閲覧ありがとうございます( ´ ▽ ` ) SNSシェアで、運営者が喜びます。。。

inとwithinの違いを図解!〜以内?〜後? | イメージ・イラストで覚える英単語・フレーズ

イメージ辞書

(当シリーズは、妥当性のある完成した言語学の理論やその研究等とは一切関係なく、単に「定義に書かれている違い」からポイントをチェックしつつ、個人的な図解をシェアするものです。故に、言い切りに近い形は「正しい」ことではなく「自分の中で確信している度合いが高い」ことを意味します。あしからず。主に「Cambridge Dictionary」「Merriam-Webster」「ONLINE ETYMOLOGY DICTIONARY」を参考に作成しております。)

HACKengの「イメージ・イラストで覚える英単語・フレーズ」シリーズ。

今回は「within と in」です。

日本語訳の丸暗記では、いつまで経っても

英語ができるようにはなりません。

イメージを掴みましょう。

(※スマホの人は右下の「INFO」から、いつでも目次が見れます)

スポンサーリンク

2つの辞書で”within”の定義を見てみよう

■ “within”の定義

・ inside or not further than an area or period of time:

(引用:Cambridge Dictionary

・ Within a particular length of time means before that length of time has passed.

(引用:Collins Dictionary

↑2つのオンライン英英辞書から、”in”との違いに関係しそうな”within”の定義がコチラ。

2つの辞書で”in”の定義を見てみよう

■ “in”の定義

・ during part or all of a period of time:

・ needing or using no more time than a particular amount of time:

・ before or at the end of a particular period:

(引用:Cambridge Dictionary

・ If something happens in a particular year, month, or other period of time, it happens during that time.

・ If you do something in a particular period of time, that is how long it takes you to do it.

・ If something will happen in a particular length of time, it will happen after that length of time.

(引用:Collins Dictionary

↑2つのオンライン英英辞書から、”within”との違いに関係しそうな”in”の定義がコチラ。

“within”と”in”の違いを考えるポイントは?

Within vs in2

とりあえず、特に「時間」に関する”within”と”in”の定義をピックアップしてみましたが、違いを考えるためのポイントをチェックしていきましょう。

”within”の定義のポイント

■ “within”の定義

inside or not further than an area or period of time:

(引用:Cambridge Dictionary

・ Within a particular length of time means before that length of time has passed.

(引用:Collins Dictionary

↑”within”では「inside」「not further than」「before」と書かれていますね。

”in”の定義のポイント

■ “in”の定義

during part or all of a period of time:

・ needing or using no more time than a particular amount of time:

before or at the end of a particular period:

(引用:Cambridge Dictionary

・ If something happens in a particular year, month, or other period of time, it happens during that time.

・ If you do something in a particular period of time, that is how long it takes you to do it.

・ If something will happen in a particular length of time, it will happen after that length of time.

(引用:Collins Dictionary

↑”in”では「during」「no more time than」「before or at the end of」「how long it takes you to do it」「after」などと書かれています。

違いは分かりましたか?

“within”は「内側」からの「以内」ってだけの話!

Two thirds of Californians live within 15 miles of the coast.

↑まあ “within”は「場所・エリア」のほうがイメージしやすいでしょうが・・・・

Within vs in1

↑「within 15 miles」は、こういうこと。つまり「範囲内」であれば「範囲内のどこかは関係ない」というノリです。

We recommend that this wine should be consumed within six months.

↑なので「時間・期間」であれば「〜以内」というノリになります。この例文なら「このワインは、6ヶ月以内で飲んでね〜〜〜〜!」という話ですが、別に2ヶ月でも3ヶ月でも良いわけです。

The tickets should reach you within the week (= before the end of this week).

(引用:Cambridge Dictionary

↑これなら「今週中に届くよ〜〜〜!!!」と言っていますが、たぶん日曜日ではなく、金曜日か土曜日に届くやつですよね。(下手したら木曜、水曜とかw) 「99%届くけど、ちょっと曖昧に言っとくかw」みたいな。

“in”は「箱」からの「〜の間(≒ during)」「〜までに」「〜後」をイメージ!

