頑張りたいアナタの強い味方。HACKengの使い方はコチラをタップ

4つの”〜だから”の違いは?because・since・as・forを考えてみよう

イメージ辞書

(当シリーズは、妥当性のある完成した言語学の理論やその研究等とは一切関係なく、単に「定義に書かれている違い」からポイントをチェックしつつ、個人的な図解をシェアするものです。故に、言い切りに近い形は「正しい」ことではなく「自分の中で確信している度合いが高い」ことを意味します。あしからず。主に「Word Reference.com」「Cambridge Dictionary」「Merriam-Webster」を参考に作成しております。)

HACKengの「イメージ・イラストで覚える英単語・フレーズ」シリーズ。

今回は「because と since と as と for」です。

日本語訳の丸暗記では、いつまで経っても

英語ができるようにはなりません。

イメージを掴みましょう。

(※スマホの人は右下の「INFO」から、いつでも目次が見れます)

スポンサーリンク

オンライン英英辞書で”because”の定義を見てみよう

■ “because”の定義

・ for the reason that:

(引用:Cambridge Dictionary

・ : for the reason that : SINCE

・ : the fact that : THAT

(引用:Merriam Webster

・ You use because when stating the reason for something.

・ You use because when stating the explanation for a statement you have just made.

(引用:Collins Dictionary

↑オンライン英英辞書から、他との違いに関係しそうな”because”の定義がコチラ。

オンライン英英辞書で”since”の定義を見てみよう

■ “since”の定義

・ because; as:

(引用:Cambridge Dictionary

・ : in view of the fact that : BECAUSE

(引用:Merriam Webster

・ You use since to introduce reasons or explanations.

(引用:Collins Dictionary

↑オンライン英英辞書から、他との違いに関係しそうな”since”の定義がコチラ。

オンライン英英辞書で”as”の定義を見てみよう

■ “as”の定義

・ because:

(引用:Cambridge Dictionary

・ : for the reason that : BECAUSE, SINCE

(引用:Merriam Webster

・ You can use as to mean ‘because’ when you are explaining the reason for something.

(引用:Collins Dictionary

↑オンライン英英辞書から、他との違いに関係しそうな”as”の定義がコチラ。

オンライン英英辞書で”for”の定義を見てみよう

■ “for”の定義

・ because; as:

(引用:Cambridge Dictionary

・ : for the reason that : on this ground : BECAUSE

(引用:Merriam Webster

・ You can use for to introduce a clause which gives the reason why you made the statement in the main clause.

(引用:Collins Dictionary

↑オンライン英英辞書から、他との違いに関係しそうな”for”の定義がコチラ。

“because”と”since”と”as”と”for”の違いを考えるポイントは?

Because since as for1

と、定義をチェックしてみましたが・・・・・

見事なたらい回しに合ってしまいましたね。

まあ、こういうのは実際に英語を使っていく中で、感覚的に、徐々に身につけていけば良いやつだと思うので・・・・・・

今回はイメージ・イラストを諦めて、FAQ的に 4つの「〜だから」の違いをチェックしていきましょう!

これらのポイントをおさえた上で、安心して当たって砕けまくればOKです。(砕けないで済む程度にはまとめますがw)

“because”と”since”と”as”と”for”の違いを、例文でチェックしてみよう

Because since as for2

それでは、実際に例文で”because”と”since”の違いをチェックしてみましょう!

“because”は直接的な理由であり「新情報」を担う

Because since as for3

・We can’t go to Julia’s party because we’re going away that weekend.

(例文引用:Cambridge Dictionary

↑一番ノーマルというか、尤もらしいポジションに置かれたbecauseの例文。正しい主節に、正しいbecause(従属節)です。

つまり、becauseは最も一般的な「〜だから」でありつつ、新情報(相手が知らなかった情報)を伝えるので、主節の後に述べられる=重きを置かれるという原則。句動詞でも「look it up」と代名詞が間にきたりするように、英語では「旧情報は先、新情報は後」というノリがあります。

“because”は修飾されがち

Because since as for4

・Just because I’m lending you my dress for tonight doesn’t mean you can borrow it whenever you want to.

(例文引用:Cambridge Dictionary

↑becauseは、こうして「just」とか「simply」「only」みたいなニュアンスで修飾できるということもポイントですね。と同時に、because節を先に言っちゃうパターンです。

“because”は”Why〜?”に対して単独で答えがち

Because since as for5

・”Why did you do it?” “Because Carlos told me to”.

