SNSシェア歓迎!最新記事を見るためにページを更新!詳しくはココから

untilとwhileの違いを解説!VBA?シェル?英語で学ぶループ処理〜?

スポンサーリンク
イメージ辞書

(当シリーズは、妥当性のある完成した言語学の理論やその研究等とは一切関係なく、単に「定義に書かれている違い」からポイントをチェックしつつ、個人的な図解をシェアするものです。故に、言い切りに近い形は「正しい」ことではなく「自分の中で確信している度合いが高い」ことを意味します。あしからず。主に「Cambridge Dictionary」「Merriam-Webster」「ONLINE ETYMOLOGY DICTIONARY」を参考に作成しております。)

HACKengの「イメージ・イラストで覚える英単語・フレーズ」シリーズ。

今回は「until と while」です。

日本語訳の丸暗記では、いつまで経っても

英語ができるようにはなりません。

イメージを掴みましょう。

(※スマホの人は右下の「INFO」から、いつでも目次が見れます)

スポンサーリンク

違いをチェック!”until”の定義・使い方は・・・・

■ “until”の定義

up to (the time that):

(引用:Cambridge Dictionary

: up to the time that : up to such time as

(引用:Merriam Webster

untilとup toの違い!最大?次第?数字は含む?英語をイメージしよう
「英語はイメージで覚えよう!」ということで、今回は「until」と「up to」の違いを解説。「〜まで」みたいな、なんの意味もない日本語は捨てて、シンプルな定義と文脈をイメージしましょう。ついでに「it's up to you / 誰か be up to something.」という使い方の謎まで、マスター!

↑まず”until“は「場所」方向の話でも使えますが「時間」という文脈では「ある時点までの継続」という話ができるものでしたね。

“until”の例文から、使い分けをチェック!

時間・期限の英語(より前・後・から・までに等)を図解で使い分け!
「英語はイメージで覚えよう!」ということで、今回は「時間・期限」に関する英語(〜より前、後、〜から、〜までに、〜以来など)を6つの図解にまとめました。合わせて気になる「そのイベント(瞬間)自体を含む or 含まない」というポイントも徹底的に解説。マスターすれば、ネイティブまっしぐら!(かも?w)

↑からの、コチラなどでも解説した通り・・・・

ASMR to help u sleep – I beat u up until you become unconscious

ASMR to help u sleep – I beat u up until you become unconscious

↑例えば「君が気を失う」という時点“まで(ずっと)”ボッコボコにする」みたいな話に使えるのが”until”です。加えて「気を失ったらば、その瞬間、殴るのをやめる」みたいなノリも暗示します。

プログラミングにおける”until”制御

Shell Scripting Tutorial for Beginners 18 – UNTIL loop

Shell Scripting Tutorial for Beginners 18 – UNTIL loop

↑からの、シェルスクリプトにおける「until loop」とか・・・・・

Excel VBA Introduction Part 15 – Do Until and Do While Loops

Excel VBA Introduction Part 15 – Do Until and Do While Loops

エクセルのVBAにおける「do loop」につける「until制御」とかでお目にかかれますが・・・・・・その効果は「条件を満たす”までずっと”繰り返す」というものです。

たとえば「Xが5になる”まで”、1を足し続ける」なら「0+1=1、1+1=2….」と繰り返して「X=5」になったことを認識したら、ループ処理が終了します。

違いをチェック!”while”の定義・使い方は・・・・

■ “while”の定義

also formal whilst during the time that, or at the same time as:

(引用:Cambridge Dictionary

: during the time that

(引用:Merriam Webster

during / while / whilstの違いを図解!"〜の間に”を一瞬で解説!
「英語はイメージで覚えよう!」ということで、今回は「during」と「while」と「whilst」の違いを一瞬で解説します。「〜の間に」みたいな日本語はキッパリ忘れて「品詞」と「そもそものイメージの違い」を素直に考えてみましょう。マスターすれば、ネイティブまっしぐら!(かも)

↑対して”while”は”during”で定義されたりするように・・・・・・

↑言ってみれば「その継続レベル(度合い)に言うほど焦点があるわけではなく、それぞれの(継続を暗示するタイプの)イベントが同時に起こる(起こった)ことを言う」ものでしたね。

“while”の例文から、使い分けをチェック!

10 Things Everyone Does While Driving!

10 Things Everyone Does While Driving!

↑からの、たとえば「運転中(している間)のあるある10コ」とかw

■ “while”の定義

: as long as

例:while there’s life there’s hope

(引用:Merriam Webster

↑からの、もし主節が「希望はある」みたいに継続する話だったら「生きている間に(は)〜〜」というよりは「生きている限り(=as long as)希望はあるよ」というノリになりますね。文脈が大切!

プログラミングにおける”while”文

6.1: While Loop – Processing Tutorial

6.1: While Loop – Processing Tutorial

↑なので、プログラミングで頻出の「while文」や「do while」によるループ処理は「〜である限り」のほうだと言えますね!w(そうとも言えないし、どっちでも良い)

こういうことがあるから、英語学習はやめられませんね!!!(そうだけど、どっちでも良い)

(コード情報を求めてググった方、すみませんでした)

おわり。

↑「あらゆる単語の図鑑があればな〜〜〜!!」という子羊へのオススメ。

↑いわゆる「「「文法」」」を日本語で網羅しとくならコレでOK。

(同じカテゴリの記事をもっと見るならコチラ

英語は図・イラスト・イメージで覚えるべきなので、できない人に解説してみる
「英語はイメージで覚える!」と聞いて「なんか楽しそうだし、やってみよ!」と思ったら「イメージできないんだけど!!(泣)」なんて、悩んでしまった全てのあなたへ。必要なのは「英語をイメージで覚えるべき理由」を知った後「どうしてイメージできないのか」をチェックする。それだけです。
【現在114コ】英語の頻出単語をイメージで解説したリンクのすべて【更新中】
「英語はイメージで覚えよう!」ということで、現在までに作成・公開した記事へのリンクをまとめています。虎穴に入らずんば虎子を得ず。ネイティブレベルを目指して「日本語訳の丸暗記=日本人英語=ただの日本語」から脱却しちゃいましょう!
タイトルとURLをコピーしました