SNSシェア歓迎!最新記事を見るためにページを更新!詳しくはココから

with(前置詞)の意味(16コ)を、1つのイメージから覚えるための記事

スポンサーリンク
イメージ辞書

(当シリーズは、妥当性のある完成した言語学の理論やその研究等とは一切関係なく、単に「このくらいの共通項をイメージしておけば覚えやすいよね」と思う抽象的な感覚を「フレーズまとめ」のような形をとってシェアするものです。故に、言い切りに近い形は「正しい」ことではなく「自分の中で確信している度合いが高い」ことを意味します。あしからず。主に「Cambridge Dictionary」「Merriam-Webster」「ONLINE ETYMOLOGY DICTIONARY」を参考に作成しております。)

HACKengの「イメージ・イラストで覚える英単語・フレーズ」シリーズ。

今回は「with」です。

日本語訳の丸暗記では、いつまで経っても

英語ができるようにはなりません。

イメージを掴みましょう。

(※スマホの人は右下の「INFO」から、いつでも目次が見れます)

スポンサーリンク

前置詞”with”の定義を調べると。

  1. company
  2. method
  3. description
  4. relationship
  5. containing/covering
  6. cause
  7. opposition
  8. separation
  9. and
  10. comparison
  11. support
  12. direction
  13. time
  14. understanding
  15. despite
  16. expressions

↑まず、Cambridge Dictionaryで withの意味を調べると、こうしたワードに関する意味・言い換え(前置詞)がヒットしますが・・・・

多すぎですね。

と、ビビってもしょうがないので・・・・。

“with”の基本となるイメージは?

With meaning image0

↑共通するイメージを考えてみるなら、こう。

With meaning image00

↑からの。得てして、こう。

haveの意味・使い方は?句動詞・イディオムも! | イメージ・イラストで覚える英単語・フレーズ
「英語はイメージで覚えよう!」ということで、いろいろな「have」の意味から共通項をとらえると「空間内に所有している(≒ある)」という抽象的なイメージが得られます。主な句動詞・イディオム「have against / around / up / down / on / over / round / in / it out with / a bone to pick with」の違いまで、チェックしておきましょう!

もう少し頑張って、haveの「時空を超えるパーソナルスペース内に所有している」的なイメージを利用してみると、

With meaning image1

↑こう。

With meaning image2

からの、こう。

くらいで、どうでしょうか。

その文脈において「company」状態で、共にあることを示すのが withだ、みたいな。

(まあ withは、けっこう直感的に分かる人が多いでしょう。結局は文脈にもよりますから、このくらいでw)

パパッと例文をイメージできるか、試していきましょう〜〜〜〜!!!

“with”の発音・シラブル・アクセント・語源は?

■ withの発音(pronunciation)

■ withのシラブル・アクセント(syllable・accent)

  • with

■ withの語源(origin・History and Etymology)

↑ついでにチェック!

“with”のイメージを抽象的にとらえてみよう!

とにかく、様々なノリに使える with。こうした単語では「言葉の意味は状況にしか存在しない」という言語の本質が、ガンガンに表出します。マスターすればレベルアップ間違いナシ!

例文で”with”のイメージをチェック!①:companyのやつ

■ “with”の定義

1 used to say that people or things are in a place together or are doing something together:

例:I was with Sylvia at the time.

(引用:Cambridge Dictionary

With meaning image3

↑companyは「一緒にいること」的なノリで「会社」という意味だったりもするわけですが、それは置いといて。みんな大好き「together」的なノリの withです。

先ほどの画像に当てはめて・・・・・・考えるまでもないでしょう。とにかく「一緒にいる」「一緒に何かする」という定義通りで・・・Imagine!

together / with / along with / alongsideの違いを図解!一緒に?共に?
「英語はイメージで覚えよう!」ということで、今回は「〜と一緒に(〜と共に)」と訳したくなりそうな 4つのワード「together / with / along with / alongside」の違いを解説します。と言っても簡単。それぞれの図解・イメージから、ニュアンス・使い分けをマスター!

↑ここらへんは省略!

例文で”with”のイメージをチェック!②:methodのやつ

■ “with”の定義

2 using something:

例:He was shot at close range with a pistol.

(引用:Cambridge Dictionary

With meaning image4

↑お次に、みんな大好き「道具の」withです。何かを持っている状態は、まさに「自分のパーソナルスペース的な空間に所有している(共にある)」ゆえに「使っている」のだと言えます。

“〜を使って”?by / using / by using / withの違いを徹底解説する記事
「英語はイメージで覚えよう!」ということで、今回は4つの「〜を使って(〜を用いて)」という英語の違いを徹底解説。もう「手段?道具?利用?活用?わかんな〜〜〜い!!!」なんて悩みとはオサラバしましょう。前置詞としての「by・with」の基本イメージから「using・by using」との使い分けをチェック!

↑合わせてチェック!

例文で”with”のイメージをチェック!③:descriptionのやつ

■ “with”の定義

3 having or including something:

例:a tall woman with dark hair

(引用:Cambridge Dictionary

With meaning image5

↑「何かを持っている(所有している)、含んでいる」的な状態を描写する withです。例文なら、画像の通り「背の高い女性」という存在に「暗い色の髪」が付随している状態です。

With meaning image00

↑最初に「得てして、こう。」と言いましたが、まさにこういう文脈のこと。

The House with a Clock in Its Walls – Official Trailer 1

↑「The House with a Clock in Its Walls」とか。主従を言えば、houseが主で clockが従に決まってますよね。

「①:company」にしても、ただ「”I”の視点から語ってる」という意味において「”I”が主、”Sylvia”が従」と言えますし。(ただ、そこまで主従を気にして使うべきかと言えば、それもどうかと思うので「得てして」と言ってみましたw)

例文で”with”のイメージをチェック!④:relationshipのやつ

■ “with”の定義

4 relating to or in the case of a person or thing:

例:Russia has just drawn up a trade agreement with Norway.