(例文引用:Cambridge Dictionary

↑普段使いでは気楽に、becauseの節だけで答えるのもアリアリですね。cos、coz、cuz、cuzみたいに省略した発音、表記にも出会いまくるでしょう!(Why〜?の答えに since、as、forは不可)

“because”は用法用量を守って、お気楽に。

Because since as for6

・Where’ve you been, because (= the reason I am asking is that) we haven’t seen you recently?

(例文引用:Cambridge Dictionary

↑日本語でも「どっか行ってたの?・・・あ、ずっと見なかったからさ!」みたいなノリで話すことがありますよね。結局、英語も一緒です。それが論理的に正しいかどうかは置いといて、気楽に使いまくることが上達の秘訣!

(・・・・・というか「シャワー浴びるわ。暑いし。」みたいに、そもそも becauseナシでも良いんだというのも、肝に命じておきたいですねw)

(それと当然、本来の使い方から遠いものほどインフォーマルな口語表現であり、書き言葉としては使えないわけですが。それは「正しい言葉を学びたい学習者と、間違った言葉を平気で使いこなすネイティブ」という、永遠の問題でもありますよね。)

“because”は強調構文もアリ

Because since as for7

・It is because 〜 that 〜.

↑あと、そうして自由に動きがちなこともあって、becauseは強調構文で使うこともできます。

“since”と”as”は重きを置かれない「旧情報」

Because since as for8

Since you’ve asked, I’ll tell you what I really think.

(引用:Cambridge Dictionary

Since she did not make enough money to live in her own house, she went back to live with her mother.

(引用:Collins Dictionary

As it was getting late, I decided to book into a hotel.

(引用:Cambridge Dictionary

↑”since”と”as”は、すでに相手が知っている「旧情報」としての理由を伝えるため、主節より先に来るのが基本です。理由よりも結果を重視するときに、使いましょう。

“because”には “cause(原因、引き起こす)”が入っている一方で、”since”には「〜以来」という使い方、”as”には「〜のように」「〜につれて」と色々な使い方があることを考えると、然もありなんといったところですね!

“for”は文語的で「根拠」のイメージ

Because since as for9

・She remained silent, for her heart was heavy and her spirits low.

(引用:Cambridge Dictionary

・He had a great desire to have a home of his own for he had always lived with my grandmother.

(引用:Collins Dictionary

for(前置詞)の意味(17コ)を、1つのイメージから覚えるための記事
「英語はイメージで覚えよう!」ということで「for(前置詞)」の意味を「志向(指向)性」からイメージしてみましょう。まずは基本となる図解・イラストをチェック。そして、17コもある意味の例文で、全ての forのイメージを掴みきりましょう!

↑こちらの記事で、”for”のイメージを「志向性」として解説しましたが、接続詞としての”for”は「理由」というよりも「主節の内容の根拠」といった感じですね。

■ “for”の定義

・ because; as:

(引用:Cambridge Dictionary

・ : for the reason that : on this ground : BECAUSE

(引用:Merriam Webster

・ You can use for to introduce a clause which gives the reason why you made the statement in the main clause.

(引用:Collins Dictionary

↑最初に見た定義でも、実は”for”だけが唯一「根拠」「そう言った理由」と、まともに解説されていました。(w)

故に主節より前に来ない補足的なものであり、文語的な表現です。普通、普段の会話でお目にかかる機会はないでしょう。

4つの「〜だから」を使い分けよう!

Because since as for10

以上。「理由(原因)」という観点から見た時の強さは「because >>>> since > as」であると言えるので、とりあえず・・・・・

「becauseを気楽に使っていく中で、ちょっとsinceも使いつつ、たまにはasにも手を出してみようかな。」

くらいに考えておくと、良いんじゃないでしょうか!

(”for”は普通に「for the reason」とか、前置詞で使ってあげましょう。)

おわり。

(同じカテゴリの記事をもっと見るならコチラ

英語は図・イラスト・イメージで覚えるべきなので、できない人に解説してみる
「英語はイメージで覚える!」と聞いて「なんか楽しそうだし、やってみよ!」と思ったら「イメージできないんだけど!!(泣)」なんて、悩んでしまった全てのあなたへ。必要なのは「英語をイメージで覚えるべき理由」を知った後「どうしてイメージできないのか」をチェックする。それだけです。
【現在36コ】英語の頻出単語をイメージで解説したリンクのすべて【更新中】
「英語はイメージで覚えよう!」ということで、現在までに作成・公開した記事へのリンクをまとめています。虎穴に入らずんば虎子を得ず。ネイティブレベルを目指して「日本語訳の丸暗記=日本人英語=ただの日本語」から脱却しちゃいましょう!
タイトルとURLをコピーしました