SNSシェア歓迎!最新記事を見るためにページを更新!詳しくはココから

on(前置詞)の意味(25コ)を、1つのイメージから覚えるための記事

スポンサーリンク
イメージ辞書

(当シリーズは、妥当性のある完成した言語学の理論やその研究等とは一切関係なく、単に「このくらいの共通項をイメージしておけば覚えやすいよね」と思う抽象的な感覚を「フレーズまとめ」のような形をとってシェアするものです。故に、言い切りに近い形は「正しい」ことではなく「自分の中で確信している度合いが高い」ことを意味します。あしからず。主に「Cambridge Dictionary」「Merriam-Webster」「ONLINE ETYMOLOGY DICTIONARY」を参考に作成しております。)

HACKengの「イメージ・イラストで覚える英単語・フレーズ」シリーズ。

今回は「on」です。

日本語訳の丸暗記では、いつまで経っても

英語ができるようにはなりません。

イメージを掴みましょう。

(※スマホの人は右下の「INFO」から、いつでも目次が見れます)

スポンサーリンク
  1. 前置詞としての”on”の定義を調べると。
    1. “on”の基本は「接している」話
    2. “on”の発音・シラブル・アクセント・語源は?
  2. “on”のイメージを抽象的にとらえてみよう!
    1. 例文で”on”のイメージをチェック!①:aboveのやつ
    2. 例文で”on”のイメージをチェック!②:connectedのやつ
    3. 例文で”on”のイメージをチェック!③:timeのやつ
    4. 例文で”on”のイメージをチェック!④:writingのやつ
    5. 例文で”on”のイメージをチェック!⑤:travelのやつ
    6. 例文で”on”のイメージをチェック!⑥:processのやつ
    7. 例文で”on”のイメージをチェック!⑦:recordingのやつ
    8. 例文で”on”のイメージをチェック!⑧:painのやつ
    9. 例文で”on”のイメージをチェック!⑨:toのやつ
    10. 例文で”on”のイメージをチェック!⑩:relatingのやつ
    11. 例文で”on”のイメージをチェック!⑪:moneyのやつ
    12. 例文で”on”のイメージをチェック!⑫:necessaryのやつ
    13. 例文で”on”のイメージをチェック!⑬:involvementのやつ
    14. 例文で”on”のイメージをチェック!⑭:finanial supportのやつ
    15. 例文で”on”のイメージをチェック!⑮:food/fuel/drugのやつ
    16. 例文で”on”のイメージをチェック!⑯:next toのやつ
    17. 例文で”on”のイメージをチェック!⑰:memberのやつ
    18. 例文で”on”のイメージをチェック!⑱:toolのやつ
    19. 例文で”on”のイメージをチェック!⑲:againのやつ
    20. 例文で”on”のイメージをチェック!⑳:comparisonのやつ
    21. 例文で”on”のイメージをチェック!㉑:possessionのやつ
    22. 例文で”on”のイメージをチェック!㉒:afterのやつ
    23. 例文で”on”のイメージをチェック!㉓:paymentのやつ
    24. 例文で”on”のイメージをチェック!㉔:faultyのやつ
    25. 例文で”on”のイメージをチェック!㉕:pointsのやつ

前置詞としての”on”の定義を調べると。

  1. above
  2. connected
  3. time
  4. writing
  5. travel
  6. process
  7. recording
  8. pain
  9. to
  10. relating
  11. money
  12. necessary
  13. involvement
  14. financial support
  15. food/fuel/drug
  16. next to
  17. member
  18. tool
  19. again
  20. comparison
  21. possession
  22. after
  23. payment
  24. faulty
  25. points

↑まず、Cambridge Dictionaryで onの意味を調べると、こうしたワードに関する意味・言い換え(前置詞)がヒットしますが・・・・

マジで多すぎですね。

と、ビビってもしょうがないので・・・・。

“on”の基本は「接している」話

On meaning image0

↑onに共通するイメージは「上に乗っている」・・・・・・

On meaning image00

だけでは不十分。「on the wall(”壁にある〜”的なノリ)」のような使い方までイメージできるのは「接している」という感覚です。

というわけで、それぞれの定義と例文をイメージできるか、試していきましょう〜〜〜〜〜!!!!

onは他の品詞としても使えますが、今回は前置詞にフォーカスします。基本的に on自体のイメージは変わらないので、品詞ごとに分けて考える必要はありません。イメージをつかみましょう!

(ちなみに「into(in + to)」のノリで「onto(on + to)」なんかもありますが、この記事では特に触れません。toする感じで onするだけの話なので!)

to(前置詞)の意味(19コ)を、1つのイメージから覚えるための記事
「英語はイメージで覚えよう!」ということで「to(前置詞)」の意味は「方向性」以上に「関係性」からも、イメージしましょう。まずは基本となるイメージを、図解イラストでチェック。そして、19コもある意味の例文で、全ての toのイメージを掴みきりましょう!

↑参考。

“on”の発音・シラブル・アクセント・語源は?

■ onの発音(pronunciation)

■ onのシラブル・アクセント(syllable・accent)

  • on

■ onの語源(origin・History and Etymology)

↑ついでにチェック!

