity“と呼べる、ここらへんの”Long Walk“に集まった、とかw

大切なのはいつも文脈。定義や語源で最低限のバイアスをかけたら、後は文脈からネイティブの気持ちを・・・・・・・

Imagine!

おわり。

↑「あらゆる単語の図鑑があればな〜〜〜!!」という子羊へのオススメ。

↑いわゆる「「「文法」」」を日本語で網羅しとくならコレでOK。

(同じカテゴリの記事をもっと見るならコチラ

英語は図・イラスト・イメージで覚えるべきなので、できない人に解説してみる
「英語はイメージで覚える!」と聞いて「なんか楽しそうだし、やってみよ!」と思ったら「イメージできないんだけど!!(泣)」なんて、悩んでしまった全てのあなたへ。必要なのは「英語をイメージで覚えるべき理由」を知った後「どうしてイメージできないのか」をチェックする。それだけです。
【現在114コ】英語の頻出単語をイメージで解説したリンクのすべて【更新中】
「英語はイメージで覚えよう!」ということで、現在までに作成・公開した記事へのリンクをまとめています。虎穴に入らずんば虎子を得ず。ネイティブレベルを目指して「日本語訳の丸暗記=日本人英語=ただの日本語」から脱却しちゃいましょう!
タイトルとURLをコピーしました