SNSシェア歓迎!最新記事を見るためにページを更新!詳しくはココから

awayとoffの違いを図解!するまでもなく、一瞬で分かってしまう記事

スポンサーリンク
イメージ辞書

(当シリーズは、妥当性のある完成した言語学の理論やその研究等とは一切関係なく、単に「定義に書かれている違い」からポイントをチェックしつつ、個人的な図解をシェアするものです。故に、言い切りに近い形は「正しい」ことではなく「自分の中で確信している度合いが高い」ことを意味します。あしからず。主に「Cambridge Dictionary」「Merriam-Webster」「ONLINE ETYMOLOGY DICTIONARY」を参考に作成しております。)

HACKengの「イメージ・イラストで覚える英単語・フレーズ」シリーズ。

今回は「away と off」です。

日本語訳の丸暗記では、いつまで経っても

英語ができるようにはなりません。

イメージを掴みましょう。

(※スマホの人は右下の「INFO」から、いつでも目次が見れます)

スポンサーリンク

“away”と”off”の違い(副詞)を考えるポイントは・・・・

“away”と”off”の違いは何か。

何より、”away”と”off”の違いを考えるのに大切なポイントは何か。

答えは、ズバリ!!・・・・・・・・と言うまでもなく、シンプルに“away”と”off”の基本的なイメージ(最も一般的な、メインっぽい用例から得られるイメージ)の違い、そのままです。

“away”は基本「ここじゃない、どこか」みたいなノリで使い分けよう!

away(副詞)の意味(6コ)を、1つのイメージから覚えるための記事
「英語はイメージで覚えよう!」ということで「away(副詞)」の意味を見ていれば、シンプルに「ここじゃない、どこか他のところ」みたいなイメージが浮かぶでしょう。まあ日本語の表現の問題はなんでも OK。、結局は文脈によります。6コの意味の例文から、イメージ・ニュアンスをチェック!使い方をマスター!

↑”away”なら「ここじゃない、どこか」感があると、言えるノリで・・・・・・

  1. somewhere else
  2. distant
  3. into place
  4. gone
  5. in the future
  6. continuously

(引用:Cambridge Dictionary

↑こうした意味の広がり(副詞)がイメージできるよね〜、という感じでしたね。(詳しくは、個別記事をチェック!)

“off”は基本「離れる(離れている)」みたいなノリで使い分けよう!

off(副・前・形)の意味(19コ)を、1つのイメージから覚えるための記事
「英語はイメージで覚えよう!」ということで「off(副詞・前置詞・形容詞)」の意味は「離れる・離れている」みたいなイメージから捉えてみましょう。基本となる図解イラストをチェックしながら、19コの意味の例文でニュアンスをチェック!使い方をマスター!

↑対して”off”なら、色々と「離れる(離れている)」と言いたくなるようなノリであり・・・・・・

adverb

  1. away from
  2. removed
  3. not operating
  4. less money
  5. not at work
  6. separated
  7. completely
  8. get rid of
  9. in competition

preposition

  1. away from
  2. removed
  3. not liking
  4. near to

adjective

  1. stopped
  2. provided for
  3. below usual level
  4. bad
  5. no longer served
  6. rude

↑副詞に限らず、こうした意味の広がりがイメージできるよね〜、という感じでした。(詳しくは、個別記事をチェック!)

たとえば”run away”と”run off”なら・・・

ということで、違いは「以上」と言えるほどシンプルですが、少し例を見てみましょう。

たとえば”run away”と”run off”なら。どちらも「走り去る」という日本語にしたくなるでしょうが、それは日本語訳の問題でしかなく・・・・・・

10 YouTubers Who RAN Away From SCARY People

10 YouTubers Who RAN Away From SCARY People

↑「ここじゃない、どこか」感からの「〇〇から走り去る(とにかく〇〇ではないどこかへ、runする)」みたいな話になる(そして〇〇を明示したい時は”from”を使う)のが”away”で・・・・・・

Kid Rock – Run Off To LA

Kid Rock – Run Off To LA

↑「離れる」感からの「とにかく走って(runして)、離れる(”話者・その文の視点から”離れるようにして、runする)」みたいな話になる(そして、明示するなら「〇〇へ(向かって)」と”to”をつけたりする)のが”off”だ・・・・・

という感じ。

まあ、”away”の「”〇〇ではないどこかへ”」というネチっこい(〇〇が追ってきたら、逃げ続ける必要があるw(というか、だからこそ「〇〇ではない、どこかへ」みたいなノリになる。))動きに対して、”off”は単に「”話者・その文の視点から離れる”」という・・・・・なんというか、ピンポイント(まさにスイッチのオン or オフ的な、基本的にその瞬間の話。)に視点がある、みたいな言い方もできるでしょう!

(まあ結局、いろいろ文脈にもよりますが・・・・・w 基本はこうだと分かっていれば、めったに困らないでしょう。)

(と言うより。結局一番大切なのは文脈なので、文脈を無視して「”run away”と”run off”の違いは何だ〜〜!!!!」みたいに、細切れで考えることが悩みのタネだよね〜、という話ですね。THE・急がば回れ!

以上。他の例文は個別記事でチェック!

以上です。ぜひ”away”と”off”の個別記事にて、他の例文もチェックしてみてください。そもそものイメージの違いが、いかに明白か分かるでしょう。

おわり。
(^。^)

↑「あらゆる単語の図鑑があればな〜〜〜!!」という子羊へのオススメ。

↑いわゆる「「「文法」」」を日本語で、ザーッと網羅しとくならコレでOK。

(同じカテゴリの記事をもっと見るならコチラ

英語は図・イラスト・イメージで覚えるべきなので、できない人に解説してみる
「英語はイメージで覚える!」と聞いて「なんか楽しそうだし、やってみよ!」と思ったら「イメージできないんだけど!!(泣)」なんて、悩んでしまった全てのあなたへ。必要なのは「英語をイメージで覚えるべき理由」を知った後「どうしてイメージできないのか」をチェックする。それだけです。
【現在114コ】英語の頻出単語をイメージで解説したリンクのすべて【更新中】
「英語はイメージで覚えよう!」ということで、現在までに作成・公開した記事へのリンクをまとめています。虎穴に入らずんば虎子を得ず。ネイティブレベルを目指して「日本語訳の丸暗記=日本人英語=ただの日本語」から脱却しちゃいましょう!
タイトルとURLをコピーしました