SNSシェア歓迎!最新記事を見るためにページを更新!詳しくはココから

letの意味・使い方は?句動詞・イディオムも! | イメージ・イラストで覚える英単語・フレーズ

スポンサーリンク
イメージ辞書

(当シリーズは、妥当性のある完成した言語学の理論やその研究等とは一切関係なく、単に「このくらいの共通項をイメージしておけば覚えやすいよね」と思う抽象的な感覚を「フレーズまとめ」のような形をとってシェアするものです。故に、言い切りに近い形は「正しい」ことではなく「自分の中で確信している度合いが高い」ことを意味します。あしからず。主に「Cambridge Dictionary」「Merriam-Webster」「ONLINE ETYMOLOGY DICTIONARY」を参考に作成しております。)

HACKengの「イメージ・イラストで覚える英単語・フレーズ」シリーズ。

今回は「let」です。

日本語訳の丸暗記では、いつまで経っても

英語ができるようにはなりません。

イメージを掴みましょう。

(※スマホの人は右下の「INFO」から、いつでも目次が見れます)

スポンサーリンク

letのイメージを抽象的にとらえてみよう!

  • allow
  • cause
  • suggest
  • rent

Cambridge Dictionaryで letの意味を調べると、こうしたワードに関する意味・言い換えがヒットしますが・・・・共通項は 「許す(≒干渉しない)」というようなイメージですね。

letの変化・発音・シラブル・アクセント・語源・派生語・類義語は?

■ letの変化(conjugation)

  • lets(in the 3rd person)
  • let(preterite)
  • let(past participle)
  • making(continuous・present participle)

■ letの発音(pronunciation)

■ letのシラブル・アクセント(syllable・accent)

  • let

■ letの語源(origin・History and Etymology)

■ letの主な派生語(derivatives)

  • ???

■ letの主な類義語(synonyms)

  • hire
  • lease
  • rent
  • charter

おさえたい!letの用例(2選)で、イメージをチェック!

こういう動詞の場合、ヒットした定義を全部洗っていくよりは、頻出の用例や句動詞・イディオムの例文で「文脈から読み取る力」を鍛えたほうが役立つと思うので、そういう感じで解説していきます。

ということで、知らなきゃ損するletの表現が・・・・

「let me know」「let it go」「let it be」「let me go」とかいうやつら

Let me know if you need help!

ーーー「知らせてね!・言ってね!」

↑まずはコチラ。「let it go(”ありのままで”と言うよりは”何もしない・諦める”w)」とか「let it be(beなので”そのままの状況・状態にしておく”)」とか「Let me explain(説明させてよ)」とかと同じ、いわゆる使役の使い方ですね。

Ariana Grande – Let Me Love You (Official) ft. Lil Wayne

あと「Let me love you」とか・・・・・「let me go!」とかも、映画やドラマでよく聞きますね。ガードする人的な誰かに止められて「手ー離せよ!行かせろよ!!」と言う時のセリフですw

ていうか本当、なんでも言いわけですがw フォーマルなビジネスの現場とかでは「Let us confirm〜(確認させてください)」とか「Let us consider〜(ちょっと考えさせてください)」とかも頻出でしょう。

使役動詞の make / let / have / get等の違いは?イメージで使い分けよう!
「英語はイメージで覚えよう!」ということで、今回は「make / have / let」に始まり「help・cause・force・bid・enable・allow・permit・encourage・persuade・drive・compel・oblige・invite・tempt・require」という「使役動詞(causative verbs)」と愉快な仲間達の違いをチェックしていきましょう。

↑ちなみに、他の使役動詞との違いはコチラ!

「let alone」っていうやつ

Imagine you are only earning $8,000 a year. You will barely be able to afford food, let alone shelter, and you will likely be very stressed or living off other people by scavenging.

↑そして2つ目が「let alone(ましてや〜は更にない、〜はなおさら)」という、分類的には接続詞のようですね。本来andのように語と語をつなげるはずのものを、後ろに持ってきて強調してる、みたいな話でしょうか。(知らないけどw)

上の文章なら「“food”が無理なのに”shelter”なんて、もっとありえない!」と、強調しています。基本は否定する文なので、後ろにくるほうがマジでナイよ、という話です。

「許す(≒干渉しない)」というイメージから考えるなら「alone」とプラスして「独りにしておく→言及しない」という感じで、然もありなんといったところですね!

動詞で考えたほうが、分かりやすいかもしれませんね。「もう2度と、歩こうとしても歩けないし、ダンスに至ってはチャレンジすることさえないだろう。」みたいな。

古くは「leave me alone=let me alone」だったりもしたようなので、句動詞としてとらえて、それが接続詞化したりしたんだ、という妄想もできますね。(全く知りませんけどw)

letを使った句動詞(phrasal verb)やイディオム(Idiom)でイメージをチェック!