“on”のイメージを抽象的にとらえてみよう!

とにかく、様々な「接している」に使える on。こうした単語では「言葉の意味は状況にしか存在しない」という言語の本質が、ガンガンに表出します。マスターすればレベルアップ間違いナシ!

例文で”on”のイメージをチェック!①:aboveのやつ

■ “on”の定義

1 used to show that something is in a position above something else and touching it, or that something is moving into such a position:

例:Look at all the books on your desk!

(引用:Cambridge Dictionary

On meaning image2

↑まずは、特に「上にある」タイプの onです。「onは上でしょ!?」なんて固定観念は捨てて「特に “above”な状態の”接している”イメージ」を表すパターンね〜〜〜と・・・・・Imagine!

例文で”on”のイメージをチェック!②:connectedのやつ

■ “on”の定義

2 covering the surface of, being held by, or connected to something:

例:There’s blood on your shirt.

(引用:Cambridge Dictionary

On meaning image3

↑まあ「シャツに染み込んでるわけじゃないけど、なんか上に血があるよ〜〜〜!!!!」なんて状況もあるかもしれませんが・・・・・w 普通は「接している」からイメージできる、右が正解です!

例文で”on”のイメージをチェック!③:timeのやつ

■ “on”の定義

3 used to show when something happens:

例:On a clear day you can see the mountains from here.

(引用:Cambridge Dictionary

On meaning image4

↑「日付(≒曜日)」を表す onです。”箱の中”的な inと “ピンポイント”な atの間を表す onのイメージを、しっかり掴んじゃいましょう。

例文で”on”のイメージをチェック!④:writingのやつ

■ “on”の定義

4 used to show where something has been written, printed, or drawn:

例:What’s on the menu tonight? (= What food is available?)

(引用:Cambridge Dictionary

On meaning image5

↑日本語だと「メニューの中に〜」とか「メニューには〜」とか言うのが普通ですが・・・・・「接している」からの「書かれている」と、簡単にイメージできるでしょう。ネイティブの思考プロセスを、Imagine!

例文で”on”のイメージをチェック!⑤:travelのやつ

■ “on”の定義

5 used for showing some methods of travelling:

例:It’d be quicker to get there on foot.

(引用:Cambridge Dictionary

On meaning image6

↑移動する手段を表す onです。

ちなみに「普通”100%正しい”母国語を、意識して話してるネイティブはいない(日本もそうですよね)」という理由から「by walk」とか「by foot」とか聞くかもしれませんが、惑わされずに。

まあ、口語が水物すぎるというか。「ネイティブにとって自然な間違いのニュアンスは?」とか「どういうルールをどういう風に破れば、ネイティブに許容されるか?」とかは考えだしたらキリがないので・・・・・・・まずは気楽に、Imagineすることから始めましょう!

例文で”on”のイメージをチェック!⑥:processのやつ

■ “on”の定義

6 used to show that a condition or process is being experienced:

例:I often get carsick when I’m on a long journey.

(引用:Cambridge Dictionary

On meaning image7

↑conditionや processに「接している」と言えば、それは「経験・体験している状態」に他なりませんね!

例文で”on”のイメージをチェック!⑦:recordingのやつ

■ “on”の定義

7 used to show the form in which something is recorded or performed:

例:When’s the movie coming out on DVD?

(引用:Cambridge Dictionary

On meaning image8

↑こうして見ていると「接している」からの「surface(表面)」感がイメージされますね。ちなみに、日本で言う「(アナログ)レコード」は「vinyl(record)」と呼ばれます。

例文で”on”のイメージをチェック!⑧:painのやつ

〜省略〜(「〜に頭をぶつけた」とか、そういう話です。)

例文で”on”のイメージをチェック!⑨:toのやつ

■ “on”の定義

9 to or towards:

例:I wish you wouldn’t sneak up on me like that!

(引用:Cambridge Dictionary

↑訳せば「〜に(対して)」になりがちな使い方ですが、toのイメージである「方向性 ≒ 関係性」を思い出しましょう。「接している」と「関係性」は近い感覚ですよね。ちょうど toと onの間、ハイブリッドなイメージを「文脈」からつかんで・・・・Imagine!

例文で”on”のイメージをチェック!⑩:relatingのやつ

■ “on”の定義

10 relating to:

例:The minister has refused to comment on the allegations.

(引用:Cambridge Dictionary

↑「〜に基づく」的なノリが感じられる onですね。抽象的な、”above”的な「接している」と言えるでしょう!

例文で”on”のイメージをチェック!⑪:moneyのやつ

■ “on”の定義

11 used to show something for which a payment is made:

例:He spent €180 on a hat.

(引用:Cambridge Dictionary

On meaning image9

↑こういうのはコロケーションというか、payと spendの違いというか・・・・・って感じなので、解説は省略!

例文で”on”のイメージをチェック!⑫:necessaryのやつ

■ “on”の定義

12 used to show a person or thing that is necessary for something to happen or that is the origin of something:

例:I might come – it depends on Andrew.