(引用:Cambridge Dictionary

With meaning image6

↑これも、こう。

With meaning image7

↑からの、得てして、こういうイメージで語られているかもしれません。が、その意味するところは話の流れによるので「withの後ろにあるから、Norwayが従の立場!!」なんて、いちいち考える必要はないよね、みたいな。

例文で”with”のイメージをチェック!⑤:containing/coveringのやつ

↑〜省略〜(fill、spatter、litterなど、組み合わされるワードの問題感がアリアリなので省略。)

例文で”with”のイメージをチェック!⑥:causeのやつ

■ “with”の定義

6 because of or caused by someone or something:

例:With exams approaching, it’s a good idea to review your class notes.

(引用:Cambridge Dictionary

With meaning image8

↑言うなれば「〜だということを考えると」みたいなノリの with。「試験が近づいてるし、授業のノートを見直すのは良いことだよ」という例文は、あまりにも直感的でしょう!

例文で”with”のイメージをチェック!⑦:oppositionのやつ

↑〜省略〜(「④:relationship」と同じ方向だと言えますね。「fight」なら「何との fightなのか」を表す、みたいな話。というだけのことなので、省略。)

例文で”with”のイメージをチェック!⑧:separationのやつ

↑〜省略〜(part、breakといった「separation」を表すワードが「”何と”のseparationなのか」を説明するための with。というだけなので省略!)

例文で”with”のイメージをチェック!⑨:andのやつ

■ “with”の定義

9 and, or followed by:

例:I’d like a steak and fries with apple pie for dessert.

(引用:Cambridge Dictionary

With meaning image9

4つの"できている"の違いを図解!made of / from / out of / withを考えてみよう
「英語はイメージで覚えよう!」ということで、今回は4つの「作られている」「できている」みたいな話をする「made of・made from・made out of・made with」の違いを解説。「made by・made in」を添えて。

↑コチラの記事も参考になるやつですが、つまり「ステーキとフライドポテトを食べつつ、デザートとしてアップルパイをぶち込んだ時の・・・・・その組み合わせによって生み出される満足感が〜〜〜〜!!!」みたいな話ですから、withが良い感じのやつ!

例文で”with”のイメージをチェック!⑩:comparisonのやつ

↑〜省略〜(in common with〜とか、compared with〜とか、シンプルにそれだけのやつ。)

例文で”with”のイメージをチェック!⑪:supportのやつ

■ “with”の定義

11 supporting someone or something:

例:If you want to go for a promotion, I’ll be with you all the way.

(引用:Cambridge Dictionary

With meaning image10

↑「僕/私は、いつでも君の味方だよ」みたいなノリのやつです。結局は、文脈から分かるはず。常に話の流れを大切にしつつ、withをImagine!

例文で”with”のイメージをチェック!⑫:directionのやつ

↑〜省略〜(「⑪:support」と同じようなノリだと言えますね。省略!)

例文で”with”のイメージをチェック!⑬:timeのやつ

■ “with”の定義

13 at the same rate or time as something:

例:This wine will improve with age.

(引用:Cambridge Dictionary

With meaning image11

↑「年を重ねるごとに良くなる」という、with。日本語にするなら「〜と共に(〜につれて)」みたいなノリでしょう。「時の流れと共に、月日が経つにつれて、このワインは変化するんだぜ」みたいな話を、Imagine!

例文で”with”のイメージをチェック!⑭:understandingのやつ

■ “with”の定義

14 to understand what someone is saying:

例:You look puzzled – are you with me?

(引用:Cambridge Dictionary

With meaning image12

↑これも直感的でしょう。「are you with me?」は気軽に使っていきたい「(話に)ついてきてる?」みたいなノリです。便利なフレーズで、withのイメージを使いこなしちゃいましょう!

例文で”with”のイメージをチェック!⑮:despiteのやつ

↑〜省略〜(まあ1つ残らず分類する必要はゼロなわけですが・・・・w 言ってみれば「⑥:cause」と同じ方向だと捉えられますね。「given 〜 / given that〜(〜を考慮すると)」に近いノリで、文脈からイメージしちゃいましょう!)

例文で”with”のイメージをチェック!⑯:expressionsのやつ

↑〜省略〜(文脈や映像ナシで考える意味のないパターンの典型みたいなやつなので、省略!)

おわり。

↑「あらゆる単語の図鑑があればな〜〜〜!!」という子羊へのオススメ。

↑いわゆる「「「文法」」」を日本語で、ザーッと網羅しとくならコレでOK。

(同じカテゴリの記事をもっと見るならコチラ

英語は図・イラスト・イメージで覚えるべきなので、できない人に解説してみる
「英語はイメージで覚える!」と聞いて「なんか楽しそうだし、やってみよ!」と思ったら「イメージできないんだけど!!(泣)」なんて、悩んでしまった全てのあなたへ。必要なのは「英語をイメージで覚えるべき理由」を知った後「どうしてイメージできないのか」をチェックする。それだけです。
【現在100コ】英語の頻出単語をイメージで解説したリンクのすべて【更新中】
「英語はイメージで覚えよう!」ということで、現在までに作成・公開した記事へのリンクをまとめています。虎穴に入らずんば虎子を得ず。ネイティブレベルを目指して「日本語訳の丸暗記=日本人英語=ただの日本語」から脱却しちゃいましょう!
タイトルとURLをコピーしました