そして “in”は「during」「no more time than」「before or at the end of」「how long it takes you to do it」「after」という定義の通り「〜の間(≒ during)」「〜までに」「〜後」という3つに使われます。

と言っても、ビビらずに。

in(前置詞)の意味(16コ)を、1つのイメージから覚えるための記事
「英語はイメージで覚えよう!」ということで「in(前置詞)」の意味は「箱」などに限らず、とにかく「中」をイメージしましょう。まずは基本となるイメージを、図解イラストでチェック。そして、15コもある意味の例文で、全ての inのイメージを掴みきりましょう!

↑”in”の「(特に箱のような空間の)中」というノリから、その「箱」のイメージを利用して・・・・・・

For in during6

↑こんな感じで、考えてみる。からの・・・・・・

For in during3

I started working here in 2009.

↑2009年(の間 ≒ during)だったり・・・・・

For in during4

Can you finish the job in two weeks?

↑2週間(以上いかない = no more than、before or at the end of)で、だったり・・・・・

For in during5

Dinner will be ready in ten minutes.

(引用:Cambridge Dictionary

↑10分後(how long it takes you to do it、after)だったり・・・・

すべて、イメージできるでしょう。

forとinとduringの違いを図解!期間?時点? | イメージ・イラストで覚える英単語・フレーズ
「英語はイメージで覚えよう!」ということで、今回は「for」と「in」と「during」の違いを解説します。いわゆる「期間」「時間」「時点」の話です。3つの基本イメージを図解でチェックした後「継続している間」「箱の存在」「時間の経過と意識」というニュアンスを掴んでしまえば、ネイティブまっしぐら!(かも)

↑まあ「結局は”started”だの”finish”だの”will be ready”だの、組み合わされるワード(=文脈)を探るべき」だという件については、コチラの記事で!

“within”と”in”の違いから学ぶべきこと

と省略しつつ、この記事でも締めで言っておきます。

結局は「以内を強調したい状況(文脈)」で “within”を使えば良いだけであり、それはつまり・・・・

実際のところ、”within”を使うべき「以内」の意味で”in”が使われる状況に、あなたは必ず遭遇する

ってことだと、肝に命じておきましょう。

これは、まず「気楽に会話している中で、強調する必要がない場合」ということですが・・・・間違った日本語しか知らない日本人がたくさんいるように、ネイティブが正しい言葉を話すとも限りません。が、それを使いこなしてしまうのがネイティブです。

なんかトンチみたいですが、特に日本人の学習者は忘れがちかなーと思います。いつだって必要なのは「大は小を兼ねる」精神で、とりあえず使いまくってみることです。

とりあえず “in”を使いまくって、圧倒的に「以内」と言うべき状況で”within”に手を出していきましょう。2、3回、当たって砕けるかもしれませんが、それだけのことです。(w)

おわり。

↑「あらゆる単語の図鑑があればな〜〜〜!!」という子羊へのオススメ。

(同じカテゴリの記事をもっと見るならコチラ

英語は図・イラスト・イメージで覚えるべきなので、できない人に解説してみる
「英語はイメージで覚える!」と聞いて「なんか楽しそうだし、やってみよ!」と思ったら「イメージできないんだけど!!(泣)」なんて、悩んでしまった全てのあなたへ。必要なのは「英語をイメージで覚えるべき理由」を知った後「どうしてイメージできないのか」をチェックする。それだけです。
【現在67コ】英語の頻出単語をイメージで解説したリンクのすべて【更新中】
「英語はイメージで覚えよう!」ということで、現在までに作成・公開した記事へのリンクをまとめています。虎穴に入らずんば虎子を得ず。ネイティブレベルを目指して「日本語訳の丸暗記=日本人英語=ただの日本語」から脱却しちゃいましょう!
タイトルとURLをコピーしました