(引用:Cambridge Dictionary

On meaning image10

↑これも dependsみたいなのがあるからこその onですよね。たしかに基本動詞や前置詞・副詞は、基礎となるイメージを持っていると言えるんですが、それ以上に文脈や慣習が大切なわけです。

「依存する」からの「上に接している=乗っかっている」みたいに(もちろん日本語は使わずにw)・・・・Imagine!

例文で”on”のイメージをチェック!⑬:involvementのやつ

〜省略〜

例文で”on”のイメージをチェック!⑭:finanial supportのやつ

〜省略〜(全然省略してないので省略w(まあ他のと比べるなら、次の「⑮:food/fuel/drug」と同じ方向と言えますね。))

例文で”on”のイメージをチェック!⑮:food/fuel/drugのやつ

■ “on”の定義

15 used to show something that is used as food, fuel, or a drug:

例:Does this radio run on batteries?

(引用:Cambridge Dictionary

↑「この動物は何を食べるの?」とかいう話だったり、例なら「ラジオがバッテリー(電池)で動いてるの?」という話。「何の上に生きてるの?動いてるの?成り立ってるの?」みたいなノリだと言えますね!

例文で”on”のイメージをチェック!⑯:next toのやつ

〜省略〜(「⑨:to」と同じ解説になるので省略。)

例文で”on”のイメージをチェック!⑰:memberのやつ

■ “on”の定義

17 used to show when someone is a member of a group or organization:

例:There are no women on the committee.

(引用:Cambridge Dictionary

On meaning image11

↑いや本当、辞書で下のほうに出てくる意味は「コロケーション」が強く関わってきたりもするわけですが・・・・・別に「接している」からイメージできることに変わりはありませんね。これも「関係性」だと言えるでしょう。

例文で”on”のイメージをチェック!⑱:toolのやつ

■ “on”の定義

18 used when referring to a tool, instrument, or system that is used to do something:

例:I’m on (= talking on) the phone.

(引用:Cambridge Dictionary

On meaning image12

↑解説は「⑦:recording」と同じ方向になりそうなので省略しますが「on the phone」という、まあ常識レベルの例なので一応。(むしろ⑦を省略すべきだった感もあるなw)

例文で”on”のイメージをチェック!⑲:againのやつ

〜省略〜(「失敗に失敗を重ね・・・」みたいなノリのやつです。)

例文で”on”のイメージをチェック!⑳:comparisonのやつ

〜省略〜

例文で”on”のイメージをチェック!㉑:possessionのやつ

■ “on”の定義

21 used to show when someone has something in a pocket or in a bag that they are carrying:

例:Do you have a spare pen on you?

(引用:Cambridge Dictionary

On meaning image13

putの意味・使い方は?句動詞・イディオムも! | イメージ・イラストで覚える英単語・フレーズ
「英語はイメージで覚えよう!」ということで「put」の意味を支えるイメージは、シンプルに「(どっかから、どっかへ)置く(≒位置させる)」です。まずは「put up with / put emphasis on」をおさえつつ、主な句動詞・イディオム「put in / out / on / off / up / down / away / aside / together / back」の違いをチェックしておきましょう!

↑「put on(身につける)」がイメージできていれば、すでに分かっているでしょう!

例文で”on”のイメージをチェック!㉒:afterのやつ

〜省略〜(「⑩:relating」や「⑫:necessary」と同じノリなので省略。)

例文で”on”のイメージをチェック!㉓:paymentのやつ

■ “on”の定義

23 used to show who is paying for something:

例:Dinner meal is on me.

(引用:Cambridge Dictionary

On meaning image14 2

↑こういうのは、もはやイディオム扱いで良いと思いますが・・・・・「おごるよ!」と言いたい時に使える、便利な onです!

例文で”on”のイメージをチェック!㉔:faultyのやつ

〜省略〜(まあ「⑩:relating」のノリですね。)

例文で”on”のイメージをチェック!㉕:pointsのやつ

〜省略〜(こういうレベルで細かい使い方は出会って覚えたほうが良いと思うので省略。)

(本当は toの意味分けが多過ぎて疲れたからなんて、誰も言ってませんよ。)

おわり。
(^。^)

↑「あらゆる単語の図鑑があればな〜〜〜!!」という子羊へのオススメ。

↑いわゆる「「「文法」」」を日本語で、ザーッと網羅しとくならコレでOK。

(同じカテゴリの記事をもっと見るならコチラ

英語は図・イラスト・イメージで覚えるべきなので、できない人に解説してみる
「英語はイメージで覚える!」と聞いて「なんか楽しそうだし、やってみよ!」と思ったら「イメージできないんだけど!!(泣)」なんて、悩んでしまった全てのあなたへ。必要なのは「英語をイメージで覚えるべき理由」を知った後「どうしてイメージできないのか」をチェックする。それだけです。
【現在114コ】英語の頻出単語をイメージで解説したリンクのすべて【更新中】
「英語はイメージで覚えよう!」ということで、現在までに作成・公開した記事へのリンクをまとめています。虎穴に入らずんば虎子を得ず。ネイティブレベルを目指して「日本語訳の丸暗記=日本人英語=ただの日本語」から脱却しちゃいましょう!
タイトルとURLをコピーしました