あと、基本動詞でおさえておきたいのが句動詞(phrasal verb)ですよね!

結局、英語のイディオムって何?句動詞・コロケーションとの違いまで、まとめてみる
「英語がペラペラになるためには、イディオムが鍵だ!」なんて文句を聞いたことがあるあなたへ。「句動詞・コローケーション」との違いも、知ってますか?・・・ということで、今回は「熟語・慣用句・連語」という日本語の定義まで調べて、まとめました。合言葉は「出会ったら覚える」です。

(↑便宜上、句動詞・イディオム・その他の分類はテキトーです。詳しくはコチラ!)

  1. let down
  2. let on
  3. let in
  4. let out
  5. let up

↑というわけで、letを使った主な句動詞(phrasal verb)・イディオム(Idiom)がコチラ。letの「許す(≒干渉しない)」イメージから、Imagineしちゃいましょう!

【現在114コ】英語の頻出単語をイメージで解説したリンクのすべて【更新中】
「英語はイメージで覚えよう!」ということで、現在までに作成・公開した記事へのリンクをまとめています。虎穴に入らずんば虎子を得ず。ネイティブレベルを目指して「日本語訳の丸暗記=日本人英語=ただの日本語」から脱却しちゃいましょう!

↑前置詞・副詞のイメージはコチラからチェック!

句動詞やイディオムの意味・イメージ①:let down

The Chainsmokers – Don't Let Me Down ft. Daya (Official Music Video)

Don’t let me down.

↑let downは「ガッカリさせる」という意味で使われまくるやつです。「やると言ったこと、期待されたことを失敗、達成できなくて」という話ですね!

句動詞やイディオムの意味・イメージ②:let on

I suspect she knows more than she’s letting on.

(引用:Merriam Webster

↑次に「秘密を白状する」とか「口外する」みたいな話で使われるのが、let onです。インフォーマルらしいですね。正直、まだ出会ったことがない気がするので解説できませんが・・・・w

句動詞やイディオムの意味・イメージ③:let in

Angry cat won't let me in my own house.

Angry cat won’t let me in my own house.

↑圧倒的・超・普通に「入れる(入ることを許す)」という話になるのが、let me inです。(まあ全て普通なわけですが「中に入っている状態」のinは日本人にもポピュラーですよねw)

句動詞やイディオムの意味・イメージ④:let out

Who Let The Dogs Out

Who Let The Dogs Out

↑let outも普通に「外にいる状態を許す」ということなので、犬なら「(リードをはずしたり、小屋から)放つ」

My history class lets out at 4:15.

↑あと「学校とかショーとかが終わる(そしてみんな去る)」みたいな話でも使えたり。

句動詞やイディオムの意味・イメージ⑤:let up

Cursive – Let Me Up

Let Me UP

When the rain lets up we’ll go for a walk.

(引用:Cambridge Dictionary

↑まず、2つの辞書を参考にすると「止む・やめる・終わる・改善する」と解説されていますが、自動詞のみです。

で、もう、こういうのは「考えるより慣れろ」ってやつだと思いますが、曲名になってるほうは他動詞として使ってますね。なので、かなりフィーリングで言っていそうというか・・・・

upの「(し)上げる」イメージ強めからの「もう終わらせてくれ」とか「俺という存在を止ませてくれ」みたいな。何より「そうすれば、もっと良いところへ行けるはずだから」と。シンプルに「上にいきたい」と。

まあ upを動詞と捉えても良さそうですが・・・・この曲とPVで、これだけ「Let me up」と繰り返されたら、嫌でも何を言っているかは伝わってきますねw

「もうやだ〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!」

って話でしょう。

こういう、ネイティブたちの感情を喰らうことこそが、英語を習得するコツだ!!!

おわり。
(^。^)

↑「あらゆる単語の図鑑があればな〜〜〜!!」という子羊へのオススメ。

↑いわゆる「「「文法」」」を日本語で、ザーッと網羅しとくならコレでOK。

(同じカテゴリの記事をもっと見るならコチラ

英語は図・イラスト・イメージで覚えるべきなので、できない人に解説してみる
「英語はイメージで覚える!」と聞いて「なんか楽しそうだし、やってみよ!」と思ったら「イメージできないんだけど!!(泣)」なんて、悩んでしまった全てのあなたへ。必要なのは「英語をイメージで覚えるべき理由」を知った後「どうしてイメージできないのか」をチェックする。それだけです。
【現在114コ】英語の頻出単語をイメージで解説したリンクのすべて【更新中】
「英語はイメージで覚えよう!」ということで、現在までに作成・公開した記事へのリンクをまとめています。虎穴に入らずんば虎子を得ず。ネイティブレベルを目指して「日本語訳の丸暗記=日本人英語=ただの日本語」から脱却しちゃいましょう!
タイトルとURLをコピーしました